携帯電話はまだ通じません

 携帯電話は子供たちから大人まで日常生活の必需品になっていますが、県内でも利用できない地域がまだまだあります。山間部など地形的条件で電波の届かないところが大半。県全体の世帯カバー率は17年3月末で95.2%というものの、旧69市町村で90%を超えているところは47市町村しかなく、自宅で利用することができない県民も多くいます。実は我が家もその内の一世帯です。
 
 私の住む集落にとっても、若い人達からの最重点の要望事項として数年前から町に対して不通話地域解消を陳情してきた結果、ようやくこの3月末に町の事業として鉄塔整備工事が完成しました。ところが携帯電話はまだ利用できません。開通の見通しも立っていません。鉄塔はできても電話の中継局とを結ぶケーブル工事が行われていないのです。これには一同びっくりしてしまいました。なんでそうなるの?

 県の情報企画課に聞いたところ、意外なところに理由がありました。昨年は郵政改革をめぐって突然の衆議院解散・総選挙が行われ、事業の根拠となった電波法の改正が大幅に遅れてしまったため、事業者(NTT・KDDIなど)からの国庫補助手続きも遅れ、結局、そのしわ寄せがこの有様。解散前に事業申請していた町の事業は計画通り進んだものの、事業者が設置するケーブル工事は総選挙の影響で予定が狂ってしまったというのです。それも仕方ありません。

 しかし、一日も早い開通を待っていた若い人達には、なんともいえない行政への不満や政治不信が募ってしまいました。小さなことかもしれませんが、こうしたことが怖いのです。普段からの情報開示、説明がいかに大切か。役所と住民との温度差がないようにしなければと痛感した次第です。

# by shouichiro_sato | 2006-04-14 14:18 | 地域活動 | Comments(1)  

「平鹿総合病院」新築工事中

 母親に付き添って、横手市にある厚生連「平鹿総合病院」に行きました。勿論、秋田の県南部にとっては名実ともに中核となる拠点病院であり、多くの患者さんや関係者で混雑しています。

 よく見ていると、ほとんどの診療科において診察が終わったのが午後1時頃。休みなく続く患者さんを丁寧に、そしてテキパキと対応している医師や看護師の皆さんに感心してしまいました。当たり前といえばそれまでですが、医療行為や接遇に対する関心が高まっている時だけに、身近な所にこうした安心・信頼できる病院があることに嬉しくなりました。

 その平鹿総合病院の移転新築工事がいま行われています。現在の病院は駅前にありますが、車社会の現在ではもう限界。敷地も狭くて拡充の余地なし。新横手市の様々な施設が揃う市街地の西部に広大な用地を確保し、素晴らしい機能を持った新病院が建設されています。医療技術は卓越していても、狭い廊下や古くなった施設から感じる暗い雰囲気も、大きく改善されることでしょう。

 ところで、秋田市など県央地域では病院施設の整備は進んでいますが、県内を見ると北も南も内陸部との格差が一目瞭然です。民間の総合病院や県立病院の少ない本県にあっては、厚生連病院と市や町の公立病院が地域医療の要。積極的に施設整備を実施する必要があります。確かに病院といえども企業経営に変わりありませんが、秋田の医療事情からして、国には自治体病院へ、県には厚生連病院への財政支援を更に充実して、強力に推進することを望みます。

 鹿角、大館、北秋田、南秋田、大仙などの地域では一日も早い整備が必要と思いますが、地元の皆さんも声をもっと大きくし、訴えていきましょう。パワーがなければどんどん先送りされてしまいますよ。 

# by shouichiro_sato | 2006-04-10 18:35 | 秋田県 | Comments(0)  

横断歩道の白線が危険?

 桜前線も進んで、県内でも観桜会の新聞広告が目立ってきました。行きつ戻りつしながらも、いよいよ春本番です。

 羽後町の自宅と秋田の事務所の往来に、毎日利用している国道107号線と同7号線では、冬の間に傷んだ路面補修やセンターライン等の工事が盛んです。この時期はたぶん、県内各地でも同様の工事が行われていることでしょう。綺麗な路面に真っ白なラインはドライバーにとって気持ちの良いもの。「春がきたな~」と、嬉しくなってきます。

