<   2014年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

世界一奪還

 盛岡市の県営運動公園陸上競技場で29日、一斉に和太鼓を演奏する人数の世界記録に挑戦するイベントがあり、3437人が同時演奏したと認定され、ギネス記録を更新しました。

 盛岡の夏祭り「さんさ踊り」に参加している市内外の約120団体や県外の人達など、5~78歳までの3465人が参加し、さんさ踊りの定番曲「七夕くずし」で息の合った太鼓演奏を披露。(バチを落とした人などを除く)3437人が5分間を演じ切ったとして、現在公認されている熊本市の2778人(平成23年)を大きく更新しました。

 「大人数のために最初はわずかにリズムの乱れがあったものの、徐々に一糸乱れぬ演奏となり、体の芯まで響く大迫力に、スタンドからはどよめきが上がった」と、岩手日報は報じています。さぞかし興奮したことでしょうネ。

 ---あすから7月。東北地方も、夏の行事が目白押しです。

by shouichiro_sato | 2014-06-30 22:34 | 社会・話題 | Comments(0)  

佐藤勝太郎さん

f0081443_20163931.jpg 地元の林業会社に勤めながら、43年に亘って消防活動に精進してきた佐藤勝太郎さん(南西馬音内・76歳)が瑞宝単光章を受章し、祝う会が開かれました。

 (写真・佐藤勝太郎さん、八重子さんご夫妻。西馬音内「コプニ巨福」)

 佐藤さんが元西馬音内村の消防団員になったのは昭和30年1月。その後に1町6村が合併して羽後町が誕生し、所属する分団(飯沢地区)の班長、部長、副分団長を経て、平成2年からは10年に勇退するまで、分団長を務めています。

 飯沢にある県有林で昭和47年に発生した大規模な山火事、飯沢川での水難事故と集中豪雨による大氾濫など、危険を顧みず頑張ってこられたお話には、目頭が熱くなりました。

 佐藤さんは「勤務先(柴与林業合資会社)の先代社長、今の社長の理解と支援があったからきょうの日を迎えることができた」と挨拶されていましたが、今も同社の山守で、現場で頑張っておられます。

by shouichiro_sato | 2014-06-29 20:49 | 家族・仲間 | Comments(0)  

あきたの昔っこ

f0081443_1829213.jpg 秋田弁による昔語り「あきたの昔っこ」がきょうの午後、羽後町田代にある旧長谷山邸で開かれました。(写真) 

 主催したのは羽後町民族遺産記録・保存・公開活性化実行委員会(会長・小坂修三さん)で、あきたの昔語りつむぎの会(代表・畑則子さん)が協力。田代村体験協議会(会長・小坂圭助さん)、かやぶき山荘「格山」も応援しています。

 昔語りには伊藤清一さん(大仙市)、菅原千鶴子さん、畑則子さん、黒沢せいこさん(横手市)、堀井和子さん、尾崎秀子さん、相場久美子さん(秋田市)、佐々木慶子さん、佐々木京子さん(東成瀬村)、煙山惇さん、煙山ひろこさん(美郷町)、夏井千津子さん(男鹿市)、中川文子さん(羽後町)ら、県内を代表する語り部が勢ぞろい。町内外から集まった300人を超えるお客さんを魅了しました。 

f0081443_1845261.jpg

f0081443_18455741.jpg

by shouichiro_sato | 2014-06-28 18:50 | 羽後町 | Comments(0)  

高校再編

 秋田県教育委員会は、県立高校再編の指針となる整備計画の素案を発表しました。少子化が進む中で、小規模校を中心に統合や分校化を進める計画です。

 中学校卒業者の予測を見ると、平成26年3月卒を100とした場合、平成40年には全県平均で68.6(県北地区は61.4。県南地区は66.8)。中でも北秋田、能代山本、湯沢雄勝の各地域は60を割り込む状況になっています。

 そうしたことから、統合等再編整備計画では「各地区の進学の中心的存在となる学校、農業と工業の中心的専門校は一定の学級数を維持する」「魅力ある学校を設置するため、2~3校を発展的に統合し、新たな統合校を開校する」。

 また、現在1学年2~3学級となっている小規模校は、「統合が難しい場合は近隣校の地域校とする」「全県的な視野から特別の事情があると考えられる場合は、基準を設けて対応する」としています。

 今後は各地域で意見聴衆や説明会を行い、来年6月に第2次素案を発表。さらに協議を重ね、平成28年2月に成案を決定する予定です。

by shouichiro_sato | 2014-06-27 21:55 | 秋田県 | Comments(0)  

