人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「ええふりこぎとせやみこぎ」

 16日夜、秋田市であゆかわのぼるさんのエッセイ集「ええふりこぎとせやみこぎ」の出版と、東京商工リサーチの週刊誌「TRS情報weekly」(秋田県版)の「あゆかわのぼるの平成ウオツチング」連載500回を祝う会が開かれました。

 詩人でありながら、テレビやラジオで辛口のお話が評判のあゆかわさんですが、部屋に帰って早速読んでみると「目からウロコ」のことばかり。あっというまに読破?しました。身近にある素朴な疑問、忘れている大切な視点、本末転倒の進め方。あらためてそうした事例が多いことに気がつきます。私も町長として10年近くまちづくりに関わってきましたから、「あれはどうか」「これはどうだ」と冷や汗が出て、飲んだ酒が冷めてしまった次第です。

 「批判があるから進歩する」のですが、いろんな思いがあっても口に出さない人が多い中、秋田にとっては貴重な存在です。時には脅迫まがいの電話もあるといいますが、めげずに続編を期待しています。

 それにしても、私自身が「ええふりこぎとせやみこぎ」に見られていないか、心配になってきます。世間の口に扉を立てることはできませんから、自戒しながら頑張りましょう。

by shouichiro_sato | 2006-03-17 13:43 | 今日の出来事 | Comments(2)  

Commented by 秋田市民 at 2006-03-17 19:30 x
遅ればせながらブログ開設おめでとうございます!楽しく拝見させていただいております。
今後も各方面でのご活躍を楽しみにしてます!
Commented by keigo-miura at 2006-03-22 23:14 x
「いいふりこき」って少しだけなら自分にとっての励みの口実になりませんかねぇ。 「俺に任せれば、秋田の農業が良くなる、」こんなセリフをこいてみるのも、いいんでねぇしか。   佐藤さんの事は選挙の時のテレビニュースで最初の街頭演説が各候補一緒に映された時に「あっ、この人だなと」思ったのが存在を知った時でした、がんばってください、「ただのいいふりこきではねえなぁ」といわれる事を願っています。

<< 「後援会拡大幹事会」を開催 県議会を訪ねました >>