久しぶりの「秋田」です

 昨夜から今日にかけて我が家のあたりも雪になり、「秋田に帰って来たんだ」という実感が湧いてきましたが、昨年末には家でも二度目の雪降しをした記憶がありますから、雪の少ない年末でホッとしました。スキー場にはチョッと気の毒なものの、今後も穏やかな日々であってほしいと願っています。

 昨日は秋田空港から秋田市山王にある「秋田、これでいい会?」の事務所に直行し、午後には山村会長、原事務局長、事務局のスタッフと私が帰省中のスケジュールについて打ち合わせ。1月6日(土)午後に役員会を開催して、2月25日(日)に同会の「平成19年通常総会」を開く準備をしてもらうことにしました。

 夜には、昨年12月に発足した大潟村の後援会(会長・土田章悟さん)が主催する「正一郎を囲む会」に参加。これからの政治活動についての助言や激励をいただきました。「もっと目に見える活動をやるべきだ」「マニフェストを作成して配布したほうがいい」「ブログをもっと宣伝したらいい」「若い人たちへのアッピールをするべきだ」等々のご意見など、もっともな事ばかりであり、新しい年の活動に取り入れていきたいと思いました。

 さらに、私がこの冬は季節労働者として岐阜県で働いていることについて、「一生懸命にやることはいいことだ。庶民の生活を肌で知る政治家が必要だ」と、皆さんが理解を示してくれたことは、嬉しいことでした。 中締めでは同後援会顧問の松岡正樹先生が、NHKの番組で放送されたシベリアからインドへ向けて飛んでいく白鳥の話題を紹介して、「厳しい逆風に挑戦しては山麓で羽を休めてエネルギーを蓄え、ヒマラヤの高峰を一気に飛び越えていく」ように、頑張ってもらいたいと挨拶してくれましたので、私も決意を新たにした次第です。

 羽後町の家に帰ったのは午後11時過ぎ。大潟村を出るときには雨でしたが、やがて霙になり、国道398号線の東由利松沢・夫婦坂付近には雪が積もっていました。

# by shouichiro_sato | 2006-12-29 21:22 | 政治活動 | Comments(0)  

「改革派」の限界?

 今年は知事の不祥事が続発し、地方自治への信頼が揺らいだ年でした。

 全国知事会の副会長まで務めたベテランの福島県知事に続いて、エリート官僚出身の和歌山県知事、そして県庁職員から登りつめた宮崎県知事が官制談合や収賄の疑いで逮捕されるなど、3人もの知事が司直の手にかかる異常事態です。さらに、広島県議会では今月18日、知事の辞職勧告決議を可決しました。

 また、岐阜県などでは裏金問題が発覚し、地方分権の旗振り役だった前知事が「謝罪」するなど、いまだに不適正な経理が行われている自治体が後を絶たちません。「住民本位」ではなく、「役人天国」である実態が改善されていない証左の連続です。

 その上、改革派の先頭にたち昨年は全国知事会の会長選挙に立候補した、(まだ55歳で)3期目の増田寛也・岩手県知事や、「地方の自立」をかかげて積極的な言動が目立っていた鳥取県の片山善博知事(55歳・2期目)は、来春の知事選挙に立候補しないことを表明しました。「多選の弊害」が指摘されているとはいえ、増田知事や片山知事には権力を振りかざしているような報道もなかっただけに、私には「どうして辞めてしまうんだろう」という疑問が残っています。

 市町村長や知事などの首長の任期については様々な議論のあるところですが、私は任期を法律で定めることには反対です。そこに住む有権者が認めるのなら、それでいいと思います。特定な人に権限が集中して問題が多いとすれば、皆が交代してその職責を果すべきでしょうが、それは何も首長に限ったことことではなく、議員の方々も一定の任期で交替したほうがいいはずです。憲法や公職選挙法は、尊重されるべきです。