パワハラ

 福島県警捜査2課の課長補佐(警部・51歳)ら、二人の幹部が今年4月に相次いで自殺した出来事は、上司の課長(警視・45歳)の職権による人権侵害(パワハラ)が大きな要因であったことが分かりました。

 大阪府警でも昨年9月、男性巡査長(28歳)が自殺した問題は、上司からのパワハラが原因だったとして、今年3月に警部補(49歳)ら4人を懲戒処分にしています。

 秋田県警でも男性警部(当時48歳)が自殺したのは、日常的に叱責していたという上司(副署長)のパワハラによるものではないかと問題になったことがあります。

 警察には「我慢と上位下達の文化」があるとはいえ、自殺にまで追い込んでしまうとは、尋常ではありません。

by shouichiro_sato | 2014-06-26 23:08 | 事件・事故 | Comments(0)  

10日後に保護

 今月15日に大館市の田代岳にタケノコ採りに出掛けたまま、行方不明になっていた女性(77歳)と長男(57歳)の親子二人が、青森県大鰐町で10日ぶりに救助されました。衰弱しているものの命に別状はないとのことで、ホッとしました。

 発見されたのは入山地点から6kmも離れた場所で、幾重にも尾根を越えていました。「二人で生きて帰る」という強い信念と、山菜(ミズ)を食べて湧水でしのいできたという生命力。無事で何よりでした。

 今年は5月以降に雨が少なかったこともあり、タケノコなどの山菜は不作で、普段よりも山の奥に入ることが多いとか。そのために遭難事故も多発していますから、十分に注意してください。

by shouichiro_sato | 2014-06-25 21:36 | 事件・事故 | Comments(0)  

雹が降る

 きょうの午後2時過ぎ、東京都三鷹市では大量の雹(ひょう)が降り、まるで雪が積もったような状況になりました。

f0081443_22293759.jpg
  (写真・大量の雹が降った三鷹市中原。秋田朝日放送「報道ステーション」より)

 大気の状態が不安定な状況が続いている関東甲信地方では、広い範囲で激しい雨も記録されています。季節の変わり目に見られる現象とのことですが、都内で本格的な雹が降ったのは7年ぶりとか。

 それにしても、自然界の現象には思いがけないことがあるものですネ。

by shouichiro_sato | 2014-06-24 22:33 | 社会・話題 | Comments(0)  

「ヤジ」

 18日の東京都議会・本会議で、女性議員(35歳)が妊娠や出産に関する一般質問中に「早く結婚したほうがいいんじゃないか」などとヤジった問題は、自民党の男性議員(51歳)が発言したことを認め、きょう謝罪しました。

 ヤジは本会議場の自民党議員席から発せられていたことは分かっていても、当初、同党では発言者を特定するような動きはありませんでした。

 しかし、ツイッターなどでヤジ議員への批判が高まり、都議会への抗議の電話も膨大なものになったとか。男性議員は自らの発言を否定していましたが、このまま隠す通すことはできなかったようです。

 「セクハラ」については、相手がどう思うかによって受け止め方に違いはありますが、未婚の男性に対しても同様の発言は注意しなければなりません。

by shouichiro_sato | 2014-06-23 20:43 | 社会・話題 | Comments(0)  

叙勲祝賀会

f0081443_23243866.jpg  春の叙勲で瑞宝双光章を受章した佐藤壽一さん(西馬音内本町・68歳)の「叙勲を祝う会」が開かれました。

 (写真・挨拶をする佐藤壽一さん、誠子さんご夫妻。巨福会館ホール)

 佐藤さんは消防活動に精励されること41年以上。平成19年から4年間は、羽後町消防団長として、消防組織の改革や町民の命と暮らしを守る日常活動に、多大な御尽力をいただきました。きょうは歴代の団長や幹部、同級生や町内会、消防に関わる100人ほどの皆さんが参集し、お祝いしました。

by shouichiro_sato | 2014-06-22 23:35 | 羽後町 | Comments(0)  

「ようこそ」田代へ

 秋田高校を昭和33年に卒業した同期の有志が集い、今夜は羽後町田代の「茅葺き山荘・格山」を会場に、親しく懇談する機会がありました。ご縁があって同席した私も、情熱溢れる先輩の皆様のお話に、深く感動したひと時でした。 

f0081443_2243151.jpg
 (写真・格山のおもてなしは、囲炉裏を囲んでワラビやタケノコなどの山菜尽くしです)

by shouichiro_sato | 2014-06-21 22:46 | 家族・仲間 | Comments(0)