3日間漂流、無事に発見される

 宮崎県日向市漁協に所属するマグロはえ縄漁船「幸吉丸」(9・1t)が、鹿児島県種子島沖で9日午前から消息不明となり、11日朝に船尾を海面に出して沈没していた事故で、行方が分からなくなっていた船長ら3人が乗った救命ボートがきょう午前、宮崎県串間市都井岬の南南東約185kmの海上で、第10管区海上保安本部のヘリコプターに無事に発見され、正午過ぎに救助されました。

 仕事から宿舎に帰ってこのニュースを知った時には、「すごいなあ」と思わず声を出してしまいました。南の海とはいってもまだ寒い季節。船尾を上にして沈んでいる船の映像を見て、最悪の事態も想像していた自分でしたが、3人とも無事で本当に良かったと思います。地元の「宮崎日日新聞」によると、同漁協の是澤喜幸組合長は11日、「船尾部分に装備していた救命いかだがなくなり、係留ロープも切れていたのを考えると、いかだで漂流している可能性が高い」と語っていました。冷静な船長の判断や海の男達の連携で、生還できたのでしょう。ご家族や関係者の皆さんもどんなに喜んでいることか・・・。良かったですね。

 ところで、沈没した「幸吉丸」には船長と甲板員(ともに日向市)の外に、テレビ東京系列で放送予定の番組「日本の凄腕(すごうで)漁師」の取材で、製作を委託された福岡市のTVカメラマンも同乗していました。最近では青森県大間のマグロ漁など、荒海で大物を狙うドキュメンタリー番組やNHK・BSの「日本釣紀行」など、視聴者に人気のある番組も多く、今回の企画で登場するお二人も、宮崎のマグロ漁師を代表する方なのでしょう。しかし、漁の腕前もさることながら、「船長は機転が利く、判断が素晴らしかった」(漁協組合長)と言われるように、3日間漂流して無事に生還した、海に生きる男の素晴らしさも称えたいものです。必要な装備の点検や訓練、緊急時の適切な判断など、安全第一で備えていくことの重要性を教えてくれた出来事でした。

 それにしても、9日午前10時頃に衝突したとされる、「白い大型船」は許せません。「停止もせずに北東に去った」と救助された3人は話していますから、海上保安本部には早急に捜査を進め、真相を明らかにしてもらいたいと思います。 

# by shouichiro_sato | 2007-02-12 20:39 | 社会・話題 | Comments(0)  

梅も見ごろになりました

 建国記念日のきょう、「岐阜市でも梅の花が開いている」という同僚の話を聞いて、「梅林公園」に行ってきました。市の中心部から車で10分、住所は岐阜市梅林南町です。

 この公園は今から130年以上前、故篠田祐助氏が私有地を整備して「篠ヶ谷園」として市民に公開したのが始まりとか。そして昭和23年、公園の土地を岐阜市に寄贈して「岐阜市梅林公園」となった歴史があり、園内には約50種類、1300本の梅が植えられています。今年は暖冬の影響で開花も早まって1月中旬から咲き始め、既に園内の3分の1位の木が紅や白の花をつけていました。

 ところで「梅」は、NHK秋田放送局の呼びかけがきっかけで、羽後町が昭和42年に制定した「町の木」でもあります。ちなみに、町の花は「福寿草」。町の鳥は「うぐいす」。ともに平成元年に制定されています。梅は「花も見事であり、実は梅干、梅酒などに利用でき、経済と美化はその木を大事にすることにつながる。また、梅は昔から災難逃れとして親しまれてきた」というのが、当時の選定理由になっています。しかし、町内に梅林公園はありません。

 町議会の議論でも何度か、「町の花・鳥・木」を普及させようという声が上がり、子どもの誕生祝に「梅の苗木」を配布したこともありますが、結局はうまく育たず、(育たなければ縁起が悪いと)長続きしなかった苦い思い出もあります。町の木に梅を選んだ願い(思惑?)と羽後町の土地や自然環境が上手く結びつかなかったのでしょうか。そんなことを考えながら園内を散策してきました。

