医療の現場がおかしい?

 痛ましい出来事です。奈良県の妊婦(32歳)が分娩中に意識不明になり、転送先を探したものの19ヶ所(当初18ヶ所と報道されたが1つ増えたことが判明)の病院に受け入れを断られ、1週間後に死亡していたことが明らかになりました。

 奈良県は大阪や京都に隣接しており、県内外の医療環境は充実している所だと思いますが、最初に受け入れを打診した県立医大病院に満床を理由に断られ、それから6時間もかかってようやく大阪府吹田市の病院にたどり着いたと報道されています。どういう事情があったにしろ、緊急医療や高度医療の態勢に不備があったとの批判は避けられないでしょう。ただし、分娩のために入院中だった町立大淀病院でも、頭痛を訴えて意識不明になったのに、コンピューター断層撮影装置(CT)にかけなかった主治医の判断ミスがあったようで、「防げたかもしれない死」であり、残念です。

 ところで、最近の医療現場には異変が起きています。医学部の定員を抑制して医師数を増やさない政策が行われ、そのうえ研修制度が変更されて大学の医局から研修医が少なくなり、地方や小規模病院から医師が大学に引き揚げる。結果、身近な医療機関の医師不足が顕著になってきました。既に救急医療態勢が崩壊したり、一部の診療科を閉鎖するなどの影響が、秋田県でも多く発生しています。「命と健康」を守る大切な仕組みにも、中央と地方との格差がついてきているようで心配です。

 大都市圏や県庁所在地などは医師の充足率も高く、厚生労働省では都道府県が責任を持って態勢を整備するべきだとして、格差を解消する対策には消極的です。しかし、今まで多大な県費をつぎ込んできても、結局は県内に在住する医師が少ないのは何故か。今一度、医師の社会的役割、労働環境、報酬・待遇などについて、オープンな議論が必要ではないでしょうか。一部の大学の入学試験に地域枠を設けても抜本的な解決策になるとは思われませんから、国が責任を持って医療施設や医師の配置についての指針を作り、改善するように誘導するべきです。

 私自身、町立羽後病院の整備と経営に携わった経験からして、今日の医療現場の混乱・困惑は、地方自治体の努力不足によるものではなく、不十分な国の政策が引き起こしたものだと断言しておきます。

# by shouichiro_sato | 2006-10-18 21:50 | 社会・話題 | Comments(0)  

ようこそ田代へ、樹木医・黒坂登さん

 専門家はさすがです。実践を通した説得力ある指導に感激しました。

 田代後継者会(会長・阿部則夫さん)では地域の環境美化に参画しようと、田代の中心地にある河川の堤防に「桜」の植樹をしています。しかし最近、生育状態が心配なものですから専門家の指導を受けることにしました。どなたを講師にしようかと悩んだ結果、「やはり、秋田県の桜の名所は角館。確か、桜担当の専門家がいるはず」ということで、仙北市教育委員会文化財課の参事・黒坂登さんにお願いしました。

 黒坂さんは専門の試験に合格した樹木医6期生。普段は仙北市で文化財の保護に努めていますから、今朝は仙北市田沢湖町玉川にある特別天然記念物「北投石」の状況を観察した後、県立横手高校の桜を診断してから、羽後町田代に来てくれました。樹齢50年以上の桜がある七曲峠、植樹から15年の高瀬川の堤防の桜。そして地域の菩提寺「妙音寺」に隣接する、門前集落の人達が50年以上にわたって大切に育ててきた長楽園の桜(管理責任者・阿部敏夫さん)を見てもらい、今後の管理のあり方を教えていただきました。

 桜の樹勢と管理、様々な障害については現地で指導を受けました。会場を田代の総合交流施設「長谷山邸」に移動してからはOHPを使った講話で実に解りやすく、参加した「桜を守る会(会長・長谷山信介さん)」のメンバーも喜んでくれました。豊富な知識と実践に裏打ちされた黒坂さんのお話は、「目から鱗」の連続です。誠にありがとうございました。

 地球環境が悪化の一途をたどっている中で、樹木の生きる力を大切にしようという心に嬉しくなり、今度来ていただく時には「今日の教えを活かして、立派な桜を咲かせます」と、皆で約束しました。桜に興味のある方は、是非とも黒坂さんのお話を聞いてみてください。お薦めです。