 朝日新聞に掲載された山口二郎・北海道大学大学院教授(行政学)の話では、「片山知事の引退は改革派知事の限界を浮き彫りにした。彼らの実績は情報公開や住民参画など、政策よりも『手続き論』だった。」として、地方の雇用創出や経済振興などの政策を求める声が高まってくると指摘しています。要は、華やかな表向きの顔よりも、実際に県民が求めている課題解決の実行能力が問われているのです。(それは秋田県でも同じです。何となく期待してきましたが、低迷するばかり。早く目覚めましょう。)

 「勢い良く船出」した安倍内閣も、郵政造反組の復党問題や、税制調査会・本間正明会長(大阪大学教授)が官舎に愛人を住ませていたスキャンダルで辞任したこと。そして昨日は佐田玄一郎行政改革担当大臣が関連する政治団体の不正経理疑惑で辞任を表明するなど、政権運営の足元が揺らいできました。何となく先行きに暗雲が立ち込めてきた感じですが、安倍総理もあまり改革をあせってはいけません。国民世論を冷静に見つめて、ゆっくり着実に前進しましょう。

 「一歩づつ、ゆっくり」で、いいじゃないですか。「強いては事を仕損じる」です。

# by shouichiro_sato | 2006-12-28 00:24 | 国政・時事 | Comments(0)  

明日、秋田に帰ります

 今日、岐阜県での年内の仕事が終了し、明日の昼には秋田に帰ります。

 11年ぶりに岐阜市・㈱市川工務店での仕事でしたが、怪我や事故もなく過ごすことができ、ホッとしています。「汗して働く」喜びに浸る充実した毎日でしたので、受け入れてくれた会社と仲間達に感謝した日々でした。

 今年の私は、「秋田、これでいい会?」の事務所を昨年末に秋田市山王中園町に開設していただいたことから、正月からは秋田市通い。目標とした県内の旧市町村への組織作りは進みませんでしたが、インターネットを使った情報提供として、「さとう正一郎オフィシャルWEB」を開設し、「さとう正一郎日記『元気な秋田を創造しよう』」のブログも3月からスタート。支援してくれる人の適切なアドバイスもあって、今では毎日発信できるようになりました。

 一方、我が家では奈良の大学を卒業した長男が春に帰郷したものの、3月から4月にかけて父と母がともに入院して手術を受けるなど、家族の繋がり、存在感を高める出来事もありました。幸いにも二人とも元気になって退院しましたから、お世話になった病院や心配をかけた方々には心から感謝しています。

 さらに「県ホッケー協会会長」として、国民スポーツの祭典「兵庫のじぎく国体」を視察したり、「秋田わか杉国体」のリハーサル大会である「全日本社会人ホッケー選手権大会」を地元の羽後町で開催するなど、今まで経験したことのない「体育系」の行事にも参画できました。羽後町に国体のホッケー競技を誘致した者の一人として、是非とも来年の「秋田国体」を成功させたい想いに駆られています。

 新年には1月9日にふたたび岐阜に戻る予定ですが、秋田に滞在中は約2ヶ月のブランクを取り戻すべく精力的に活動しますので、今までの非礼をお許しください。 

# by shouichiro_sato | 2006-12-27 21:50 | 今日の出来事 | Comments(0)  

今年の「県内ニュース」あれこれ

 今年も残すところあと5日。新聞紙上には「今年の十大ニュース」の企画が掲載されるようになりました。そこで、私の思いつくものでは・・・・・県内のこんな出来事が心に残っています。

 まず、昨年末から今年にかけて雪による被害が続出しました。12月25日には羽越線で特急列車「いなほ」が猛吹雪と強風で脱線転覆し、5人の県民が犠牲になる事故が発生。新年になってからは、湯沢市の泥湯温泉駐車場近くで東京の家族が有害ガスの中毒で死亡。仙北市の乳頭温泉郷でも「雪崩」によって作業員が亡くなりました。また、秋田市など県央部では1月初めに大雪が降り交通機関が全面運休したほか、農業ハウスなども被害を受けるなど、市民生活に大きな影響がありました。

