<   2017年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 

僅差の勝利

 23日に投開票が行われた宮城県登米市と栗原市の市長選挙は、現職と現職が後継指名した候補者がともに僅差で敗れ、新人が当選しました。

 登米市は熊谷盛広氏(元県議・66歳)が22567票を獲得し、4選を目指した現職(55歳)に146票差で勝利。栗原市は千葉健司氏(元市議・60歳)が20791票で、前副市長(60歳)との差は42票という、大接戦でした。

 両市は「平成(17年)の大合併」を機会に、登米市は登米郡8町と本吉郡津山町の9町で誕生。新しい市役所の建設や公共施設の中心地への集中など、合併後の周辺地域で不満が高まっていました。また、栗原市は栗原地域の10町村で誕生。合併後の3期12年にわたる現職市長の市政運営の検証と、原発事故による汚染牧草の処理問題などが争点になりました。

 秋田県由利本荘市と宮城県石巻市をむすぶ国道398号の沿線にある自治体だけに、何かとご縁があり、選挙の行方を気にかけていました。当選された新市長にはシコリを残さず、市民一丸となったまちづくりを進めていただきたいと思います。

by shouichiro_sato | 2017-04-24 22:55 | 地方自治 | Comments(0)  

春が来た

 桜前線が北海道に上陸したニュースがありましたが、我家の周りにも春の萌しが感じられます。

 きょうまでに庭木の雪囲いを外し、家族の車のタイヤ交換も完了。ただし、家の雪囲いは北東部分の日陰に積雪が残っているため、大型連休まで先送りです。

 (執筆中)

by shouichiro_sato | 2017-04-23 20:04 | 家族・仲間 | Comments(0)  

設計業者選定

 県と秋田市が連携して進めている新しい文化施設について、設計業者を選定する最終審査に向けた公開プレゼンテーションが秋田市役所で行われました。新たな施設の設計業者は公募で選ぶことになっており、7人の選定委員と約200人の市民らが見守る前で、最終審査に残った5チームが設計のコンセプトや外観の特徴、施設配置と構造などについて発表し、選定委員の質問にも応えています。

 応募した9チームから書類等で選考された5チームは、いずれも国内で同様の文化施設を設計してきた専門家だけに、立地条件を活かした施設のコンセプトや配置などは素晴らしく、甲乙つけがたい作品でした。(注・会場では報道機関による報道のための撮影以外は禁止されているため、写真等で紹介することはできません)

 プレゼンテーション後に行われた選定委員による協議で、東京と秋田市にある設計業者の共同事業体に決まり、公表されました。

 しかし、建設予定地の県民会館所在地は、文化財等の制約がある狭い敷地であることと駐車場が少ない。隣接する高校の移転補償と土地の取得、車やバスでのアクセス、現有施設の解体に伴う4年もの文化活動のブランク、高騰する事業費等々、心配される課題が解決されていないため、これからも慎重に検討していきたいと思っております。 

by shouichiro_sato | 2017-04-22 23:15 | 秋田県議会 | Comments(0)  

通行止め解除

 宮城県と秋田県を結ぶ国道398号で、冬季の通行止めとなっていた「栗原市温湯~湯沢市奥小安」間がきょう正午、開通しました。

 同路線は両地域の観光、経済、暮らしにかかわる重要路線ですから、一日も早い開通が望まれていました。今年もゴールデンウィーク前に通行が可能となって、安心しました。

f0081443_23132297.jpg
  (写真・398号の湯浜峠で再会の握手をする鈴木俊夫湯沢市長と佐藤勇栗原市長)

 ところで、栗原市では23日の投票日に向けて、市長選挙と市議会議員選挙の真っ最中。今期限りで勇退する佐藤市長(3期目・74歳)は、8年ぶりに湯沢市長に返り咲いた鈴木氏(66歳)と旧知の仲。「任期が終わったらこの道路を通って小安に行き、美味しいうどんでも食べて温泉につかり、ゆっくりしたい」と話していました。

by shouichiro_sato | 2017-04-21 23:18 | 今日の出来事 | Comments(0)  

一強の緩み?

 自民党の衆議院議員が18日、女性問題で経済産業大臣政務官を辞任しました。安倍内閣では今年の2月以降、内閣府政務官が自らの発言で引責辞任したほか、法務大臣や防衛大臣、さらには復興担当大臣や地方創生担当大臣が、その言動で謝罪と撤回を繰り返しています。

 与党の一強状況が続く中、緊張感がなく緩みが出てきているようで、心配です。

 特に自民党では、当選1~2回生の若手議員に関わる不祥事?が多いとか。2012、2014年の過去2回の衆議院選挙で圧勝した同党は、1、2回の当選組が実に4割を超えています。今後も安定多数の議席を維持して自民党政権を続けるには、1~2回生がどれだけ再選を果たせるかがポイントですから、くれぐれも謙虚に、慎重に、襟を正して活動してください。

by shouichiro_sato | 2017-04-20 23:37 | 国政・時事 | Comments(0)  

ミサイル着弾?

