人気ブログランキング | 話題のタグを見る

小正月行事

 7日夜、台湾の台北県平渓で開かれた「平渓国際天燈祭り」で、仙北市西木町上桧内に伝わる伝統行事「紙風船上げ」が行われました。あいにくの雨模様で、打上げは予定していた3個から1個になったものの、「大きさが1mほどの台湾の紙風船(天燈)200個が舞う中に、ひときわ大きな西木の紙風船が夜空に浮かび上がると、一斉に歓声が上がった」と、きょうの秋田魁新報は伝えています。

 西木の紙風船が海外で上がるのは初めて。素晴らしい秋田の文化がまた一つ紹介されたことに、嬉しくなりました。台湾の皆さんにとっても、同じような文化が日本の秋田県にあることに興味をもたれたことでしょう。さらには、真っ白な雪国で浮かび上がる紙風船を想像されると、「実際の様子を見てみたい」と思われた方も多いに違いありません。

 その本番は、10日(火)夜。毎年観光客も増えており、今年も温かい人々のおもてなしと、そこでしか体験できないメルヘンの世界に酔いしれることでしょう。

 10日は、大仙市刈和野で「刈和野の大綱引き」も行われます。県内では来週にかけて、湯沢市の「犬っこ祭り」や横手市の「かまくら」など、小正月行事が目白押し。是非ともお出かけください。

by shouichiro_sato | 2009-02-08 22:37 | 秋田県 | Comments(2)  

Commented by 変えましょう! 変わります! at 2009-02-08 23:46 x
{「佐藤正一郎」です。2006年 03月 07日}

調べて見ました。佐藤さんの最初のブログのタイトルです。
佐藤さんは「勇気ある男」だけでなく、「タフな男」ですね。 決してアメリカや、中東、アフリカだけでなく、秋田県にも必ず変化を求める潮流が起こっています。
変えられるのは、「シガラミ」のない、「苦しい人を捨てない」佐藤さんだけです。
Commented at 2009-02-08 23:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 車座の会 実績 >>