# by shouichiro_sato | 2006-10-17 22:21 | 地域活動 | Comments(0)  

「代理出産」に思う

 タレントの向井亜紀さん夫妻がアメリカで代理出産した双子について、東京高等裁判所は9月29日、東京都品川区が実子としての届出を受理するべきだと認めました。しかし、従来の最高裁判決では「産んだ女性が母」としているため、品川区は東京高裁の判断を不服として、最高裁に許可抗告を申し立てしています。向井さん夫婦のように代理出産を公表している場合や、妻が高齢のために明らかに代理出産とわかるケースでは、出生届が受理されていない状況にあると報じられていますから、どういう判断になるのか注目されます。

 代理出産について多くの問題提起をし、実例を公表してきている長野県の諏訪マタニテークリニックの根津八紘院長は15日、東京都内で記者会見し、がんで子宮を摘出した(子供が産めない)娘夫婦の卵子と精子を体外受精し、娘の母親が代理出産していたことを発表しました。子供が欲しくても産むことができない女性に門戸を解放したいという根津院長の一貫した姿勢は、日本産科婦人科学会の会告(指針)とは異なりますが、現実には「少なくとも100組以上の日本人夫婦が米国で代理出産で子供を得ている」と報道されていますから、法律が作られた頃からの社会の変化や不妊治療医学の進歩によって、指針の見直し(新しいルール作り)が必要になってくるのは当然のことでしょう。

 私の知人にも不妊治療を続けている人が何人かいます。「子供が欲しい」と願っても授からず、多くのお金と時間を費やしてきました。急激に進む少子化が社会問題になってからは、産みたいという人をサポートする社会の仕組みづくりも重要な課題になってきました。法律や専門的な見解は不変なものであるべきか、それとも時代とともに変遷すべきか、どうでしょう。

 平成12年12月に旧厚生省の専門委員会は、基本的な考え方として①生まれてくる子の福祉を優先する、②人を専ら生殖の手段として扱ってはならない、③安全性に十分配慮する、④優生思想を排除する、⑤商業主義を排除する、⑥人間の尊厳を守る、の6点から「代理懐胎を禁止する」という報告書をまとめています。

 しかし東京高裁は、「子の福祉を優先すべきだ」として、実子としての届出を認めました。禁止の場合の最初の理由も「子の福祉」です。私は、「子供が欲しいという希望を叶えてあげたい」ものだと思います。

# by shouichiro_sato | 2006-10-16 22:08 | 社会・話題 | Comments(0)  

「秋田米」を高値で売りましょう

 15日の秋田魁新報朝刊、最終面・テレビサロンの下段にある広告を見て驚きました。由利本荘市の㈲須田商事が産地直送でお届けする、「あきたこまち(有機認証米)」の新米が30㎏当り、20,475円(税別・送料別)とあったからです。無農薬の「特別栽培米・あきたこまち」は同17,325円。減農薬の「特別栽培米・あきたこまち」は同14,175円。一般米の「ひとめぼれ」でも同13,230円もするのです。

 米価の低迷が続いている今日、全農秋田県本部が農家から買い入れる平成18年産米の仮渡金(概算金)は、「あきたこまち(1等A)」で60㎏当り12,350円。昨年よりも350円も少なくなり、平成になってからは最も低い金額です。即ち、身近にある地元の農協に出荷すれば30㎏の1袋が6,175円というのに、産地直送の新米(勿論、精米している米でしょう)は、その倍以上の値段で取引されているのです。何故そうしたことになるのか。須田商事の米作りへのこだわり、研究開発や販売戦略、消費者の信頼を得てきた今日までの努力に敬意を表しながらも、系統組織の米作りに物足りなさを感じてしまいました。

 米の消費量が激減しているといっても、新潟県魚沼地方の「コシヒカリ」は高値で売買されています。一方で、北海道産の「きらら」は値段は安いものの取引が活発です。どういう訳か「あきたこまち」は、上場しても買い手がつかなかったり、このところ苦戦の連続です。この現象をどう見るべきか。米どころを自負してきた秋田県としては、秋田米の生産と販売戦略について、抜本的な見直しを考える必要があるのではないか。「あきたこまち」の作付け比率を少なくするなどといった対処療法では、農家の所得を確保するという命題にはほど遠いように思えてなりません。

 県内で展開されている農家自身の自主的な取り組みでは、同じ秋田米が高値で販売されている現実を素直に受け止め、日本の食糧供給基地を標榜する米作県として、「秋田米」を高値で販売し、農家の所得を増加させる方法はないものか。「横並び主義」から脱却して、「高く売れるものは高く売る」戦略を導入した方が、秋田県の米の価値を高めるのではないか。そう思った新聞広告でした。