 そのライン引き工事についての意見が先日の魁新聞「読者の声」にありました。「横断歩道の幅広い白線は雪が降ると滑りやすくて危険だ。線の一部をカットしてはどうか。経費の節減にもなるのでは」というものです。なるほど、私にも経験があります。特に新雪があったりすると、あの厚く塗られた白線の上は滑るのです。塗られていない舗装面とは段差もあります。ご指摘のように、真ん中1メートルくらいはそのままにして、横断歩道すべてに塗らなくてもいいのではないか。車椅子を利用する場合でも便利ではないか、などと考えながら何度も読み返しました。

 施行基準などの法的な決まりなどあることでしょうが、より快適・安全なものにするために、いろいろな工夫はしてみるべきでしょう。実験・実証も必要です。特に幅の広い横断歩道や交差点から試してみることを提案したいと思います。

# by shouichiro_sato | 2006-04-08 08:41 | 社会・話題 | Comments(0)  

湯沢市の挑戦

 朝、湯沢市の知人に会うために駅前から柳町、そして田町と一回りしてきました。
 湯沢市の中心市街地、特に商店街は長い年月をかけての都市計画事業が終了し、すっかり変わってきています。電線等の地中化や道路の拡幅。地下水の熱利用による融雪歩道。そして新装されたそれぞれのお店。それは私が高校生のころ(35年も前ですが)に記憶している町の風情とはまったく違います。広々としていて、とてもきれいです。有名なドイツの町並みをイメージした通りもあります。

 しかしながら、商店主の話は「車は通るけれども通過するだけだ。病院や学校などの目的地に真直ぐいく。街を歩く人がいない。」 「いつも同じ時間に同じ車が通るんだ。新しい人の流れがないんだよ。」 「景気が回復してきたというけれど、我が家での売り上げはますます落ち込み、悪くなるばかり。実際、店を閉める人が増えているよ。」

 せっかく膨大な事業費を投入して完成した町並みも、これをどう活かすか、今こそ正念場。とかく役所の仕事は施設整備が終われば目的を達成したように思いがちですが、そうであってはいけません。湯沢市も商店街にお客さんがあふれ、活気を呼び戻すために取り組んだ事業ですから、いよいよ今度は町並みを活かす工夫が必要です。

 そこでヒットな発想が生まれました。空き店舗に市の商工観光課が入るというアイデア。合併後の分庁方式を改めて市役所に機能を集中したところ、スペースがなっかたという事情はあったにしろ、すばらしい発想だと拍手しました。デーサービスや保育所など市民に身近な福祉関係の拠点も街中にできるといいですね。何でも郊外に、大規模に整備するのではなく、地域の共存共栄、人の行き交う市街地づくりが重要だと思います。

# by shouichiro_sato | 2006-04-05 16:57 | 産業振興 | Comments(1)  

頑張れ新入社員

 新しい年度が始まりました。
 土・日で4月が始まりましたから、実質的には今日から新年度。職場でも新しい仲間を迎えて明るい雰囲気になったことでしょう。新入社員には仕事や社会の厳しい現実に大変なこともあるでしょうが、まずは頑張っていただきたいと思います。

 それにしても、また信じられない事件が起こりました。ごく普通に見える男が、マンションの15階から小学生の子供を投げ出すとは。一体、こうした心理はどこからでてくるのでしょうか。いかなる動機があろうとも、決して許せない犯行です。「勝ち組」「負け組」などともてはやしているうちに、社会の底流に広がりつつある病巣なのか。自己中心で他人を思いやる気持ちなど微塵もない競争社会の弊害か。「やさしさ」「いたわり」などという、人間同士の生きていく基本を体得していないのでしょうか。残念でなりません。

 輝かしい日の同じ紙面にやりきれない事件が報道されていましたが、新入社員には今日の初心を忘れず、職場の中でも豊かな人間関係を築いていただきたいと思います。それには「信頼と尊敬」が大切です。一度入ってしまった溝を埋めるには多くのエネルギーが必要です。人生にはさまざまな出会いがありますから、一期一会を大切にして、お互いに努力しあっていきましょう。

 我が家でも長男が県外の学校を卒業して家に帰ってきました。今日から町内の運送会社にお世話になっています。ホットしながら、「頑張れ!」と応援しております。 

# by shouichiro_sato | 2006-04-03 14:30 | 社会・話題 | Comments(0)  

私の3月31日

 羽後町田代では数日前からの風雪が31日も続いています。3月の陽気に誘われて、我が家の近くの町道にある防風雪柵は撤去されていましたので、吹溜りができて車が立ち往生するなど、運転には注意が必要な状態。明日から4月というのにどうしたことでしょう。秋田の桜開花予想も延期されるのでは?と心配です。春の農作業も本格化していますので、農作物の管理には充分に気をつけてください。

