人気ブログランキング |

防波堤

 11日深夜、北海道苫小牧市の港で、夜釣りに来ていた自衛官が防波堤からプレジャーボートに乗り移ろうとしたところ転覆し、6人が死亡。また茨城県の鹿島港南防波堤では、12日夜から3人が行方不明になっています。どちらも「立ち入り禁止」の場所。鹿島港の南防波堤では過去に65人もの人が犠牲になっていて、入口のゲートには鍵がかかっていましたが・・・・。

f0081443_21205979.jpg
  (写真・100人を超えるハタハタ釣りでにぎわう、由利本荘市岩城漁港の防波堤。)

 さて、道の駅「岩城」に寄ると、遠くにみえる岩城漁港の防波堤には多くの人の姿がありました。この時期は秋田県の魚「ハタハタ」が産卵のために岸にやってくるため、連日、多くの釣り人で賑わっているのです。聞くと「海が荒れると豊漁?」になるそうで、最近では天候が荒れても、夜間でもこのような状況が続いているとか。

 ところが、近くに行ってみると堤防の高さは5m以上もあり、防護柵はなし。救命胴衣を着けている人も見当たりません。私は思わず足がすくんでしまいました。

 港の安全と安心のために整備された防波堤は、確かに絶好の釣り場かもしれませんが「命は大切に」。くれぐれも注意してください。

by shouichiro_sato | 2009-12-14 21:25 | 社会・話題 | Comments(0)  

<< 冬将軍 クリスマス ライブ >>