人気ブログランキング | 話題のタグを見る

選挙の翌日

 知事選挙が告示された3月26日から休載していた「さとう正一郎日記」、13日から再開しました。

 秋田市南通亀の町にある「秋田・これでいい会?」の事務所も、選挙の翌日には後片付けが終わり、普段の姿に戻りました。今後は選挙事務のとりまとめを行いますが、一段落したところで役員会を開き、「これからの活動」について意見交換する予定です。

 きょうは事務所や自宅に、多くの皆さんから「励まし」や「お叱り?」の電話をいただきました。ご意見は謙虚に受け止め、これからの行動に活かしていきたいと思っています。有難うございました。


 ところで、知事選挙と同時に行われた市町長選挙、県議会議員の補欠選挙も注目されました。私見を交えて(北から順に)その話題を拾ってみると・・・・・・・

 前町長・川口さんが知事選出馬のために辞職した小坂町長選挙では、川口さんと距離を置く立場だった前町議会議員の細越満さん(61)が、川口路線の継承を掲げた前町議会議長に大差をつけて初当選。この結果は何を意味するのでしょうか。

 北秋田市長選挙は前県議会議員で自民党県連会長を務めていた津谷永光さん(57)が、福祉政策で全国の話題となった元鷹巣町長をダブルスコアで破って初当選。

 男鹿市は三つどもえながら、事実上は県議会議員経験者同士が激突し、港湾関連の会社社長として経営手腕を発揮してきた渡部幸男さん(57)が、県議5期目の途中で転身した候補に競り勝って初当選。

 秋田市は前評判どおり、前県議会議員の穂積志さん(52)が8年前に佐竹さんに敗れた雪辱を果たし初当選。東北初の女性市長は実現しませんでした。

 由利本荘市は4年前に惜敗した元県議会議員の長谷部誠さん(58)が、合併後の地域格差是正を掲げて旧町の全域から幅広い支持を集め、初当選。

 湯沢市では知名度不足から劣勢が予想されていた新人の前市議会議員・齊藤光喜さん(62)が、共産党籍をもつ現職の鈴木俊夫さんを終盤で逆転し、初当選。

 羽後町では現職の大江尚征さん(63)が、前回と同じ元町議会議長との一騎打ちを60票の僅差で勝ち抜き、再選。両陣営ともハラハラドキドキの連続だったことでしょう。

 県議補欠選挙は、秋田市では欠員1人に6人が立候補する激戦となったものの、自民党公認の竹下博英さん(55)が初当選。北秋田市では北林丈正さん(48)が初当選。ともに2年前の県議選で敗れた雪辱を果たしました。男鹿市では下間俊悦さん(49)が市長から転身を図ろうとした元職を破って初当選。

 私を含めて悲喜交々の一日でしたが、当選された皆さんのご活躍を祈念申し上げます。

by shouichiro_sato | 2009-04-14 23:43 | 今日の出来事 | Comments(0)  

<< 久しぶりの雨 秋田県知事選挙 >>