鳥海山

 きょうは朝から快晴に恵まれ、鳥海山の雄姿を一日中見ることができました。

 冬季閉鎖されていた鳥海ブルーラインも大型連休前に開通しており、たぶん多くの人でにぎわったことでしょう。鳥海山を囲む自治体では連携して環境整備を進めており、大きな観光資源です。観光客の減少はあるにしても、山の魅力は今までと変わりなく、そこに存在しています。

 鳥海山は標高が2,236mで東北最高峰。我が家から見える姿は見事な金字形ですが、にかほ市や酒田市などから見るとそれぞれの形をしているところも面白いですネ。

f0081443_21454830.jpg
   (写真・標高400mの南由利原にある大谷地沼と鳥海山。第一展望台から)

# by shouichiro_sato | 2017-05-03 22:21 | 今日の出来事 | Comments(0)  

携帯電話

 今では生活の必需品となっている携帯電話。愛用のスマホは2年前に機種変更していたものですが、このところバッテリーの消耗が早くなり、時々は操作に反応しなくなり固まって?しまうことも・・・。精密な電子機器だけにオンチの自分にはなんとかすることもできず、湯沢市の販売店に行ってきました。

 3~4月にかけては店舗が大混雑していると聞いていましたので、ゴールデンウィーク中の平日を狙い、午前10時の開店と同時に入店。修理するよりは機種変更したほうが良いと勧められ、手続等を経て約1時間後には新しいスマホをゲット。ところが、手持ちのスマホから登録している電話番号や写真データを新しいスマホに移すのに多大な時間がかかってしまい、店を出たのは午後2時前。

 その間、店には多くのお客さんが来場しているものの、受付では午前中から「3時間ぐらい待ってもらっています」とのこと。カウンターは多くあるのに対応する社員が少ないためか、終日混雑しているとのことでした。

 便利なスマートフォンですが、また最初から、操作の仕方を学ばなければなりません。

# by shouichiro_sato | 2017-05-02 22:58 | 家族・仲間 | Comments(0)  

髙橋優さん

 シンガー・ソングライターの高橋優さん(33歳・横手市山内出身)がきょう、9月2、3日に由利本荘市の鳥海高原・花立グランドで野外音楽フェスティバルを開くことを発表しました。優さんは昨年、横手市の野球場で同フェスティバルを開催し、2日間で1万6千人が来場。県内13市で開催することを目標にしていると話していました。

 今年のフェステバルでは「フェス参加は若者だけの特権ではない。高齢者も気軽に訪れて、ゆっくり満喫できる場にしたい」(高橋さん)として、いろいろな工夫を考えているとか。フェステバルには高橋さんのほかに、複数のアーティストも出演する予定です。楽しみですネ。

 尚、今年3月22日からJR秋田駅の秋田新幹線ホームでは、発車メロデーに高橋さんの代表曲「明日はきっといい日になる」のサビの部分が流れています。


 《 カメラスケッチ・桜満開 》

f0081443_8104331.jpg
  満開となった「おしら様」の枝垂れ桜は、樹齢200年以上。地元の有志が手入れを続け、今では多くのお客さんが訪れています。1日午後4時頃、湯沢市横堀字赤塚で。

# by shouichiro_sato | 2017-05-01 23:00 | 秋田県 | Comments(0)  

俵屋火事

 今から130年以上前のきょう、明治19年4月30日には秋田市川反4丁目から出火し、強風にあおられた火は秋田市中心部を燃えつくし、約3500棟余りの家屋を焼失。犠牲者17人、186人が負傷、2000人を超える人が避難生活をしています。

 昨年観たわらび座の舞台「ハルらんらんー和崎ハルでございます」のクライマックスでも、女性を守る運動のきっかけとして紹介されていましたが、大惨事でした。秋田市では久保田の町の時代から、幾度も大きな火災を経験しています。こうした悲しい歴史を二度と繰り返さないよう、火の取扱いには十分に気を付けたいものです。