 ようやく雪解けが進んだと思ったら、県内はもとより全国に注目される事件が発生。「藤里町の連続児童殺害事件」には、同じ県民として大きなショックを受けました。そして秋には、「大仙市の保育園児殺害事件」と続き、母親が自分の子を殺めるという出来事に驚愕しました。と同時に、地方の身近な町で隣近所のコミュニケーションや福祉の手も届かず、凶悪な事件が起きてしまったことについて、「何ともやりきれない」複雑な想いも残っています。

 しかし、明るいニュースもありました。やっぱり「TDK野球部」の都市対抗野球大会優勝が一番でしょう。快進撃を続けるTDKの活躍に、私も決勝戦の当日は黙っていられずに上京し、東京ドームで優勝の瞬間の感動を味わってきました。さらに、秋田市出身の小松由佳さんが世界第2の高峰「K2」登頂に日本人女性で初めて成功し、TDKと一緒に「県民栄誉賞」を受賞。県民の一人として県庁第2庁舎で開かれた表彰式に参加しましたが、TDK野球部の船木監督と小松さんの報告を聞いて、「やればできる」という力(エネルギー)をいただいてきました。来年の秋田国体を前にして、スポーツ選手の活躍は嬉しい限りです。

 県政では県議会の焦点になっていた県住宅供給公社「南ヶ丘ニュータウン」の救済策について、結局は県当局の提案どおりに「県営住宅」と「こども総合支援エリア」計画が認められ、失政の責任問題は曖昧なまま。地方交付税の削減や県債残高の増加により財政運営も窮迫し、「子育て・教育支援」の名目で高校統合や老朽校舎整備のための「新たな県民負担(新税構想)」が出てくる始末です。県民が注目する施策も聞かれず、人口減少率も全国のワーストワン。地方政治の場では景気回復の実感も無く、「格差拡大」ばかりを感じる年でした。

 寺田知事は25日に行われた今年最後の定例記者会見で、「来年は『望』の一年にしたい」と述べていますが、私も県民の「望」がかなう年になってほしいと思います。何といっても、秋田の未来を背負って立つ若い人たちに仕事を提供することです。「産業振興による秋田の自立」を進めなければなりません。「元気のある地方」は地場産業などの経済活動が活発ですから、県民の英知を結集して頑張りましょう。そんな年にしたいものです。 

# by shouichiro_sato | 2006-12-26 22:02 | 社会・話題 | Comments(0)  

 「映画館」が人気です

 今日の作業現場は、来年7月末にオープン予定の「イオン各務原ショッピングセンター(SC)」。たぶんイオンでは岐阜県下、最大のSCでしょう。本格的なビルの鉄骨組立作業も始まり、朝礼に集まった作業員は総勢200人余。私は周辺道路の路盤工事を担当しました。

 「イオンSC」の建設工事は、岐阜市の隣にある大垣市でも来年春の開店を目指して進められており、このところの岐阜県は郊外型のショッピングモールの激しい競争が展開されています。各務原市のショッピングセンターも、3階建ての「ジャスコ」を核にして、多くの専門店が集積する計画のようですが、「シネマ(映画館)」が併設されているのが特徴です。

 私も家族の運転手で、時には秋田市御所野にあるショッピングセンターに行きますが、買い物に付き合うのは苦手ですから、そんな時には「TOHOシネマ」に。2時間程度の映画を見れるのは、嬉しいですね。