 帰り道には市内にある伊奈波神社や鏡島弘法大師、瑞穂市の美江寺にも立ち寄り、旧中仙道沿いの史跡も見てきました。祝日だったためか、何処でも地域の氏子や信者の皆さんが多く集まっていて、境内の掃除をしたり案内をしており、私まで心が豊かになるひと時を過ごさせていただきました。

 それにしても、この地方の皆さんは神社仏閣、史跡、公園などを大事にしている気がします。個人の墓石には大きい物はないのに、神社仏閣への寄進は惜しまない。秋田とは違う文化に触れているようで、興味が尽きません。

# by shouichiro_sato | 2007-02-11 21:57 | 出稼ぎ | Comments(0)  

きょうの「秋田」は、最高ですね

 ここ数日は秋田県の天気を気にしていました。そして今朝も、パソコンで秋田県仙北市田沢湖町の時間予報を確認して、ホッとしたんです。

 第62回国民体育大会「秋田わか杉国体」冬季大会スキー・バイアスロン競技会の開会式が、田沢湖スポーツセンター陸上競技場で華やかに行われたニュースを見て、「本当に良かった」と思いました。今年は秋の国体本番を控え、秋田県がスポーツを通して全国に情報発信するビックイヤー。準備を担当した県や開催地もさることながら、県民の皆さん一人ひとりも、今日の開会式の様子に心を躍らせたことでしょう。

 このところの暖冬小雪で、雪不足にハラハラしたものの、お天道様も一生懸命に頑張っている関係者を見捨てることはなく、会場整備は万全とか。明日からはいよいよ競技が始まりますが、県選手団はもちろん、全国から参加した選手の活躍と応援団、地元の皆さんの温かい歓迎で、心に残る大会にして欲しいと願っています。「見栄っ張りと世話好き?」といわれる県民性も、この際は大いに発揮して、秋田の魅力もPRしましょう。

 そして今日からは、秋田を代表する冬祭りが一斉に始まりました。大館市の「アメッコ市」、湯沢市の「犬っこまつり」、仙北市西木町の「紙風船上げ」、大仙市の「刈和野の大綱引き」と、秋田魁新報のインターネットニュース「さきがけonTheWeb」は、時間の経過とともに写真付きで紹介してくれています。どの記事からも、まつりにかける地域の皆さんの熱意や歓声に沸く会場の様子が伝わってくるようで、嬉しいニュースです。

 今日の「秋田」は、最高ですね。

# by shouichiro_sato | 2007-02-10 20:07 | 秋田県 | Comments(0)  

青森市と富山市

 青森市と富山市は豪雪地帯ですが、最近は「まちづくり」でも全国から注目されています。
 
 政府の中心市街地活性化本部は8日、青森市と富山市が申請していた「中心市街地活性化基本計画」を認定し、佐々木・青森市長と森・富山市長に渡辺嘉美地域活性化担当相が認定書を手渡しました。認定は改正になった中心市街地活性化法に基づくもので第1号。両市の中心市街地は全国で初めての「まちづくり重点支援地域」となり、計画された事業には優先的に財政支援が受けられるということです。もっとも、全国的に市街地の空洞化が進む中で、両市は数年前から自治体関係者に注目される取り組みをしてきており、国でも法改正のモデルとしたといわれていますから、どんな計画なのか興味があります。 

 青森市はJR青森駅前に集合住宅を整備して、冬の除雪などに悩む高齢者を郊外から市の中心部に招き入れるほか、ねぶた祭りの展示施設を造って観光客の増加をはかるとか。富山市は病院や介護施設、商業施設を中心部に集約し、名物の路面電車を次世代型にして環状線化を目指すなど、こちらも高齢者が安心して暮らせる環境づくりを進めるようです。

 特に、都市計画法の改正で郊外への大型店の規制が可能になったことを受け、両市は全国に先駆けて、都市計画上の「準工業地域」での立地もできなくする「特別用途地区」を設定するなど、中心市街地への商業施設の集約環境を整えたことが特徴のようです。

 さて秋田県内では、県都である秋田市の秋田駅前から広小路・中通一帯のまちづくりが未だに「暗中模索」の状態にあるほか、能代市では郊外へのイオンSCの出店を巡って議論の真最中です。しかし、(私は新聞報道でしか内容を把握していませんが)双方の事案とも、青森市や富山市のような「まちづくりのコンセプト」が見えない気がしてなりません。土地の利用計画や既存商店街への影響シュミレーションなどという場当たり的な対応だけが目立って、どんな市街地にしていくのかという理念、考えが伝わってこないのです。

