人気ブログランキング | 話題のタグを見る

秋田駅前にて

 穏やかな春の陽気に恵まれたきょうは、午前11時から秋田市御所野にあるショッピングセンター交差点付近で、午後1時30分からは1時間ほど、秋田駅前で「挨拶活動」をしてきました。

 御所野は車が通過するのみで直にお話しすることはできませんが、駅前は違います。多くの皆さんが挨拶をしている私の目の前を歩いていきますので、話しかけられることもあります。そんな中のお一人、配布していたマニフェストのチラシを手にした若い女性が声をかけてくれました。

 「秋田県には素晴らしい観光資源がある。十和田湖や男鹿半島、温泉、美味しい食べ物がいっぱいあるのに、PRが下手です。もっともっと秋田県を売り出す方策を考えてください」

 秋田県出身だという彼女は、そんな熱い言葉を発して足早に通り過ぎて行きました。

 それにしても、歩いている皆さんにはいろいろな表情があります。「こんにちわ」と呼びかけても全く無視して、目線さえ合わせようとしない人もいれば、軽く会釈をしてくれる人など、対応は千差万別。かかわりを持ちたくないような人は中高年の皆さんに多く、一方で高校生達の元気な挨拶にはホッとするものを感じます。

 まだまだ県民の皆さんの関心が低い知事選挙。私の支援団体である「秋田、これでいい会?」では、秋田市内で広報車を巡回させているほか、随所でマニフェストのチラシを配布していますが、資金のある政党のように秋田市内の全世帯に会報を配布することはできません。

 草の根運動で頑張っていきますので、ボランティアとしてご協力いただける方を募集しています。詳しくは「さとう正一郎オフィシャルWEB」に掲載しています。

 

by shouichiro_sato | 2009-02-28 23:54 | 政治活動 | Comments(0)  

<< 卒業式 秋田の民謡 >>