 例えば、以前にブログで紹介した日本最大のショッピングモール、本巣市の「モレラ岐阜」にある「TOHOシネマズモレラ岐阜」はスクリーンが12ヶ所。毎日、20本もの作品が上映されています。最新の話題作はもちろん、人気の洋画などの長期上映もあり、お客さんを飽きさせることはありません。最近ではワイドな画面のテレビが普及してきたとはいえ、やっぱり目の前いっぱいの大画面と、迫力ある音響は映画館にかないません。座席も「ゆったりシート」で贅沢な気分。かつてのカビ臭い映画館のイメージはありませんから、癒しの空間です。(ただ、街中の一部の映画館には懐かしい作品があることも知っています。念のため。)

 一時は斜陽産業のようにいわれた映画館も、複合商業施設と併設されることで復活してきました。その分、街中のアーケード街は閑散としていますが、街中がそのまま移転したようなショッピングセンターには人気があります。「一家に一台から、一人に一台の車社会」ですから、商業地図が変わるのは当然のことなのでしょう。「映画館」も、そんな時代の流れを先取りしていますから、人気がでてきたんですね。

# by shouichiro_sato | 2006-12-25 20:50 | 社会・話題 | Comments(0)  

「クリスマス・イブ」

 夕方の7時頃、いつもは渋滞している交差点に差し掛かったら、青信号でスムーズに通過。普段の日曜日と違う状況でした。そうです、今夜はクリスマス・イブ。家族揃ってホームパーテイーのお宅が多いのでしょう、車の少ない夜でした。

 岐阜にいる私たち「秋田班」の10人は急遽、「日曜出勤」。平成20年の開通を目指す東海環状高速道路「西関インター(仮称)」工事現場の、車両進入口の舗装工事がありました。毎日数え切れないほどのダンプカーや生コン車が出入りするため、出口には車両のタイヤを洗浄する装置が設置されており、その周囲の舗装工事だったために、現場作業が休みになる日曜日の仕事となりました。私は4トンダンプの専属運転手で、漉き取った土砂を運ぶ担当です。

 現場監督の指示は、「きょうは日曜日。近くに民家もあるので、急がなくてもいいから静かに、ホコリのたたないように運転してください」とのこと。周囲の環境や通行車両に迷惑のかからないように、細心の注意を払っている現場でした。秋田では工事現場に入った経験はありませんから、正直なところ「何かとコストのかかる時代になったもんだ」と思いながら、運転していました。

 そして今夜は同僚と男3人で、近くの「旬彩料理」の店で和食のクリスマス。頭にサンタの帽子をつけた、和服の店員さんが歓迎してくれました。一緒の同僚は十数年も通っている顔馴染みのお店だけに、板長からの差し入れなどもあって、楽しい(年内最後の)外食となりました。
 
 宿舎へ帰ってパソコンのスイッチを入れ、日課になっている「さきがけonTheWeb」を開いたら、なんと今日から全国52新聞社の記事を集めたニュースサイト「47NEWS日本が見える」が公開されているではありませんか。各都道府県の最新のニュースが3項目づつ紹介されているほか、ホットな話題も多く、嬉しくなってしまいました。

 「朝日・毎日・読売・日経・産経」などの全国紙やNHKテレビなどのニュースサイトは「お気に入り」に登録していますが、地域ニュースを項目(見出し)で紹介しているのは朝日新聞の「asahi.com」だけ。他は都道府県名や地図から選択しなければなりません。その点、「47NEWS」は画期的なサイトです。

 私にとっては、この上ないクリスマスプレゼントになりました。そんな訳で、今夜からはデスクの前の時間も長くなりそうです。

# by shouichiro_sato | 2006-12-24 22:45 | 出稼ぎ | Comments(0)  

今日は息子の誕生日

 今日は天皇誕生日で国民の祝日ですが、我が家にとっては息子の23回目の誕生日です。

 息子は今年の春、奈良県の大学を卒業して羽後町上到米の我が家に帰ってきました。4月に町内の運送会社に就職したものの、自分が勉強してきたことを活かしたいとの一念から夏には退社し、現在は家から横手市で開催している「情報セミナー」に通い、夜は市内の「焼肉屋」さんでアルバイトをしています。今夜あたりは年末の連休で、忙しく頑張っていることでしょう。

