<   2016年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

燃費不正

 三菱自動車が販売している「RVR」「パジェロ」「ミラージュ」などの8車種について、販売用のカタログで公表していた燃費より、最大で8.8%下回っていたことが、国土交通省の調査で分かりました。

 同社では4月、軽自動車4車種の燃費データ改ざん問題が発覚し、対象となる車の生産と販売を中止。6月には過去10年間に販売した20車種のうち、14車種で不正を行っていたとの調査報告書を公表。顧客への補償や経営責任を明確にして、この問題は一段落したと思っていましたが・・・・。

 今回は、自社で再測定した5回のデータのうち、結果の良かった3回のデータだけを使って燃費計算をしていたとか。「法令違反ではない」としながらも、国交省の修正指示を受けて新しい燃費値を申請しています。

 エコカー減税のランクが変わることで増える顧客の納税額は、同社からの賠償金で補填するというものの、1ヵ月足らずで再び社長が謝罪するとは、メーカーへの信頼を大きく失墜させることになりました。

by shouichiro_sato | 2016-08-31 23:40 | 事件・事故 | Comments(0)  

台風上陸

 台風10号は強い勢力を保ったまま、午後6時前に岩手県大船渡市付近へ上陸。スピードを上げて北東に進んでいます。特に、岩手県や北海道の太平洋岸には、猛烈な雨が降っている模様です。

 NHKテレビとラジオは、朝から特別編成の番組で台風情報を伝え、記録的な豪雨と高潮などへの厳重な警戒、早めの避難を呼びかけています。

 県内では小中学校と特別支援学校の50数校で休校措置をとった他、ほとんどの市町村では終業時間を繰り上げて下校。羽後町でも全町を対象としては初めて、町内7ヶ所に避難所を開設し、緊急の事態に備えています。

f0081443_16474865.jpg
  (写真・東北地方への台風10号上陸を伝え、警戒を呼びかける「NHKニュース7」)

by shouichiro_sato | 2016-08-30 22:36 | 事件・事故 | Comments(0)  

台風10号

f0081443_13391983.jpg 強い台風10号が日本列島に沿う形で太平洋を北上しており、30日夕方には東北地方に接近し、上陸する模様です。普段の台風とは動きが異なり、太平洋側から北西方向に進み、東北地方に上陸するとなれば、気象庁の統計がある1951年以降では、観測史上初めてのこととか。 

(写真・八丈島の東海上で発生して西南に進み、一時は停滞。その後勢力を強めてUターンし、北上してきた台風10号)

 東北地方では記録的な雨が降る予報も出ており、「洪水や大規模な土砂災害が起きる可能性が高い」として、厳重な警戒を呼び掛けています。

by shouichiro_sato | 2016-08-29 23:22 | 事件・事故 | Comments(0)  

住民大運動会

 上到米地域にとって、年に一度の住民が集う機会となっている「第43回上到米地区住民大運動会」が、好天のもとで開催されました。各集落単位で6チームに分かれ、100m競争などの他に対抗種目(ビンつめ競争、縄ない競争、集団縄跳び、綱引き)で交流を深めています。

 会場となった旧上到米小学校グランドには、子供たちから年輩の皆さんまで300人余が集合。砂糖や日用品などの賞品が豊富で、どの競技にも多くの老若男女が参加し、笑顔のあふれる運動会となりました。集落対抗では3競技が終わって1位だった下唐松チームが、2位の蒲生チームと綱引きの初戦で対決して、逆転負け。総合優勝は蒲生、準優勝が下唐松でした。

 競技は正午過ぎに終わり、午後からは各集落単位の反省会が盛大に行われています。尚、今年は羽後町内でもきょう、全地区10ヶ所(西馬音内、三輪、新成、明治、元西、飯沢、仙道、田代、軽井沢、上到米)で一斉に「住民大運動会」が行われました。

by shouichiro_sato | 2016-08-28 22:53 | 地域活動 | Comments(0)  

大曲の花火

 第90回全国花火競技大会(大曲の花火)がきょう行われ、全国から選抜された28業者が技を競いました。心配された天気も回復し、絶好の花火コンデション。見事な花火の連続に、会場は大歓声につつまれています。

f0081443_170494.jpg

by shouichiro_sato | 2016-08-27 23:54 | 家族・仲間 | Comments(0)  

会田元吉さん

 妻・万里子のお父さんである会田元吉さんが25日朝に亡くなり、今夜は納棺でした。享年94歳、葬儀は明日行われます。

 横手市に来たご先祖(会田さんご両親)が山形県の出身で、青春時代は海軍に所属。戦艦「武蔵」の要員で、同艦船が撃沈された時には、暗黒の海に漂ったとのこと。生死をさ迷う時代を乗り越えて、お父さんは横手市に帰郷。竹の魅力を活かした仕事に就き、竹を扱う企業組合を設立。竹製品の製造から販売までを手掛けたほか、竹を取り入れた造園にも進出。「山形屋」の名称で多くのお客様にご愛顧いただきました。

f0081443_1647203.jpg お父さんと初めてお会いした時には、自宅にある茶室で石洲流のお手前でお茶をいただき、「真直ぐに伸びる竹の地中には、根っこが張り巡らされている」と、話してくれたのが忘れられません。厳格でありながら、温情あふれる言動に心を打たれたものです。 合掌。

