人気ブログランキング | 話題のタグを見る

募金活動

 心臓移植が必要と診断された羽後町の小学5年生・安藤大輝(ひろき)くんを救うため、地元住民らが「ひろき君を救う会」を立ち上げ、募金活動を始めました。

 大輝君は心臓の筋肉が弱くなる原因不明の「拡張型心筋症」のため、アメリカでの移植手術を実現させようと、父・隆基さんの同級生や地域の住民が中心となり、救う会を結成。きょう、隆基さんや主治医の中西敏雄・東京女子医大循環器小児科学教授らが県庁で記者会見を開き、協力を呼びかけました。

 隆基さんは5年前にも長女を同じ病気で亡くしており、「その死を無駄にしないためにも大輝を元気にしてあげたい。息子に生きるチャンスを与えてほしい」と訴えています。救う会の仙道武代表も「大輝君の姉には何もできなかったので、今回は何とか助けたい。皆さんから少しでも善意をいただければ」と話しています。

 米国での受け入れ先はコロンビア大学にきまっており、治療費や渡航・滞在費などに9800万円が必要で、3月中の目標達成を目指しています。皆さんも是非、ご協力ください。問い合わせは救う会の事務局、℡0183-56-5061(午前9時~午後4時)までお願いします。

by shouichiro_sato | 2009-02-23 23:55 | 羽後町 | Comments(0)  

<< 誕生日 ドキュメント「2・22」 >>