 私は息子の就職や進路について、あえて口を出していません。本来であれば親として、安定した職業に就くためにいろいろな口利きをしたり、世話をする必要があるのかもしれませんが、息子の人生ですから、「自分らしく生きればいい」と放任している状況です。ですから、息子が見つけてきた仕事やアルバイトについても、ただ一言「頑張りなさい」と声をかけるだけです。

 今年、秋田県が実施した意識調査では、仕事に就いていない若者達のうち81.5%もの人が就職を希望しており、そのうち56.0%の人が「今すぐ働きたい」と答えています。見方を変えれば、就労意欲はあっても仕事にめぐり合えない実態がそれだけあることでもあります。少子化で人口減少が著しく、故郷へ帰ってきても仕事がないとすれば、ますます人口流出は激しくなり、優れた人材も逃げていきます。この悪循環を何とかして断ち切らなくては、秋田県に明日は見えてきません。

 息子には、是非とも自分が生き甲斐をもてる仕事に一日でも早く出合ってほしいと願っていますが、自分自身の過去を振り返ると、無理も言えません。私の23歳の時は、県農業近代化ゼミナール連絡協議会の事務局として県内を駆け巡っていましたし、家を留守にする毎日でしたから、親にとっては「役立たずの道楽息子」だったことでしょう。しかし、私にとっては貴重な時間であり、今日の暮らしの土台となった青春時代でしたから、わがままを許してくれた両親には感謝しています。

 その両親も80歳前後になり、私が留守中の家を守っている妻も大変でしょうが、息子が一緒に暮らしていることで心強いはずです。「雪が降っても心配しなくていい」と思えば、私も安心です。息子に感謝している彼の誕生日です。

# by shouichiro_sato | 2006-12-23 21:22 | 家族・仲間 | Comments(0)  

「市」から「町」にはなれないの?

 財政再建団体になることを決めている北海道夕張市の人口は約13,000人。平成の大合併を強力に推進した国の指針では、市になる人口規模は50,000人以上(特例で昨年末までの合併では30,000人)でしたから、「夕張市を『町制』にしたらいいのでは」という声が出てくるのは当然です。

 道では国や政府与党の指示もあって、町制に移行した場合の財政的なメリットを検討してきたものの、「財政面での利点が少ない」として、当面は見送ることになったようです。「市」から「町」になれば、生活保護や児童扶養手当などの事務を担当する福祉事務所の設置義務がなくなるなどの利点もありますが、その分の地方交付税措置も減額されるため、財政的な市の負担軽減は年間1500万円程度しかないとか。返って、電算システムの切り替えなどにかかる経費を考えると利点はほとんどない結論に達したといいます。

 これもおかしな話です。「身の丈にあった」経営をしていくには、それなりのメリットがあってしかるべきです。日本列島には多種多様な暮らしや、自然環境の違いがあります。「村」もあれば「町」もある。もちろん人口が密集する都市もあるでしょう。それぞれの地域に似合った自治組織があって当然ですから、多様な支援体制や援助があるべきです。人口が激減し、「市」の要件を満たさなくなったときには「町」になることで、財政的なメリットがあるようにしておくのが政治の役割です。

 でなければ、企業に例えると「倒産」か「吸収合併」しかありません。私はそうした自治体にこそ「合併」を勧めるべきだと思います。「合併」を強請(?)しながら、実際に財政運営に行き詰まった自治体には「適切な指導」をしなかったのが、「平成の大合併」だったような気がします。

 要は、「市町村合併」は地方への歳出を削減して国の財政再建を進める手段だったのでしょう。この際、「市」の人口要件に欠けた場合は「町」にすることを法的に定めておいたほうがいいと思います。こうした発想になるのは、「町」に住む人の僻みでしょうか。

