人気ブログランキング |

ベスト&ベター

 沖縄県宜野湾市にある、米軍普天間飛行場の移設問題。鳩山首相は県外移設を公言し「5月末までに結論を出す」としていますが、その道筋は全く不透明です。

 きょう沖縄県庁で仲井真知事と会談した平野官房長官は、「常にベストを求めていくが、ベターになるかもしれない」と述べ、政府・与党内で検討した結果、県内移設で決まることもあり得るとの考えを示唆しました。「ゼロベースで考える」とは言うものの、連立を組む社民党はグアムなどへの国外移設を主張。国民新党は沖縄県名護市にある米軍キャンプ・シュワブの陸上部を提案していますが、大所帯の民主党は(皆が沈黙していて)具体的な案を提示していません。

 官房長官の発言を受けて鳩山首相は、「ベターでなく、私どもはベストを探す」。「沖縄の皆さんにも理解されて、米国にも分かってもらえて、与党3党が協力していく中で、それぞれが分かったと言えるような案をつくる。それがベストだ」と都内で述べています。

 首相がいうベストとは、結局、沖縄県外か国外への移設しか選択肢はありません。しかし、ここで受け入れる都道府県があるとは思われず、国外移設を米国が認める可能性もありません。昨年12月の日米首脳会談で、オバマ大統領には「トラスト・ミー(私を信じて)」といった鳩山首相ですが、具体的な見通しもないままに総選挙で公約し、その後も「最低でも県外、できれば国外」を連発したものですから、民主党自身もはっきりとした移転候補地を出せないのでしょう。

 外務省や防衛省は、現行案に近い形でしか解決する道はないと思っているはずで、状況は日増しに厳しくなるばかり。名護市長選挙でも反対を主張した新人が当選しており、沖縄県民の民意は「沖縄から基地を撤去すること」。鳩山首相や小沢民主党幹事長の「政治とカネ」問題よりも、政権の命運がかかっています。

 もっとも、5月の連休に米国訪問を予定している小沢幹事長が、オバマ大統領と会談して「グアム移設」を取り付ける、ウルトラCのシナリオでもあるのでしょうか。公約通りに、ベストの結論を期待しています。

by shouichiro_sato | 2010-02-20 23:17 | 国政・時事 | Comments(0)  

<< 秋田万歳 冬季オリンピック >>