 人口の減少が進み、高齢化社会の先端を行く秋田県においては、「拡大」していく発想には限界があるでしょう。青森や富山の目指すまちづくりは、「コンパクト・シテー」がキーワードでした。

# by shouichiro_sato | 2007-02-09 19:39 | 秋田県 | Comments(0)  

「子育て・教育」新税のアンケート結果

 秋田県は7日、導入を検討している「子育て・教育支援新税」について、県民2000人を対象に行っていたアンケート調査の結果を発表しました。

 その内、無作為で抽出した20歳以上の県民1000人に対する調査では581人が回答。新税導入に賛成45・0%、反対52・5%。小中学生の親500人に対する調査では305人が回答し、賛成57・0%、反対41・6%。県政モニターや県内の企業経営者、意見交換会参加者の回答では、賛成が6割近くに達しました。

 新たな県民負担となる税に関することだけに、賛成が30%を超えて欲しいと発言していた寺田知事は、「予想を上回り驚いている。税を前提にした案を出す。」として、2月定例県議会から新税導入についての議論を進める考えを示しました。

 この結果は、昨年から県内の全市町村を県幹部が訪問して意見交換会を開催するなど、子育てや教育が重要な政策課題であることを訴えてきた成果と見ることもできますが、財源不足がことさらに強調されてきたようでもあり、その手法にはいささか疑問を感じます。それはアンケートの前提として、「厳しい財政状況のために、人件費を144億円節約してきた。今後もさらに効率化を進めていきますが、子育てと教育のためのお金が足りなくなることが予想されます」とした上で、新税導入の是非を選択式で尋ねているなど、私には誘導尋問的な内容のようにも感じました。

 また、私が注目した子育てや教育のサービス水準と負担額の設問では、無作為の回答者は「現在の水準を下げ、お金が足りなくならない範囲で行う」が25・5%。「他分野のサービス水準を下げて、現在の水準を維持する」が22・9%だったのに対し、企業経営者(108人が回答)は「他の分野のサービスを下げて・・」が32・4%、「現在の水準を下げ・・」が6・5%。「増税で財源不足をまかなうより、いまの歳入で工夫するべきだ」という経営者感覚がはっきりしています。

 増税の前にやるべきことは、人件費などの行政コストがどれだけ削減できるのか。公共事業への投資は適切か、などといった歳出全体の見直しが充分に検証されたのかということです。そうした歳出構造については県民に問うことなく、「子育てと教育」という社会全体で支えるのが当たり前の課題だけでアンケートを行うのでは、偏りがでてくる気がしてなりません。

 いずれにしても、今度は県議会の場での議論が始まり、県民の関心も高まってくることでしょうから、大いに議論していきましょう。

# by shouichiro_sato | 2007-02-08 19:56 | 秋田県 | Comments(0)  

お腹の周りも引き締まり・・・・

 昨日に続いて、最近感じている仕事と日常生活についての話です。

 宿舎での一日の時間割は、朝食が午前6時からで、昼は宿舎で作ってくれる弁当を持参。夕食は午後の6時です。仕事の現場は様々で、隣にある会社の事務所に出勤する場合は午前8時直前に宿舎を出ればいいのですが、時には高速道路を使って2時間近くもかかる遠方に行く場合もありますから、同僚達の出発時間は毎日違います。それに夜間勤務もあり、宿舎への帰りも様々で、秋田班の全員が顔をそろえるのも週末ぐらいでしょうか。

 昨日は岐阜市内の繁華街での工事があり、午前9時に交通規制をしてから、仕事はノンストップ。通行量の多い道路だけに中途半端な状況にはできず、昼食をとったのは午後2時でした。正午を過ぎたあたりまでは作業員も元気だったものの、さすがに1時半頃になると全員が「腹が減った」と、スコップを持つ手にも力がはいりません。