 さて、1年前の3月31日は知事選挙の告示日。気温は低かったものの天候には恵まれて、秋田市川尻町大川反の事務所前で、閉塞感漂う秋田県を変えるために「県民が主人公の県政をつくろう」「日本一の子育て支援を実行しよう」と第一声をあげました。選挙の経験は町議会に初挑戦した27歳の時から数えて8回もありますが、全県を回るのはもちろん初めてのこと。運動期間も参議院議員選挙と同じで、最も長い17日間。はたして最後まで大丈夫かと心配されたスタートだったと記憶しています。

 そしてこの日は、立候補届が受理されると同時に、9年10ヶ月務めた羽後町長を失職した日でもあります。年度末の31日は、本来であれば退職する職員に辞令を交付し、その労をねぎらうために一献交わすのが慣例になっていましたので、その記念日に町長がいなくなることに、永年にわたってお世話になった方々には申し訳けない気持ちでいっぱいでした。

 早いものでそれから1年経ちました。多くのカメラやマイクの前で、自分の思いを訴えた初心を忘れることなく、今日も過ごしてきました。今夜は自宅でゆっくりさせていただきます。 

# by shouichiro_sato | 2006-03-31 18:25 | 今日の出来事 | Comments(1)  

生まれ変わる飯沢小学校

 暖かい日が続いていたと思ったら一気に風雪模様。羽後町田代の自宅では今朝ほど4~5センチの積雪があり、外にある車も白くなっていました。やはり、まだまだ油断できません。

 さて、うれしいニュースです。魁新聞朝刊の地域面に、羽後町の旧飯沢小学校校舎を「体験型宿泊施設」に改修することが紹介されていました。百年以上の歴史がありながらも、児童数の減少でやむおえず隣の元西小学校と統合したのが昨年春。村や地域にとっては住民の活動拠点であり、さらには心のよりどころだっただけに、苦渋の決断をしていただきました。その時の約束が、学校施設はまだ新しい(平成元年建設)ので、何とかして地域に役立つ方策を考えることでした。

 町ではこうした計画を引き継ぎ、校舎を都市と農村を結ぶ交流施設として活用することとし、さまざまな農業・農山村体験ができる場所に整備する予算が先の3月定例議会で可決されました。もちろん、豊富な山の幸(山菜や鳥獣肉など)も食べることが出来ます。近くには国の重要文化財で県内で最も古い民家「鈴木家」もあり、そこに住む飯沢の皆さんは人をもてなすのが大好きな方ばかり。私も良くお世話になりましたし、まさに自然豊かな桃源郷ですから、オープンすれば新しい町のシンボルとなること間違いなし。楽しみです。

 西馬音内盆踊りや国体関連の行事など、町を訪れる人達は年々増えていますが、悩みの種は宿泊施設が少ないことでした。巨大なリゾートホテルや温泉地の真似はできませんが、まごころと素朴な田舎料理に癒されたい人もいるはずです。子供たちの歓声につつまれていた学校から、また元気な笑い声が聞こえてくることを期待しています。 

# by shouichiro_sato | 2006-03-29 13:18 | 羽後町 | Comments(1)  

今日から、秋田県は25市町村に

 今日から「八峰町」がスタートし、いよいよ秋田県は25市町村(13市、9町、3村)になりました。一昨年までは69市町村でしたから、平成の大合併で秋田県の自治体数も大激減。東北一の削減率と報道されています。

 自治体をとりまく財政事情や道路網の整備による日常生活圏の拡大など、地域の状況も大きく変わってきましたので、自治体再編は常に検討課題ではありますが、新しい自治体にはそれぞれの夢やまちづくり計画に向かって大いに頑張っていただきたいと思います。

 ところで、合併から1年以上が過ぎたところを見ると、いくつかの課題も顕著になってきています。規模は大きくなったものの予想以上に財政が厳しく、アメ玉といわれた合併特例債(借金)を活用できる状況にないこと。住民感情を和らげるために分庁舎方式を取り入れてスタートしたものの、あまりの不便さに1年で約束を反故にし再編するところもでてきました。首長や議員も人口の多い中心部出身者が多いこと(最初はどうしてもそうなります)。やはり、どんなにきれいごとを並べたとしても、自治体のリストラであり、地方(この場合は中心地以外のことを含んで)の切捨てになってしまうのでしょうか。

