木造船

 今月23日の夜に由利本荘市の本荘マリーナ付近に漂着した木造の漁船?から、8人の北朝鮮の漁師(当事者の発言)が保護された出来事。「イカ釣り漁をしていてエンジンが故障し、1ヶ月半も漂流していた」とは驚きました。そして今日は、男鹿市の宮沢海岸に漂着した木造船から、一部が白骨化した8人の遺体が見つかりました。

 この頃は日本海側のあちこちに北朝鮮のものとみられる木造船が漂着しており、異常な事態です。

 漁に出ている船が遭難したのか、それとも脱北のために海へ乗り出した船なのかはわかりませんが、日本海が荒れ狂うこの寒い時季に、小さな木造船で海へ出るとは、一体どうなっているのでしょう。

# by shouichiro_sato | 2017-11-27 23:55 | 事件・事故 | Comments(0)  

首都圏羽後町会

 首都圏羽後町会(会長・三浦芳博さん)の第32回総会・ふる里まつりがきょう、東京都千代田区のアルカディア市ヶ谷で開かれ、参加された210名ほどの皆さんと交流を深めました。

 総会では第2代会長の千葉修二さんをはじめ、武田七郎さん、中川一昭さん、小西慎司さん、大野新二さん、石山健次郎さん、大野良三さんの歴代会長に感謝状を贈呈。代表して第3代会長の武田さんが「首都圏在住の出身者を町で調査し、8千人ほどに羽後町会の設立案内を送付した記憶がある。初代会長は田代出身の故・菅原甫さん(衆議院議員・菅原一秀さんの父)で、3月15日に初会合を持ったが、当日は東京が大雪となり交通機関が止まり、150人程しか集まることができなかった。そんな訳で秋にもう一度、総会を開いた。故郷の言葉で語り合える機会であり、本当にうれしかった」と、会発足当時のエピソードを語っています。

 ふる里まつりでは参加された皆さんのチャリテーにより、今年も車椅子2台が町社会福祉協議会に贈呈されました。会員有志による民謡などに続いて、田代出身の歌手・岩本公水さんもサプライズで歌を披露し、大いに盛り上がりました。。

f0081443_10441581.jpg
  (写真・ふる里まつりでは首都圏在住の皆さんが「西馬音内盆踊り」を披露)

# by shouichiro_sato | 2017-11-26 22:37 | 今日の出来事 | Comments(0)  

県議会報告会

 恒例となっている「県議会報告会」を、今回は平成30年1月21日(日)午後2時から、コプニ巨福(西馬音内中野)で開催することを決めました。

 今年の県議会で焦点になった出来事や県の施策、湯沢雄勝地域の課題とこれからの方向等について報告させていただきます。また、特別ゲストにもご来場いただき、国政や県政の話題についての講話をお願いする予定です。

 報告会終了後は会費制による懇談会も計画しておりますので、是非ともご来場ください。

# by shouichiro_sato | 2017-11-25 22:30 | 政治活動 | Comments(0)  

大雪だ・・・

 まだ11月だというのに、きょうは朝方から雪が降りだし、今夜も降り続いています。これなば「大雪だ・・・・」。

f0081443_22174881.jpg
 (写真・自宅に帰る途中の北沢道路は積雪が30cmを超えていました。午後9時過ぎ)

# by shouichiro_sato | 2017-11-24 22:21 | 今日の出来事 | Comments(0)  

勤労感謝の日

 きょうは「勤労感謝の日」。冬支度も終わっており、朝から雨模様でしたから、ゆっくりさせてもらいました。

 母は「五輪坂温泉としとらんど」行き。月~金曜日は、同温泉の送迎バスが町内各地域を巡回しており、木曜日は田代地区の日。近所の温泉仲間(年輩の方々です)と、お弁当を持って出かけました。

 私たち夫婦は大仙市のショッピングセンターへ。冬季の除雪などで使う作業用防寒具を探しに行ったものの、高価格?なものばかりで諦め、久しぶりにシルバー割引で映画鑑賞(チケットを提示したら昼食代も割引に)。防寒具は帰路の途中に作業用品専門店へ寄ってみたら、なんと税込み2900円。・・・・・得をした気分の一日でした。

 息子と娘は、仕事の性質上、祝日であっても出勤でした。

# by shouichiro_sato | 2017-11-23 21:50 | 家族・仲間 | Comments(0)  

「根拠不十分」

 大阪の学校法人「森友学園」に国有地が(ゴミの撤去費用として)約8億円も値引きされて売却されていた問題で、会計検査院は「値引額の算定方法には十分な根拠が確認できない」とする検査結果を国会に報告しました。