 ところが、昼とは逆の時間帯で仕事をする夜間勤務の場合は、不思議にも「腹が減った」という経験はありません。夜勤の場合の私の食事は、夕食は皆さんと同じでボリュームたっぷり(もちろん、アルコール類は禁止)ですが、朝食は違います。昼間に就寝するわけですので、朝は一日の仕事が終わったという考え方で、朝のおかずに昼の弁当のおかずをプラスしたスペシャル版。朝ではありますが、食前にはビール等もいただいております。ですから一日2食が基本です。

 もともと間食はしない生活スタイルでしたが、深夜に缶コーヒーを飲むぐらいで規則正しい生活となり、体調管理も万全。充分な食事と身体を動かす(特に歩くことが多い)仕事で、お腹周りも引き締まってきました。身長に対する理想体重にはもう少し減量しなければなりませんが、十年ぶりのリフレッシュ効果は抜群です。

 夜は仕事に集中できて、時間が経つのも早く感じますから不思議です。そういえば私は、「5時から男?の夜型」が好きな人間でしたね。

# by shouichiro_sato | 2007-02-07 19:25 | 出稼ぎ | Comments(0)  

「柳ヶ瀬」に行ってきました

 岐阜市の夜の歓楽街といえば「柳ヶ瀬」。美川憲一さんのヒット曲「柳ヶ瀬ブルース」の舞台でもあり、全国的に有名です。今日からは、その一角にある若宮町交差点付近(片側3車線道路)の舗装改良工事が始まり、私も昼勤務で行ってきました。

 道路の交通規制は午前9時からですが、8時半頃には現場に到着し、道路事情や周囲の状況を観察。作業手順などについて確認しました。

 夜が明けてネオンが消えてしまうと、未明までは賑やかだった歓楽街とは思えません。ただ、まだ酔いから醒めていないような若者達もいれば、朝まで仕事をしていたらしいホストのグループなども歩いていて、やはり、オフィス街とはチョッと違います。しかし、そこでひと際目立っていたのが新しいコンビニに変身した「ローソン プラス」店。「青色のミルク缶」のシンボルマークは同じでも、店の看板は「サンライズカラー(日の出の色)」と「オーシャンカラー(海洋の色)」。野菜や果物も販売しており、街のニーズを先取りしているような暖かい雰囲気がありました。柳ヶ瀬の町も進化しているんですね。

 道路の両側には有料の立体駐車場(タワー方式)が多くありますが、こちらは夜のお客さんがターゲットで、日中は出入りする車もほとんど無し。通行量の多い市内の主要道路は夜間工事が多いのに、この現場は昼に作業をする理由が理解できました。

 さて、私はこれから出かけてきます。もちろん「柳ヶ瀬」ではなく、国道21号線の舗装修繕工事の現場です。作業の都合で今週は変則勤務。私は日中に続いて夜8時に再度出勤し、夜間の仕事に取り掛かります。工期は今月末で、いよいよ工事も大詰め。今夜からは、排水性合材を使った表層の舗装が始まります。

# by shouichiro_sato | 2007-02-06 19:37 | 出稼ぎ | Comments(0)  

大接戦の「愛知県知事選挙」と安倍首相

 選挙戦中盤の世論調査では、現職の神田真秋氏が優勢と伝えられていた愛知県知事選挙。終わってみれば大接戦でした。3選を果した神田氏(自民・公明推薦)142万4千票。猛追した前犬山市長の石田芳弘氏(民主・社民・国民推薦)135万5千票。その差は6万9千票。有権者数が569万人の愛知県では僅差といえるでしょう。

 民主党が「知事選挙での相乗り禁止」の方針を決め、夏の参議院議員選挙の前哨戦と位置づけられたことから、与野党激突の構図となって有権者の関心も高まり、投票率も28年ぶりに50%を超えて52・11%。その上、柳沢厚労相の「女性は子どもを産む機械だ」という発言が野党の攻撃材料となり、特に終盤は小沢・民主党代表や福島・社民党党首など野党の幹部が相次いで愛知県に入り、与党の姿勢を糾弾。石田陣営は「神風」が吹いたと、上げ潮ムードにありました。

 私は昨夜、インターネットで愛知県選挙管理委員会の区市町の開票状況を確認しながら、NHKの開票速報を見ていました。4万票前後の差のままで推移した開票は、区市町では石田氏が勝ったところもあり、11時過ぎまで当選確実の発表もありませんでしたから、双方の陣営にとってもハラハラ・ドキドキのひと時だったことでしょう。

