豪風が引退

 大相撲の元関脇で東十両12枚目の豪風(北秋田市出身39歳・尾車部屋)がきょう引退を表明し、年寄「押尾川」を襲名して今後は後進の指導に当たることになりました。

 豪風は金足農業高校から中央大学に進み、4年生で学生横綱となり卒業後の平成14年、夏場所に幕下15枚目付け出しで初土俵。15年春場所で新入幕を果たし、幕内の通算出場回数は1257回で歴代8位。小柄ながら力強い押し相撲で活躍し、県民栄誉賞も贈られています。

 今場所は初土俵から100場所目で、昨日の初場所9日目に敗れて1勝8敗となり、昨夜に引退を決断。東京オリンピックまでは頑張ると話していただけに、残念なことになりましたが、今までの頑張りに感謝したいと思います。

 ありがとう「豪風」。

# by shouichiro_sato | 2019-01-22 23:09 | スポーツ | Comments(0)  

暴風雪

 昨夜から暴風雪が強まっていましたが、今朝までに30cm以上の降雪があり、当地のけさの積雪は田代の観測点で172cm。仙道の観測点では203cmとなり、両地点とも前年の同時期より60cmも多くなっています。夕方までにはさらに20cmも降っていますので、豪雪の状況です。

 除雪作業は行われているものの、道路も狭くなり、雪下ろしが必要な家屋も多くなってきました。ただ、役場のある西馬音内の観測点の積雪が135cmであるためか、「雪下ろし注意情報」の放送があるだけで、豪雪対策本部は設置されていません。

 昨日は大寒でしたが、当地ではこれからが寒さも雪もさらに厳しくなる時だけに、心配です。

# by shouichiro_sato | 2019-01-21 21:49 | 今日の出来事 | Comments(0)  

県議会報告会

 今年も県議会報告会「2019・新春の集い」をきょう開き、多くの皆さんと懇談することができました。ご参加いただいた皆様に衷心より感謝申し上げます。

# by shouichiro_sato | 2019-01-20 22:20 | 政治活動 | Comments(0)  

立切試合

 奥山京助範士旗・大谷博信教士杯争奪「第40回3時間立切試合、第20回女子2時間立切試合」を明日に控え、きょうは百錬自得稽古会と基立選手激励会が開かれました。
f0081443_22180120.jpg
 (写真・今大会の基立となる左から山崎洵五段、高橋徳行五段、大谷昇平五段、渡部有真五段、佐藤美貴子五段、渡邉美香五段の各選手。激励会ではそれぞれ決意を表明しました。湯沢グランドホテルで)

 今大会は40回目という節目だけに、激励会では過去の記録写真や映像も紹介。国内でも稀な立切試合だけに、県内外から参加した剣道関係者も感慨一入。基立選手はもちろん、挑戦する選手たちも気合を入れておりました。

 尚、基立の渡部有真選手(湯沢市)は第5回と10回の基立を務めた渡部有司さん(大会委員長・湯沢市)のご子息で、親子2代にわたる基立。こうしたところにも、歴史の重みを感じる大会です。

# by shouichiro_sato | 2019-01-19 22:33 | スポーツ | Comments(0)  

新年の研修会

 湯沢市四商店街・日専連ゆざわの合同新年祝賀会・研修会。特定非営利活動法人ゆざわ七夕絵灯ろう活性化協会の和賀幸雄理事長が、七夕絵灯ろうまつりの活性化に向けた熱い想いを講演しました。美人画が闇夜に浮かび上がる、全国的に稀な湯沢の「七夕絵灯ろうまつり」を活性化しようという、市民が立ち上がった市民の皆さんの取り組みです。
f0081443_22441279.jpg
 (写真・七夕絵灯ろうまつりの再生に踏み出すお話です。湯沢ロイヤルホテル)

 商店街にある店舗の閉鎖や会社の事業停止などで、年々、展示される絵灯ろうが少なくなったり、大型のものが飾られなくなるなど、かつてのにぎわいが希薄になってきていることから、絵を描く人たち育成やスポンサーの確保など、「絵とうろうまつり」を支えていこうというNPO。地域の伝統行事を継承し、次の時代へ発展させていくには、こうした活動が必要になってきました。

# by shouichiro_sato | 2019-01-18 22:48 | 今日の出来事 | Comments(0)  

南極点到達

 秋田市出身の冒険家・阿部雅龍さん(36歳)がきょう午前6時過ぎ、日本人未踏のルートを歩いて、南極点に到達しました。

 11月23日(現地時間)に南極大陸沿岸部を徒歩で出発した阿部さんは、食料などの補給を受けない「単独無補給」で900km先の南極点到達を目指していました。単独一人の冒険で、引いているソリの荷物は110kg。ただ、豪雪と悪天候で行程が遅れ、食糧が不足する恐れが出てきたために12月23日、補給を受けたというニュースがあり、その後が心配でした。・・・・がしかし、そうした困難に遭遇しながらも、南極点に到達したという今日のニュース。嬉しかったし、素晴らしいですネ。