 宮城県大崎市で午前8時半ごろ、「ミサイルが発射され、当地域に着弾する可能性があります。屋内に避難し、ラジオ、テレビをつけてください」という防災行政無線の放送があり、市民がびっくりする出来事がありました。

 Jアラート(全国瞬時警報システム)の機器整備中に、国のプログラムに組み込まれた全国共通音声が2度流れてしまったもので、誤報に気付いた職員が、その後に7回にわたり訂正放送をしたとのこと。北朝鮮によるミサイル発射が話題になっている時期だけに、驚いたことでしょう。

 災害発生や緊急事態への備えは重要であり、(防災行政無線では)どういう放送が予定されるのか市民に事前に周知しておくことも必要です。緊急時は放送担当の職員が不在の場合も考えられ、機器の操作についても習得しておかなければなりません。

 地方では防災行政無線の整備が進んできましたが、今一度、運用の仕方についてもしっかり身に付けることが必要でしょう。

by shouichiro_sato | 2017-04-19 22:53 | 地方自治 | Comments(0)  

北東アジアフォーラム

 北東アジア地区地方議会議長フォーラムが秋田市で開かれ、日本やロシア、モンゴル、中国、韓国の5カ国から13の地方議会の議長など、150人が参加しました。同フォーラムは2009年に始まり、今回が8回目。秋田県では初めての開催です。

 会合では渋谷正敏秋田県議会議長が議長となり(秋田県と秋田市を除く)11議会の各代表が文化、観光、経済の交流拡大をテーマに、現状や取り組んでいる事業、今後の方向などについて意見を発表。北東アジアの情勢には不安定要素はあるものの、地域や民間レベルでも交流を発展させる必要があるとの認識を共有しました。

 来年の平昌冬季五輪、2020年の東京五輪などを見据えて相互訪問を続けるなど、覚書も交わしています。次回は来年、モンゴルで行われます。 

f0081443_0455413.jpg
   (写真・覚書に署名し握手をする、渋谷正敏秋田県議会議長と11議会の代表)

 秋田県と秋田市のほか、参加した地方議会は《日本》新潟市、山形県、富山県、《韓国》忠清南道、江原道 《中国》吉林省、延辺朝鮮族自治洲 《モンゴル》トゥブ県 《ロシア》沿海地方、ウラジオストク市、ハバロフスク市です。

by shouichiro_sato | 2017-04-18 23:40 | 秋田県議会 | Comments(0)  

支持率低下

 産経新聞社とフジニュースネットワーク(FNN)が15、16日に行った合同調査によると、民進党の支持率は6.6%(前回比1.8ポイント減)で、昨年3月の結党以来、最低を更新しています。国会では学校法人「森友学園」(本部・大阪市)問題などを追及していますが、支持の回復には至っていません。低迷の理由は、旧民主党政権を支えた無党派層の支持が戻らず、一部は共産党に流れていると分析しています。

 自民党は42.5%で、3月に実施した前回と比べて、4.5ポイント増。他には共産党4.9%、公明党3.4%、日本維新の会3.1%、社民党1.3%などとなっています。「支持政党なし」は35.0%でした。

 尚、安倍内閣の支持率は59.3%で、前回比1.9ポイント増えていました。

by shouichiro_sato | 2017-04-17 23:36 | 国政・時事 | Comments(0)  

快進撃

 プロ野球パ・リーグは、楽天が日本ハムに延長10回4-3でサヨナラ勝ちし、今季3度目の3連勝。リーグ一番で10勝に達しました。セ・リーグは広島が阪神に1-2で敗れたものの、すでに11勝。ともに勝率が8割を超える快進撃が続いています。

 開幕ダッシュで勢いつく両チーム。楽天は外国人選手の活躍が目立つものの、今後も持続できるのか。昨年のセ・リーグ覇者広島は、盤石な体制のようで、共にこれからの展開が楽しみです。

 ただ、昨年日本一に輝いたパ・リーグ日本ハムは勝率2割台で、最下位に低迷。一体どうしたんでしょうか・・・・。頑張れ!日本ハム。

by shouichiro_sato | 2017-04-16 23:56 | スポーツ | Comments(0)  

ジパング青春記

 あきた芸術村・わらび劇場(仙北市)の公演「ジパング青春記ー慶長遣欧使節団出帆」は、きょうが初日。今から400年以上も前、慶長の大震災で大きな被害を受けた仙台藩で、サン・ファン・バウティスタ号を出帆させた伊達政宗と支倉常長。その船に乗りたい夢を持つ若者を描いたミュージカルで、作・作詞・演出は横内謙介さん(東京・劇団扇座主宰)、作曲・深沢桂子さん(東京)です。

 今回はわらび座のベテランと若手俳優陣に、主演のリウタ役・松本旭平さん(エルピス・エンタテインメント)とフリーの俳優3人が加わり、新鮮かつ重厚、楽しい舞台になっています。登場人物にも感動しますが、各場面に出てくる「猫」たちには、参りました・・・・。

 11月26日までの公演ですから、是非ともお出かけください。

f0081443_825742.jpg
  (写真・「ジパング青春記」に出演している皆さん。初日の記念レセプションから)

by shouichiro_sato | 2017-04-15 23:46 | 今日の出来事 | Comments(0)