# by shouichiro_sato | 2006-10-15 23:57 | 産業振興 | Comments(0)  

戦中・戦後の暮らしを知っていますか

 乳飲み子を背負った若い母親が、幼い男の子の手を引いて瓦礫と化した焼け跡を歩く。昭和20年9月に撮影されたこの写真が、目に焼きついてしまいました。

 「永遠に伝えたい記憶 ~戦中・戦後の暮らし~」 戦没者遺族をはじめとする国民が経験した戦中・戦後の労苦に係る歴史的資料・情報を収集、保存、展示して後世代に知る機会を提供している国立の施設、「昭和館」が主催する特別企画展が今日から22日(日)まで、秋田市のアトリオンで開かれています。

 実物の資料や厳しい時代を生き抜いてきた人々が綴った手記。その姿を記録した写真を見ると、残された女性や子供たちの苦労、困難を極めた暮らしが伝わってきて、目頭が熱くなりました。以前、鹿児島県知覧町にある「知覧特攻平和会館」を訪問した時や、沖縄県の「ひめゆり平和祈念資料館」で涙を流した時と同じように、時間を忘れて引き込まれてしまいました。「二度と繰り返してはならない」悲劇が、そこにありました。

 世界に目を向ければ、未だに国際紛争や内紛が続いています。日本と国交が回復していない隣国・北朝鮮では国際社会の声を無視して地下核実験が行われたり、世界各地で無差別テロが横行するなど、一歩間違えば時代が逆戻りしかねない危険と、隣り合わせにいる感じもしてしまう昨今ですから、「人類の悲劇を繰り返さない」一念で、世界の人々が英知を絞っていきましょう。

 今日は午前11時から、県民会館で「秋田県戦没者追悼式平和祈念式典」も開催されました。終了後には多くの参加者がアトリオンの会場を訪れ、感慨深げに資料を見ておりました。戦争経験者もその遺族も高齢になり、戦争を知らない世代が社会の中核となってきた時代だけに、改めて戦争の惨さを認識し、「過ちを繰り返さない」永遠の誓いをするべきだと痛感した次第です。

# by shouichiro_sato | 2006-10-14 23:48 | 社会・話題 | Comments(0)  

「芸術の秋」です

 秋田市の千秋公園入口にある県立美術館では15日(日)まで、「平成18年度秋田県民芸術祭・秋田現代美術展」を開催中。秋田県を代表する作家の絵画(日本画・洋画)部門29点、立体、工芸、書道の部門にそれぞれ9点、写真部門7点、デザイン部門8点、合わせて71作品が展示されています。

 全ての作品は昨年から今年にかけて、全国の展覧会等に入賞したものばかりであり、美術鑑賞の知識のない私も圧倒されるほどの迫力がありました。どの作品も素晴らしいのですが、中でもビックリしたのは、皆川嘉博さん(秋田市)が平成17年度に秋田県芸術選奨を受賞した立体作品、「源流ー母なる湖の伝説 壱・弐ー」です。高さ2メートル程の男像とやや低い女像。秋田の湖の伝説をもとに男と女の姿を彫刻にしたもので、自分自身のルーツ、源流を探る旅を表現しています。素人の私には何処からこうした発想が生まれるのか、ただただ驚くばかりです。

 同部門には父親である皆川嘉左ヱ門さん(横手市)の木彫りの作品、「植物採集家・須川長之助像」もありました。高さは80センチ程ですが、やがて大作になると説明書きがありましたので、将来が楽しみです。皆川さんは農民彫刻家として有名な方で、青年活動の時代からお世話になってきましたから、今こうして親子で活躍されている姿を見ると、感激してしまいます。

 書道部門では唯一の篆刻作品に、羽後町の猪岡堅二さんの「大方無隅」がありました。元郵便局職員で、バスケットボールの指導者でもある猪岡さんが趣味で始めた篆刻も、今では県を代表するものとして展示されているのですから、嬉しい限りです。先般の兵庫国体視察には、町国体準備室のスタッフとして同行していましたが、美術展のことは全く話していませんでしたので、「猪岡さんらしいなあ」と思いつつ、見させてもらいました。

 総じて秋田市の皆さんの作品が多いのですが、工芸で湯沢市、書道で由利本荘市の皆さんの活躍も目につきます。それぞれ素晴らしい指導者や創作活動の環境があるのでしょう。県内では「文化の日」を中心に、各市町村でも様々な芸術・文化の祭典が開かれますから、食欲だけではなく、「芸術の秋」も満喫しましょう。 