 というのは、当地でも10年以上前のこの時期に5棟が焼ける火災があり、我家も大正時代に麹室から出火して家屋を全焼した出来事があるからです。

 この時期は空気も乾燥しておりますから、火のもとには、十分に気をつけてください。

# by shouichiro_sato | 2017-04-30 22:37 | 今日の出来事 | Comments(0)  

昭和の日

 きょうは「昭和の日」。激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす日です。昭和の時代には「天皇誕生日」の祝日であり、大型連休の初日に当たることから、嬉しく思う日でもありました。

 しかしながら今朝は、北朝鮮がミサイルを発射したとのニュースで一日が始まりました。最近の北朝鮮では度々ミサイルが発射されており(今月はこれで3回目)、緊張が高まっています。

 午前9時30分からは湯沢市中央公園野外音楽堂において、連合秋田横手湯沢協議会(議長・齊藤斎さん)が主催する「第88回メーデー」。湯沢雄勝地区内の各労働組合から200人余りが参加し、雇用の確保と賃金などの労働条件の改善を要求。私も参加し、連帯の挨拶をしています。

 夕方には、27日に続いて再び大仙市大曲へ。「大曲の花火~春の章~」は、国際花火シンポジュームの関連イベントで今夜が最終日。前日までの3回より、打ち上げ玉数も多く、プログラムも豪華版とあって、指定のイス席は完売。花火ファンの仲間と自由スペースでゆっくり観覧してきました。

 海外からは中国、イギリス、メキシコの3業者が、リズミカルに大量の花火を打ち上げて、パワーで会場を沸かせます。一方、日本の花火は美しく繊細な尺玉や伝統的な技法の花火を中心に、夜空のキャンパスを余すところなく使って一段と鮮やか・・・・、見事でした。

# by shouichiro_sato | 2017-04-29 23:46 | 今日の出来事 | Comments(0)  

折り返し

 現在の秋田県議会議員の任期満了日は平成31年4月29日であり、明日で就任から2年が経過して、5月からは後半となります。

 県議会では折り返しのこの時期に、慣例により常任委員会などの所属変更が行われることになっており、きょう開かれた議会運営委員会で新たな所属(案)が示されました。5月11日の本会議で決定します。

 私は4年前の補欠選挙で初当選後、福祉環境、農林水産の各委員会に所属してきました、今度は建設委員会に変わる予定です。偶然にも農林水産委員会から4人が移ることになりましたが、県民生活の基盤である社会インフラの整備などに取り組んでいきます。また、議会運営委員会には引き続きみらい会派のメンバーとして所属します。

 ところで、議員の任期は4年であり、法的には議長や副議長も選挙後の議会で選任されれば4年間務めることができます。しかし、所属議員の多い最大会派の事情?で、2年の折り返し時に「辞表」を出すのが慣例になっているとか。そんな訳で、早くも次期議長候補者の名前が報道されています。

# by shouichiro_sato | 2017-04-28 23:55 | 秋田県議会 | Comments(0)  

花火シンポジューム

 大仙市で今月24日から開かれている「第16回国際花火シンポジューム」には、日本を含む37の国と地域から花火の専門家や企業、関係者400人が参集。登録していない個人は研究発表などへは参加できませんが、夜に雄物川の河川敷で開かれる「大曲の花火~春の章~」は、花火の魅力が満載。世界の花火と日本の花火の競演は、どなたでも観覧可能です。(入場料1人1000円が必要)

 幸いにも今夜、その「世界の花火 日本の花火」に出かけてきました。日本の花火では「大曲の花火~創造花火の部~」で有名な日本を代表する企業が5分以上の熱演。世界の花火ではスペインの企業「ピロテクニア・リカルド・カパレ」が、フラメンコなどの軽快な音楽に合わせて、立体的な4部構成で10分以上も打ち上げ、圧倒されました。