 (写真・横手市「虹のホールアグレム」で)

by shouichiro_sato | 2016-08-26 23:22 | 家族・仲間 | Comments(0)  

民進党代表候補

 民進党の代表選挙に立候補を表明している蓮舫氏が23日、日本外国特派員協会で行った記者会見で「党のイメージを変えたい。岡田克也代表は大好きだが、本当につまらない男だ」と発言したことが、波紋を広げています。

 岡田氏は蓮舫氏から謝罪の電話があったことを明らかにしていますが、その場しのぎのウケを狙った言葉は、蓮舫氏の性格を表しているようで、残念でした。蓮舫氏と言えば民主党政権時代に行った「事業仕分け」で、相手を厳しく追及する言動で一躍注目されましたが、今思えばこれらも蓮舫氏特有のパフォーマンスでしかなかったように感じます。

 一方、前原誠司元外相もきょう、代表選挙に出馬する意向を表明しました。前原氏と言えば「コンクリ―トから人へ」のお題目で、計画されていたダム建設を中断し、地方のインフラ整備を行う公共事業などについて、「無駄なもの」という印象を与えてきた急先鋒。当時はマスコミにもてはやされましたが、東日本大震災や地方の衰退をうけ、国土の均衡ある発展のためのインフラ整備が必要であることは、当然のことになっています。

 蓮舫氏は「民進党には多様な人材がいて政策もある。残念ながら無いのは信頼だ」とも述べていましたが、今までの蓮舫氏や前原氏の言動からして、国民の信頼を得るのは至難の業のように思えてなりません。一過性のウケを狙うのではなく、もっと謙虚に国や国民の抱える課題について、政権与党に対峙するしっかりとした政策を提示してもらいたいものです。

by shouichiro_sato | 2016-08-25 21:18 | 国政・時事 | Comments(0)  

平松守彦氏

 「一村一品運動」を提唱するなど、アイデア知事として知られた前大分県知事の平松守彦氏が、21日に逝去しました(享年92歳)。大分県出身で、旧商工省(現経済産業省)から大分県副知事を経て、1979年の知事選挙で初当選。連続6期24年間の長期にわたり務めています。

 実は今から30年以上前、私は平松氏の講演を聞く機会に恵まれ、「視点を変えて、地域に自慢できるものを発掘しよう」という言葉に触発されたのが、その後の「うご牛まつり」や「雪とぴあ七曲」など、羽後町における地域興し活動の原点となりました。

 昭和61年には県町村会が主催する「秋田を興すシンポジューム」を県民会館などを会場に2日間開催し、平松氏が来県して基調講演。地方自治体の関係者が一堂に会し、秋田県のこれからを議論したシンポジュームは、「空前絶後の会合」(故高田景次・秋田市長)でした。

 一村一品運動は海外からも注目され、アジアの発展にも大きく貢献。1995年にはアジアのノーベル賞と呼ばれるマグサイサイ賞を受賞しています。シンポジュームへの出席依頼を始め、平松氏には当時の県町村会副会長・故佐藤吉郎氏(元羽後町長)とともに何回か面談し、地方の発展の道標を教示いただきました。 合掌。

by shouichiro_sato | 2016-08-24 22:19 | 地方自治 | Comments(0)  

台風9号

 22日昼に房総半島南部に上陸した台風9号は、首都圏を直撃して北上。きょうは北海道に上陸し、各地で暴風と豪雨による被害が多発しています。空の便の欠航や列車の運休など、交通の乱れが続いています。

 県内でも22日午後から断続的に激しい雨が降り、秋田市などでは市街地でも道路の冠水が続出。さらに、昨夜から未明にかけて湯沢雄勝地方に降った強い雨の影響で、今朝から雄物川の水位が急上昇。各観測所で氾濫注意水位を超えています。

f0081443_2136369.jpg
  (写真・27日開催の「大曲の花火」会場、雄物川河川敷も浸水。午前10時過ぎ)

by shouichiro_sato | 2016-08-23 21:48 | 今日の出来事 | Comments(0)  

今市、朝日が優勝

 第46回JOCジュニアオリンピックカップ「全日本中学生ホッケー選手権大会」は、男子が今市(栃木県)、女子は朝日(福井県)が優勝しました。

 男子決勝は横田(島根県)ー今市。前半は今市が先制するものの、後半の終了間際に横田が追いついて1-1の同点。シュートアウト(SO)戦となり3-1Xで今市が勝利。

 女子決勝は朝日ー八頭(鳥取県)。両チームが前後半ともに1点づつ得点して2-2の同点で終了。SO戦は2-2の同点となり、サドン・デス方式での再SO戦を朝日がリードし、熱戦に終止符。

f0081443_1671234.jpg
   (写真・男子で2年ぶり2回目の優勝をした、栃木県日光市立今市中学校)

f0081443_1673042.jpg
   (写真・女子で3年連続4回目の優勝をした、福井県越前町立朝日中学校)

 また、最優秀選手賞には川村裕亮選手(今市・3年)、佐々木杏選手(朝日・3年)が選ばれ、「2020東京オリンピック」を目指すUー16のメンバーに決定。日本オリンピック委員会(JOC)から記念トロフィーが贈られています。

by shouichiro_sato | 2016-08-22 16:23 | ホッケー | Comments(0)