# by shouichiro_sato | 2006-10-13 17:20 | 今日の出来事 | Comments(0)  

やっぱり、「野球」は素晴らしい

 今年は、野球が面白ですね。

 今夜、札幌ドームで行われたプロ野球パ・リーグのプレーオフ第2ステージは、北海道日本ハムが1-0で福岡ソフトバンクにサヨナラ勝ちし、25年ぶり3度目の優勝に輝きました。日本ハムは新人の八木、ソフトバンクはエース斉藤の両投手による息詰まる投手戦。私もNHK・BS1の生中継に釘付けでした。ゲームは9回裏、日本ハムが2アウト1・2塁から、稲葉のセカンド内安打の間に2塁走者・森本が好走塁でホームイン。悲願であった満員の札幌ドームで優勝を決め、ヒルマン監督も初めて宙に舞いました。

 セ・リーグは10日、東京ドームで中日が巨人を延長12回、9―3で破って2年ぶり7度目の優勝を決めています。いつもは飄々としている落合博満監督も、試合途中から涙を流し、インタビューでは感涙で言葉が続きませんでした。死闘を展開した男の涙も、胸に迫るものがあります。これで、21日からの日本シリーズは「中日」対「日本ハム」、益々楽しみです。

 高校野球界も早稲田実業の斉藤投手と駒大苫小牧の田中投手の活躍で盛り上がりました。夏の甲子園大会・決勝戦では延長の末、共に譲らず1-1の同点。翌日の再試合は4-3で早稲田実業が初優勝を遂げ、駒大苫小牧の3連覇を阻止しました。秋の兵庫国体でも同じ顔合わせの決勝となるなど、見ごたえのあるゲームが多くあり、全国のファンを楽しませてくれました。

 そして、何といっても今年の快挙は、にかほ市のTDK野球部。都市対抗野球に過去8回出場しながら、白星を挙げたことのなかったチームが快進撃を続け、ついに昨年準優勝の日産自動車(横須賀市)を4-3で破って初優勝。秋田県民に大きな勇気と自信、感動を与えてくれました。

 サッカーブームに押され気味の野球でしたが、やっぱり野球は素晴らしいです。一生懸命に頑張る選手のファインプレーや、球場全体を包み込むなんとも言われぬ興奮した雰囲気、いいですね。こまちスタジアム(秋田市)でのプロ野球の試合も増えてきましたし、秋田県出身の選手やチームがさらに活躍してくれれば、もっともっと楽しくなることでしょう。

 勿論、少年野球、おはよう野球、500歳野球など、全~んぶ楽しいですね。確か、私にも何着かのユニホームがありましたから、今度はグランドに出てみたくなりました。

# by shouichiro_sato | 2006-10-12 22:32 | 社会・話題 | Comments(0)  

兵庫国体、秋田は天皇杯で10位

 第61回国民体育大会「のじぎく兵庫国体」も10日が最終日。閉会式では兵庫県の井戸敏三知事から寺田秋田県知事に国体旗が引き継がれ、11日間の熱戦に幕を下ろしました。秋田県選手団は後半、カヌーやフェンシングなどで大活躍して、天皇杯の総合順位は昨年の23位から10位に躍進。来年の「秋田わか杉国体」での総合優勝へ向けて、大きく前進しています。

 しかし、今朝の秋田魁新報のスポーツ欄では、天皇杯を獲得するには得点の高い8人以上で行う団体競技(通称・8倍競技)の9人制バレーボール、ラグビー、サッカー、ソフトボール、ホッケー、軟式野球でもっと結果を出すことが重要だと論評していました。実際、兵庫国体に出場したのはバレーボールとラグビーだけでしたから、東北予選の壁を突破できなかった競技団体としては、耳の痛い話です。残された時間でどれだけ力をアップできるか、選手ともども頑張るしかありません。

 兵庫に滞在中は多くのホッケー関係者から、「今月は秋田に行きます」と声を掛けられました。21日から羽後町と横手市十文字で始まるリハーサル大会「全日本社会人ホッケー選手権大会」には、国体に出場した(大学生を除く)ほとんどの選手が参加します。わが秋田県代表チームは1回戦で男女とも強豪チームと対戦しますが、選手強化の実績を示す意味でも全力で健闘してほしいと願っています。

 今日は1週間ぶりに秋田市の事務所に来ました。国道端の水田は稲刈りも終わって、すっかり秋の風情です。鳥海山の初冠雪も平年並みの9日。しかし昨年よりは16日も早かったとか。どうりで朝夕の冷え込みも厳しくなり、午後5時だというのに窓の外は暗くなってきました。秋が深まるのを感じますが、まだまだ野外の行事も多くありますから、せめてこれからの天気が良好であるように、祈っています。