# by shouichiro_sato | 2006-12-22 21:39 | 国政・時事 | Comments(0)  

「電飾で社会を明るくする会」発足

 明日は冬至で今週末は天皇誕生日、24日はクリスマスイブです。

 先週は夜間勤務で岐阜県大垣市の中心部にいましたが、工事看板の設置や点検で市内を走っていると、各家庭やお店の電飾イルミネーションがたくさんあるのに驚きました。家全体の輪郭を飾ったものや様々なオブジェを表現したもの、中には童話や漫画のキャラクターを立体的に表した作品もあり、微笑ましく思いながら仕事をしていました。

 この時期、仙台市の「光のページェント」を始め、神戸や東京・丸の内の「ミレナリオ」など、全国各地でイルミネーションの光が街を照らしています。緑、赤、黄色の色に加えて鮮やかな青と白など、見事な色彩が人々の心を和ませてくれています。何となく寒さを感じるような透き通った光ですが、それが冬のイベントらしくて私は大好きです。中部地方でも一番人気は木曽川・長良川・揖斐川の三川が合流する「国営木曽三川公園」のイルミネーション。60万個の電球を使い「おとぎ話の世界」が次々と現れる動画のような企画です。さらに高さ8mのお城や城下町があったりし、園内にあるタワーから見る地上絵も魅力とか。こちらのテレビや新聞では連日の話題です。

 最近は秋田県内でも、そうした電飾で楽しませてくれる家庭が増えてきました。羽後町でも5~6年前から、見事な光に飾られた家も出現しています。そうした中で嬉しいニュースが聞こえてきました。羽後町役場庁舎の壁面に高さ25メートルのイルミネーションツリーが登場し、道行く人たちの目を楽しませているというのです。町職員らで組織する「電飾で社会を明るくする会」(工藤喜好会長)が、日照時間の短いこの時期に癒しの空間を提供しようと企画したものとか。正月3日まで毎日点灯しているそうですから、帰省した時の楽しみが増えました。

 「一隅を照らす」という言葉がありますが、世の中に光を灯すことは素敵なことだと思います。

# by shouichiro_sato | 2006-12-21 22:04 | 羽後町 | Comments(0)  

「ノロウイルス」に注意

 全国に「ノロウイルス警報発令中」です。

 ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は一年を通して発生していますが、特に冬季に流行するとか。最近までは西日本を中心に過去25年間で最大規模の猛威を振るい、ついには全国に拡大し始めました。秋田県でも集団発生や食中毒が多発し、既に亡くなった方が一人おり、罹患施設や患者数は過去最多で推移している模様です。例えば秋田市では同じ弁当を食べた県庁職員らが食中毒に罹り、県庁舎や県警本部のトイレ等の消毒が行われたほか、大館市では学校給食のパンが原因と見られるの食中毒が発生し、児童生徒の発症者は400人を超えたとか。

 ノロウイルスは手指や食品などを介して経口で感染し、おう吐・下痢・腹痛などの症状が出ます。毎年11月頃から発生件数は増加し始め、1月から2月が発生のピークだそうですから、これからが肝心。手洗いの励行はもちろん、二次感染防止のためにトイレの消毒や汚物処理には十分な注意が必要です。

 実はこのところ、作業員の中にも風邪の症状を訴える人が多くなり、今日の現場でも車の中でひと時休憩した人がおりました(秋田班ではありません。念のため)。ある現場では実際にノロウイルスによる感染症と診断されて、点滴を受けたという作業員もおりました。他人事のように思っていたノロウイルスは、すぐ身近なところに潜んでいる感じです。

 単身赴任の季節作業員にとって、病気や怪我は禁物。万が一にもそうした事態になれば、ひとり寂しく宿舎で寝ているしかありませんから、健康管理が大切です。そのためには、晩酌を含めて何事も「ほどほどに」が一番いいようです。

# by shouichiro_sato | 2006-12-20 21:41 | 社会・話題 | Comments(0)