# by shouichiro_sato | 2019-01-17 21:44 | 社会・話題 | Comments(0)  

稀勢の里

 大相撲の横綱・稀勢の里(32歳・田子ノ浦部屋)がきょう、現役引退を発表しました。進退をかけて臨んでいる初場所で、初日から3連敗。昨年秋場所千秋楽から8連敗(不戦敗を除く)となり、横綱としてはワースト記録でした。一生懸命にやっているとは思われますが、3日間とも過去の強い稀勢の里の面影はなく、テレビ桟敷でもため息が漏れるばかりでした。残念ですが、やむを得ませんネ。
f0081443_22293151.jpg
(写真・引退を表明する記者会見で、時おり涙を流して「土俵人生において、一片の悔いもございません」と語る稀勢の里。NHK「ニュース9」より)

 初優勝した2017年1月の初場所後に19年ぶりの日本出身横綱となり、大相撲人気を支えてきた稀勢の里。新横綱で連続2度目の優勝を果たした同年3月の春場所で、左上腕や左大胸筋を負傷。その後も故障が相次ぎ、同年5月の夏場所からは8場所連続で休場していました。

 17歳で関取となるスピード出世から、初優勝と最高位の横綱に達したのは30歳。初優勝したころの凛々しい表情と土俵上での風格、数々の挫折を努力して克服してきた力強い相撲。もう一花咲かせてほしかった稀勢の里。大相撲ファンとしては「悔いの残る」引退です。

# by shouichiro_sato | 2019-01-16 22:35 | スポーツ | Comments(0)  

インフルエンザ拡大

 再び羽後町で、インフルエンザの集団感染が発生しました。特別養護老人ホーム「松喬苑」で今月2日、入所者の70代の男性がインフルエンザA型と診断され、その後に発症者が相次いだとか。15日までに入所者と職員の計56人がA型に感染。施設では9日に86歳の男性、14日に80代の男性と女性、計3人が死亡しており、インフルエンザが死因に関係している可能性が高いとみられています。

 町ではきょう、緊急の連絡調整会議を開き、感染の拡大防止に最大限の対応をとることを決定。町内の高齢者が利用する施設での面会禁止や学校や保育所、公民館などの全ての公の施設の利用者に、手洗いや消毒を徹底するよう指示し、必要な消毒薬などを配置しました。さらに、防災無線で全町民に「注意」を呼びかけています。

 昨年12月には町立羽後病院でも集団感染が発生しており、最近でも町内各地でインフルエンザに罹患した話が聞こえてきます。今日からは小中学校の3学期が始まっており、集団感染への心配が拡がっていますから、十分に注意したいものです。

# by shouichiro_sato | 2019-01-15 22:38 | 羽後町 | Comments(0)  

成人の日

 一月の第2月曜日が「成人の日」になったのは、平成12年から。今年はきょうが成人の日です。成人の日と言えば日本各地で成人式が行われていますが、今は様変わりしています。

 秋田県内では21市町村が夏に成人式を行っており、秋田市、男鹿市、由利本荘市、にかほ市の4市も昨日(13日)の日曜日に開催しています。成人の日は「大人になったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」ことを趣旨とし、20歳になったことを祝うものですが、選挙権が18歳から与えられたように、大人の仲間入りが早まっていることなどもあって、単なる「祝日」になってしまったようでもありますネ。

 「成人の日」は国民の祝日に関する法律(昭和23年7月施行)で制定され、1月15日としたのはかつて元服の儀が小正月に行われてきたからとか。

 とわ言うものの、今日の当地は小春日和で、穏やかな良い休日となりました。

# by shouichiro_sato | 2019-01-14 20:49 | 社会・話題 | Comments(0)  

みかんまきもちつき大会

 町総合体育館の新春行事、「第45回新春みかんまき・もちつき大会」がきょう開かれ、子供たちから大人まで約400人の皆さんに提供されました。
f0081443_18470170.jpg
  (写真・ステージから「みかん」や「もち」が撒かれ、大賑わいです)

 西馬音内地域には家屋の新築や結婚などの御祝い事があるとみかんを撒く風習があり、同体育館が竣工した翌年の新春に始まった行事。その後は体育館を拠点に、一年間を健康で元気に過ごそうという願いで続いてきました。今年は町内外の企業・商店、各種スポーツグループなど87団体から、207箱のみかんが寄贈されています。

 みかん撒きの前にはもちつきが2回行われ、出来上がったもちは鏡餅にして体育館の神棚に。参加者には事前に御祓いを受けた袋入りの「もち」を配布しています。

# by shouichiro_sato | 2019-01-13 18:48 | 羽後町 | Comments(0)