 プログラムでは日本煙火芸術協会に加盟する花火師による10号割物の競演が2回あり、締めくくりはこれまた日本代表企が打ち上げる「美しき日本の花火」。約1時間に亘る花火でしたが、内容の充実した花火の数々に感動しました。

 「大曲の花火~春の章~」は28日と29日にも開催されます。是非ともお出かけください。

 《追伸》 感動が連続するあまり、写真を撮ることを忘れてしまいました。

# by shouichiro_sato | 2017-04-27 23:29 | 産業振興 | Comments(0)  

「♯東北でよかった」

 「(大震災が)まだ東北だったからよかった」と失言した今村復興大臣がけさ、安倍首相に辞表を提出して辞任しましたが、きょう未明からSNSでは「東北でよかった」という東北の魅力を伝えるツイートが多数投稿されているとか・・・。大臣の発言を逆手に取ったハッシュタグが盛り上がっています。

 東北各地のまち並みや満開の桜、伝統行事などの魅力的な画像であふれ、「すてきだ」「感動した」などという共感が広がっています。

 東北の人はどちらかというと我慢強く、強烈な発言をする人が少ないこともあり、中央目線で見ると復旧・復興が進んでいるように見えるのかもしれませんが、大津波に襲われた沿岸部の地域では土地の嵩上げなど、基盤づくりの途中。原発事故のあった福島県などでは帰還できずにいる人も多くいます。そうした現実の苦しみに心を寄せていなかった大臣には、がっかりしてしまいました。

 それに比べて、ツイートされた心温まる数々のメッセージ。本当に「東北でよかった」ことがたくさんありますネ。

# by shouichiro_sato | 2017-04-26 23:40 | 社会・話題 | Comments(0)  

今村大臣

 今村雅弘復興大臣(衆院九州比例・当選7回、70歳)がきょう行われた派閥の講演で、「(震災が)これがまだ東北で、あっちの方だったからよかった。首都圏に近かったら甚大な被害があった」と発言。その後に挨拶した安倍晋三首相は「東北の方々を傷つける極めて不適切な発言だ。お詫びさせていただきたい」と謝罪。結局、辞任することになりました。

 今村氏は今月4日の記者会見で、東京電力福島第一原発の事故に伴う自主避難者の帰還について、「自己責任」との認識を示し、質問した記者に対して「出ていきなさい」と恫喝するなど、これまでも問題ある言動を繰り返していました。

 大臣にはなったものの、被災地の復興については心が寄り添っていませんでしたね。

# by shouichiro_sato | 2017-04-25 22:17 | 国政・時事 | Comments(0)  

僅差の勝利

 23日に投開票が行われた宮城県登米市と栗原市の市長選挙は、現職と現職が後継指名した候補者がともに僅差で敗れ、新人が当選しました。

 登米市は熊谷盛広氏(元県議・66歳)が22567票を獲得し、4選を目指した現職(55歳)に146票差で勝利。栗原市は千葉健司氏(元市議・60歳)が20791票で、前副市長(60歳)との差は42票という、大接戦でした。

 両市は「平成(17年)の大合併」を機会に、登米市は登米郡8町と本吉郡津山町の9町で誕生。新しい市役所の建設や公共施設の中心地への集中など、合併後の周辺地域で不満が高まっていました。また、栗原市は栗原地域の10町村で誕生。合併後の3期12年にわたる現職市長の市政運営の検証と、原発事故による汚染牧草の処理問題などが争点になりました。

 秋田県由利本荘市と宮城県石巻市をむすぶ国道398号の沿線にある自治体だけに、何かとご縁があり、選挙の行方を気にかけていました。当選された新市長にはシコリを残さず、市民一丸となったまちづくりを進めていただきたいと思います。

# by shouichiro_sato | 2017-04-24 22:55 | 地方自治 | Comments(0)