 首長や議員が少なくなっていることも心配です。確かに有能な方々は今まで以上の活躍をされるでしょうが、どうもパワーがなくなっているようです。市長は多忙でいつも代理ばかりのところもありますし、あまりに面積が広すぎて、選挙のとき以外は顔が見えないとも聞こえてきます。そうだとすれば、どんな方法でこれらの声に応えていくのか。合併ができたから安堵することなく、これからが正念場だと肝に銘じましょう。 

# by shouichiro_sato | 2006-03-27 16:16 | 秋田県 | Comments(0)  

佐々木芳郎さんも退職です

 3月末は人事異動の時期ですが、私が青春時代に最もお世話になった県庁の農業改良普及員、佐々木芳郎さんが定年退職となりました。昭和41年、湯沢農業改良普及所から始まった農業青年との付き合いは、県庁の農政部普及教育課の青少年係を担当されてから全県に広がり、農業近代化ゼミナールや青年農業者会議の活動を通して多くの仲間が育てられました。

 その一人で、ゼミの県連会長を務めた大潟村の相馬喜久男さんらの呼びかけで24日夜、佐々木さんに感謝する会が秋田市で開かれました。20代前半のことですので、集まった人たちも顔と名前が一致するまで時間のかかった人もいましたが、ゼミバス研修や民泊大会などの思い出話に花が咲き、深夜まで語り合いました。そうした出来事から30年もなるんだと思うと、感慨深いものがあります。今は亡き鈴木元彦さんをはじめ、多くの先生方との出会いがありました。恩師といえば学生時代だけを思い浮かべますが、私たちにとっては普及員の先生方は青春時代の恩師そのもの。感謝しております。

 道路改良や施設建設、福祉政策などと違って社会教育や技術指導などの分野はなかなかその成果を形で表すことが難しい一面もありますが、普及員の先生方にお世話になった多くの人たちが今の秋田の原動力となって県内で頑張っている現実は、当時の担い手育成の成果でありましょう。時代の変化とともに普及事業も様変わりしてきているようですが、今の青年諸君にも青年時代だからできるさまざまな出会いや体験をさせたいものです。

# by shouichiro_sato | 2006-03-25 11:22 | 今日の出来事 | Comments(0)  

来年は「秋田わか杉国体」です

 平成17年の人見スポーツ賞・畠沢国体賞表彰式と(財)秋田県体育協会第2回評議員会が23日、「シャインプラザ平安閣 秋田」で開かれ、私も県ホッケー協会会長として出席しました。
 
 人見スポーツ賞は国体カヌー競技成年女子で優勝した村山夏美選手(県カヌー協会)や全国高校総体陸上競技400メートルハードル優勝の清水翔吾選手(能代商高)、全国高校総体スキー男子総合優勝の鷹巣農林高校。トリノ五輪ノルデック複合団体で6位入賞した県選手3人が表彰され、畠山陽輔(秋田ゼロックス)小林範仁(東京美装)両選手は自ら出席してお礼の挨拶もされました。
 畠沢国体賞には今年の国体で優勝したスキー男子複合の湊祐介選手(日大)と陸上競技少年女子三段跳びの斎藤羽純選手(秋田南高)、団体で活躍したラグビーフットボール成年男子秋田県チーム。それに県スケート連盟、県スキー連盟が選ばれました。表彰式では一人ひとりの表情を見ていましたが、どの選手も大舞台で活躍しているとあって、さすがに頼もしい限りです。その場にいるだけでうれしくなってしまうほどでした。・・・・・・・・いいですね、スポーツマンは。これからの活躍にも期待したいと思います。

 評議員会では平成18年度予算や行事予定が満場一致で承認されました。いよいよ「秋田わか杉国体」まであと1年。競技力向上の成果が期待されますが、蒔苗昭三郎会長の挨拶も情熱にあふれており、「何としてでも県民総参加で成功させよう」という気持ちが伝わってきました。「閉塞感漂う秋田の状況を国体を通じて挽回しよう」という意見もあり、自分たちも頑張らなければならないと決意をあらたにしました。

 ホッケーは県内での競技人口は少ないほうですが、今、着々とレベルアップしています。特に成年男子は昨年の全日本社会人選手権に出場するなど注目されており、今年は東北のチャンピオンをめざしています。羽後町には本格的な人工芝のコートも完成しており練習環境も整ってきました。あとは選手諸君の精進あるのみ。雪解けも進んできましたのでいよいよシーズン到来です。応援してください。

# by shouichiro_sato | 2006-03-23 17:19 | 秋田わか杉国体 | Comments(0)