 値引きの根拠となったゴミの撤去費用について会計検査院が試算し直したところ、国土交通省大阪航空局が推計した処分量の31~71%にとどまることが判明。1㌧当たりの処分単価がどのように決まったかを示す資料もなかったとか。さらに、財務省近畿財務局や同航空局とも、関係文書をすでに破棄しているため、「妥当性について検証を十分行えなかった」としています。

 政府は国会で「適正な売却だった」と繰り返してきましたが、あらためてその根拠を説明する必要があります。国有地の売却に当たった事務方が、どのような基準に基づいてこうした対応をしたのか。文書の破棄は恣意的に行われたのではないか。一時にせよ、安倍首相の夫人が開設予定の小学校の名誉校長を務めていたことで、官僚が「忖度」して便宜を図ったのではないか。

 会計検査院の報告によって、森友学園問題は再び注目されることになりました。

# by shouichiro_sato | 2017-11-22 23:24 | 国政・時事 | Comments(0)  

災害復旧

 県はきょう県議会各会派と県政協議会を開催し、7月の大雨で甚大な被害を受けた地域の災害復旧事業について、9月議会に続く補正予算案を内示しました。

 由利本荘市の芋川、大仙市の福部内川の河川改修、横手市の上溝川の築堤工事などに計上された予算は約28億3千万。その上、今後に受ける道路や河川の災害査定調査に9億7千万余を計上しています。

 国でも雄物川の氾濫が続いていることから、大仙市などでの築堤工事を急ぐこととし、今後6年ほどの期間で200億を超える事業が計画されています。

 県は今後も、大仙市の土買川などの災害復旧に約40億円程度が必要と見て、査定が完了後にさらなる補正予算を計上する予定です。

# by shouichiro_sato | 2017-11-21 23:21 | 秋田県 | Comments(0)  

除雪機始動

 当地では昨日の朝に積雪を記録していましたが、昨夜に降った雪で今朝は除雪車が出動。我が家でも自宅前の除雪のために除雪機を始動しました。きょうも夕方から雪が降りだし、現在の積雪は15cmになっています。

 日本列島はこの晩秋で一番の冷え込みとなり、各地から雪の便りが届きました。急激な気象の変化が続きますので、体調管理には十分にご注意ください。

# by shouichiro_sato | 2017-11-20 22:00 | 社会・話題 | Comments(0)  

郷土芸能部

 県内の高校にある郷土芸能部などの合同発表会が秋田ふるさと村ドーム劇場(横手市)で開かれ、日頃の成果が披露されました。参加したのは出演順に秋田北高箏部、大曲農業高太田分校郷土芸能部、十和田高毛馬内盆踊同好会、大曲農業高郷土芸能部、男鹿海洋高郷土芸能部、羽後高郷土芸能部、由利高民謡部、角館高飾山囃子部、秋田和洋女子高郷土芸能部の9団体。主催は秋田県高等学校文化連盟。

 この「郷土芸能・日本音楽合同発表会」は今回が50回目。各校が不断の努力を積み重ねてきた演技と演奏は誠に素晴らしく、高校生のエネルギーと伝統文化を伝承していこうという心意気に、感動しました。

f0081443_07544985.jpg
f0081443_07554461.jpg
f0081443_07562402.jpg
f0081443_07565721.jpg

(写真上から・十和田高の「毛馬内盆踊り」、大曲農高の「田沢湖生保内祭典梵天祭」、男鹿海洋高の「男鹿の伝説 なまはげ太鼓」、由利高の「民謡 鳥海山の麓より」)

# by shouichiro_sato | 2017-11-19 21:39 | 今日の出来事 | Comments(0)  

まんじゅう博覧会

 「まんじゅうミニ博覧会」が羽後町の道の駅うご・端縫いの郷で始まりました。あす19日まで。

 黒砂糖を使った薄皮の「西馬音内まんじゅう」、塩気のある「そば饅頭」、独特のもっちり感がある「若返りまんじゅう」、味噌味の「味噌饅頭」、それに「橋場まんじゅう」や「佐々木まんじゅう」など、人気のまんじゅうが約20種類もそろいました。主催は羽後町菓子組合と県南8ヵ所の道の駅でつくる県南みちっこ倶楽部。

 羽後町はまんじゅうの宝庫で、老舗を含む8店舗で製造されており、味にも形にもそれぞれに特色があります。毎朝の限定販売で予約をしなければ買えない貴重なまんじゅうから、県内外で広く販売されている有名なまんじゅうまで様々あり、お菓子(まんじゅう)の専門家からも注目されている土地。以前には、全国に先駆けて「まんじゅうサミット」を開こうとしたこともありました。

 会場では県南の道の駅が持ち寄った特産品による「じまんこ市場」も同時開催されているほか、町内で製造・出荷され東京の三越や伊勢丹の洋菓子コーナーで人気の「ラスク」、各地の団子などのお菓子も販売されています。

# by shouichiro_sato | 2017-11-18 20:20 | 産業振興 | Comments(0)