# by shouichiro_sato | 2006-10-11 17:10 | 秋田わか杉国体 | Comments(0)  

東京に物申す

 9日夜、羽後町活性化センターで「羽後町村岡敏英後援会拡大役員会」が開催されました。私は役員ではありませんが、元官房長官・村岡兼造先生が久しぶりに来町されると聞いて、町長時代に村岡先生の後援会長であったご縁もあり、出席させていただきました。

 ご承知の通り、村岡先生の次男である敏英さんは次回の衆議院議員選挙に向けて、このところ湯沢市雄勝郡内で精力的に活動しています(本人のブログで公開中)。普段は挨拶回りが中心でしょうが、役員会では自分が目指している政治のあり方について、興味のある話をされましたので、紹介します。

 「東京の名所・日本橋の上には首都高速道路があり、空が見えないという。小泉首相の一声で、これらの道路を地下に造りかえることが決まった。その総事業費はなんと7000億円とか。秋田県の今年度一般会計予算は6950億円。財政危機の現状でこんなに中央と地方に格差をつけている今の政治は問題だ。地方の代表である議員は反対の声を出すと造反組にされるから、誰も発言していない。」
 
 その通りです。大都市圏には膨大な事業費を投じて高速道路や巨大橋がどんどん造られました。その結果、人口の一極集中がさらに進み、地方は疲弊してきました。この頃の首都圏では再開発事業も凄まじく、高層ビル群があちこちに出現しています。私も産業を振興し環境を守って国民が暮らしていくには、古い言葉ですが「国土の均衡ある発展」は絶対に必要だと考えます。強いものや大きいものだけが主役であってはいけません。敏英さんは今の政治状況で懸念される点を強調しておりました。

 国会議員になれば天下国家を論ずることも大切でしょうが、やはり地方の政治家は地方の立場の主張をもっとしてほしい、しなければならないと思いますが、どうでしょうか?。 

# by shouichiro_sato | 2006-10-10 21:42 | 政治活動 | Comments(0)  

40代の男性が自殺

 兵庫県から戻ったら、悲しいニュースが待っていました。近くに住む40代の独身男性Tさんが先週、自殺したというのです。彼の同級生の男性Sさん(結婚して子供もいましたが)も昨年、自ら命を絶っていますから、集落の中核になっている担い手が続けて亡くなる異常事態。ショックです。

 二人とも明るい性格で、青年会活動や集落の行事には積極的に参加していました。しかし今思うと、悩みを打ち明けることが出来る、なんでも相談できる友人・親戚がいなかったのでしょう。自殺の原因は特定できませんが、亡くなった後で聞こえてくる話は、「死ななくてもよかった」「皆で相談すれば解決できる」「何があったか全く解らない」など、二人の悩みや苦しみが周囲に伝わっていなかった共通点がありました。

 実は、Tさんのご両親は今から11年前、自分たちの病気と介護生活の将来を案じて二人とも死去。Sさんの母親も2年前、病気を苦にして亡くなっています。私も当時、高齢化社会に備えて病院の整備や介護施設の拡充をはかってきたつもりですが、身近な所であった出来事に「虚しさ」を覚えたものでした。特にTさんの母親は、若いうちに舅が病気で倒れ、以来30年近くも食事や排泄の世話を続けて町から表彰された人でしたから、今度は遠慮なく福祉サービスを利用してもらいたいと考えていた矢先でした。

 ご両親が亡くなってから一人暮らしだった彼ですが、この11年間は隣りの地区に嫁いだ妹さんが作ってくれる弁当を持って、町内の会社勤務。誰もが頑張っていると思っておりました。しかし実際は、今春に退職。その後は仕事を探す日々だったようです。私自身、「灯台もと暗し」でした。「でしゃばる」のも迷惑だったかもしれませんが、今となっては「知らなかった」ことも心残りです。

 自殺予防の相談機能が充実してきたといっても、まだまだ現実は少なくなりません。特に、金銭・経済問題に起因する場合の対処の仕方について、「大事なのは命」だとアドバイスしてくれる人がいないと、「命を捨てて楽になる」選択になりがち。「お金が全て」という価値観が蔓延してくる中で、「命」が軽んじられているようで残念です。「皆で助け合っていく社会」を崩壊させてはいけません。自らの反省も込めて、自分に言い聞かせました。

 今日は「体育の日」でしたが、北朝鮮が地下核実験を実行するなど朝鮮半島情勢の雲行きは不穏の兆しで、私は外の天気とは裏腹に、暗くて厚い雲に覆われているような一日でした。合掌。

# by shouichiro_sato | 2006-10-09 17:00 | 今日の出来事 | Comments(0)