 中日新聞の出口調査によれば、この接戦は女性票が演出したと分析しています。即ち、投票日1週間前の状況は、男性の支持は両氏とも約4割と拮抗していたのに、女性の約5割は神田氏を支持していました。女性はどの年代でも、どこの地域でも、神田氏が2~5倍近くもリードしていたのです。しかし投票日の調査では、20~40代の女性で石田氏へ投票した人が神田氏を上回りました。(柳沢厚労相の発言が影響たのでしょうか?)

 それにしても、「日本一元気」な愛知県の現状を持続したいという県民の気持ちは、「愛・地球博(愛知万博)」を成功させ、「中部国際空港」を開港した実績で、「愛知の総合力をアップし、今を越える」と訴えた神田氏の誠実な姿勢を評価したということでしょう。ただ、投票率がこれほどアップした上で神田氏が勝利したということは、国政の対立を地方へ持込んだ政党への批判もあったと私は思います。知事選を国政選挙の「前哨戦」とした中央の感覚にも、愛知県民は「NO」と答えたことを、政党は反省するべきでしょう。

 ただし、同日行われた北九州市長選挙では、野党(民主、社民、国民)推薦の候補が当選しています。結果的に安倍首相は、1勝1敗で「安堵した」と報道されていますが、共同通信社が3~4日実施した全国世論調査では、安倍内閣の支持率は40・3%となり、前回よりも4・7ポイント下落。逆に不支持は5・2ポイント増えて44・1%と、昨年9月の政権発足以来、初めて支持率を上回ったとか。就任後4ヶ月余りが過ぎた安倍首相の指導力に関し、「期待外れ」が42・8%。「初めから期待していない」が34・5%という結果も気になります。
 
 小泉・前首相のように安倍さんに起死回生のサプライズは可能でしょうか。血液型による行動研究家の辻田与五郎さん(秋田県横手市在住)によれば、安倍首相はB型。B型の人は問題が起きたときに「楽観的に考える(何とかなるだろう)」とか。たぶん、安倍政権が国民の意識と乖離しつつある危機的な状況にあることに、気がついていないのでしょう。

# by shouichiro_sato | 2007-02-05 23:14 | 国政・時事 | Comments(0)  

日銀秋田支店の論文を読んで

 2日に行われた日銀秋田支店の定例記者会見で、高田恭介支店長が秋田県における産業構造改革に向けての一考察として、「航空機・自動車関連産業の育成・集積(Plane&Car Valley秋田)を目指して」という提言を発表したことが報道されていましたので、同支店のホームページに掲載されている論文(執筆者・北原潤、高田恭介両氏)を読んでみました。

 要旨は、①現在の秋田県が抱える最大の問題は人口減少であり、子育て世代(20~49歳)の県外流出を防止するためには県内に新たな産業を育成・集積して、雇用の場を創出することが喫緊の課題である。②産業構造では景気のリード役である製造業のウエイトが低いうえに、IT関連産業が主で業種の広がりに乏しい。③今後育成・集積していく産業としては、経済波及効果・技術波及効果の大きさや世界的な需要動向を勘案すると、「航空機関連産業」と「自動車関連産業」が有望だ。④解決すべき課題や取り組むべき施策は山積しているが、企業、大学・研究機関、行政、金融機関の4者の連携強化が不可欠・・・・・・・・と提言し、世界経済が拡大を続け、日本経済が緩やかながらも拡大軌道にある今こそ、本年を「秋田県産業構造改革元年」と位置づけて、主力のIT関連産業とのシナジー効果が働くような産業構造を作り上げていくことが重要だと結んでいます。

 特に航空機関連産業については、愛知県と岐阜県が全国の5割以上のシェアを占めており、同地域以外に主要集積地がなく先行メリットが享受できる可能性が高いこと。世界的にも需要の見通しが良好なこと。国内では部品の調達先が不足していること。技術波及効果が大きいことをあげ、参入メリットは自動車関連産業に比べても決して小さくないとしています。

