人気ブログランキング |

MVPに松井

 米大リーグのワールドシリーズはニューヨークで第6戦が行われ、ヤンキーズ(ア・リーグ)が7-3でフィリーズ(ナ・リーグ)を下し、4勝2敗で9年ぶり27度目の優勝。渡米7年目の松井秀喜外野手が先発5番・指名打者で出場し、先制の2ラン本塁打を含む4打数3安打、6打点。日本人では初めてとなる、シリーズMVP(最優秀選手)に選ばれました。

f0081443_2313998.jpg 松井選手は4年契約の最終年。今シーズン中は不調な状態もありましたが、ワールドシリーズでは代打で出場した3試合を含む6試合で13打数8安打、8打点。第2戦では決勝本塁打、第3戦では代打で本塁打の大活躍です。
 (写真・MVPに決まりインタビューを受ける松井選手。「NHKBS1」より)

 それにしても、ワールドシリーズのタイ記録となる6打点とはすごいですネ。MVPに選ばれても喜びを爆発させるわけでもなく、淡々と「仕事をした」という対応に、ベテラン選手の風格さえ感じました。野球の本場アメリカでのMVPは、まさに「世界一」。良く頑張ってくれました。

 マスコミでは契約終了後の去就が注目されていますが、プロフェッショナルの松井選手はどんな環境であっても活躍できることでしょう。頑張れ!GOGIRA。

by shouichiro_sato | 2009-11-05 23:14 | スポーツ | Comments(0)  

<< 霧の中 県種苗交換会 >>