人気ブログランキング | 話題のタグを見る

かまくら

 横手市の小正月行事「かまくら」は、15~16日の2日間。今年は13、14日の土日に前夜祭が開かれたこともあり、主会場の市内羽黒町や横手城公園、横手地域局(旧市役所)付近は4日間にわたって、大勢の観光客でにぎわいました。

 その中でも14日午後5時から、同市雄物川町にある「雄物川民家苑木戸五郎兵衛村」で行われたかまくら撮影会は大好評。多くのプロ・アマチュアカメラマンが殺到?し、「会場はすごい混雑だった」と知人が教えてくれました。

 江戸から大正時代の茅葺き民家4戸を移築・復元している民家苑は、四季の木々など自然に囲まれた環境にあり、昔の暮らしや遊びを体験できる貴重な場所。その一画に作られた大きなかまくらやミニかまくらは絶好の被写体で、昨年に同所で撮影された写真が今年の「かまくら」ポスターに採用されていました。

 民家苑では町内有志が組織する「小正月を楽しむ会」が主催して、~かまくらin木戸五郎兵衛村2010~を15、16日に開催。餅つきや甘酒のサービス、ドンブクの貸し出し、レンタルかまくら(30分500円)などが行われています。通路沿いには地元の保育園児が作ったミニかまくらも設置され、メルヘンの世界を演出。市内中心部とのシャトルバスも運行され、きょうも午前中からにぎわっていました。

かまくら_f0081443_1152177.jpg
 (写真・ポスターで紹介された木戸五郎兵衛村のかまくら。午後5時からはライトアップされますが、雰囲気を想像しただけでワクワクしてきます。16日午前10時頃に撮影)

 秋田県内の小正月行事も、終盤。なまはげ柴灯まつり(男鹿市)や西木の紙風船あげ(仙北市)、刈和野の大綱引き(大仙市)、犬っこまつり(湯沢市)など、どの地域の行事も今年は天候に恵まれて大盛会だった模様です。それぞれ特色のある伝統行事であり、素晴らしい観光資源です。近隣の名所や地域の食材と組み合わせた滞在メニューも用意して、「交流産業」に育てていきたいものです。

by shouichiro_sato | 2010-02-16 20:47 | 産業振興 | Comments(1)  

Commented by ゆたんぽ at 2010-02-20 13:49 x
この場所(横手市雄物川町地区かまくらまつり)等で写したミニ箱ぞり(子供用箱ぞり)の写真が有ります。
上の ゆたんぽ を押すと行けます。ほのぼのとしますよ。

<< パノラマ油彩画 当てられて >>