 そこで思い出したのが、13年前に初めて岐阜に来ていたときに知った、梶原拓・前岐阜県知事の講演の一部です。「ポスト自動車、自動車の後に来る主流産業は何かとわれわれも研究している。間違いないところが、情報通信と航空宇宙だというふうに思う」(平成6年1月、岐阜県産業人クラブ新春講演会)。それから10数年経った今はどうなのか。興味があったので今日の休みを利用し、早速、各務ヶ原市にある「かがみがはら航空宇宙科学博物館」を訪ねてみました。

 確かに、中京圏域では各務ヶ原市や愛知県小牧市周辺を拠点に川崎重工業などの大手航空機メーカーが立地し、わが国の航空機産業を牽引してきた歴史があります。ただし、軍事転用性が高い産業であるために障壁も多く、YS-11型機が製造されて以来、国産の旅客機は誕生していません。しかしながら最近では、わが国も国際的な共同開発への参入が進み、産業規模が拡大してきたといわれています。事実、米国ボーイング社の新型機「ボーイング787」の機体製造にも参画しており、先月には中部国際空港(セントレア)に、製造された787型機の胴体を丸ごと積み込む巨大な輸送機が試験飛行にやってくるなど、エネルギー効率が良く、技術力に優れた「日本の物づくり」が注目され、にわかに活気がでてきました。

 同博物館でも、この地域からわが国の航空機産業や宇宙開発事業が発展してきたと説明していましたが、その一画には秋田県にあるロケットエンジン実験場も紹介されており、不思議と縁のあることも感じました。 

 秋田県の産業に思い切って新たな分野を導入しない限り、先行きは暗くなるばかりだということは誰もがうすうす分かっていながら、県内からは大胆な提言や行動がなかった中で、今回の日銀秋田支店の論文は県民に希望を与えてくれているような気がします。小手先の振興策でなく、抜本的に秋田の将来を考える政策・取り組みが必要なのです。皆さんも是非、同支店のホームページに掲載されている論文を読んでみてください。お薦めします。

# by shouichiro_sato | 2007-02-04 16:49 | 産業振興 | Comments(0)  

安倍総理が来県

 安倍晋三総理大臣は3日、昨年9月の就任以来はじめての地方出張で大仙市を訪問し、「花火のまちづくり」を進める大曲の商店街や清水の野菜生産農家、神宮寺の酒蔵などを視察しました。

 実は2週間ほど前、秋田県を電撃訪問するというニュースが「週刊あきた」で報道されていましたが、その時は直前に中止。どういう目的で来県するのかも不明でした。まさか、通常国会が始まり、柳沢厚生相の発言をめぐって野党が審議に参加せず、与党単独で補正予算が衆議院を通過したこの時期に来県するとは、思ってもいませんでした。

 安倍総理は秋田新幹線で大曲へ。JR大曲駅前の空き店舗を利用した花火情報の発信拠点「花火庵」では、町おこしNPOのメンバーらと意見交換し、「頑張っている地域を応援するのが私の内閣の基本姿勢。大曲の花火を世界に発信できるようお手伝いをしたい」と述べるなど、地域の特性や創意工夫を活かした地域再生の取り組みを支援する考えを表明しました。

 内閣支持率が低下し、大都市と地方の格差が拡大するなど、小泉前首相時代の改革の弊害が指摘されている中で、今年夏の参議院議員選挙に向けて、地方を重視する姿勢をアピールするねらいがあるようですが、地方視察の最初に大仙市を選んでくれたことには県民の一人としてうれしく思います。故御法川英文代議士の現役時代から、安倍総理の指南役でもある森元首相や中川自民党幹事長ともご縁のある地域だけに、そうした配慮もあったのでしょうが、地域で頑張っている皆さんにとっては「元気が出てくる激励」になったことでしょう。

 しかし、自民・公明両党の与党が絶対多数を占める国会運営は、強引に乗り切ることができるにしろ、佐田前行革担当相や本間前税制調査会長の辞任劇で国民が感じた「決断力不足」や「場当たり的」という評価は、今回の柳沢厚労相の問題でも同じ。緩んできた内閣の「タガ」を、いかにして締めなおすことができるか、注目していきたいと思います。

# by shouichiro_sato | 2007-02-03 23:48 | 国政・時事 | Comments(0)