カテゴリ:家族・仲間( 222 )

 

体形変化?

 普段からシャツやスーツなどの衣料品は既製品で間に合っているのですが、最近の標準からはズレて?いることを知りました。

 衣替えに合わせてクールビズのワイシャツを購入しようと、ショッピングモールの専門店で選んだ品物は、3点で1万円の特価品。ただ、夏でもネクタイを着用することがあることから、首回りに拘るあまり、選んだのは全てが「LL」サイズ。色も柄も気に入った3点でした。

 ところが、帰宅してからチェックしてみると、3点ともえり回りはLLながら「ゆき86」の印字あり。もしかしたら袖の長さが普段着ているシャツと違うのではないかと比べたら、やっぱり4cmもの差がありました。

 そんな訳で再び専門店を訪ねると、「LLは86」「Lは82」とのこと。事情を話して試着すると、やっぱりLLでは袖が長いし、Lでは首が苦しい。現代人の若者の標準的な体形?からはチョッとズレていることに気が付きました。「体形も若い時のままではなくなっている」と実感し、(お店には大変申し訳なかったのですが)店長さんのご配慮で返品させていただきました。

 「えり回り」や「ゆき丈」のみならず、お腹回りも変化してきたこの頃です。

by shouichiro_sato | 2017-06-04 23:22 | 家族・仲間 | Comments(0)  

サウンド50年

 羽後町軽井沢在住の阿部養助さんが音楽(楽器)に出会ったのは、5歳の時に祖父に買ってもらった1本のハーモニカ。その後、彼のポケットにはいつもハーモニカがあったとか。大曲農業高校1年の時に、クラスメイトから譲り受けたギターが本格的な音楽との出会いになり、クラシックギター、ベンチャーズ、グループサウンズ、フォークソング、そしてオリジナルの曲づくり。

 さらに、津軽三味線とも出会うなど、ギターをつま弾いてから今年でちょうど50年。この半世紀を振り返りながら歌い、演奏をするコンサートが14日(日)、午後1時から西馬音内盆踊り会館で開かれます。

 フォークグループ・かど石でレコードになった「若き百姓よ!」を始め、地域の方の詩に阿部さんが作曲した歌の数々。さらには津軽三味線の曲引きなど、浅野梅祥さんとあべ十全さんをゲスト迎えて楽しいステージが期待されます。

 当日の入場料は1700円。詳細は西馬音内盆踊り会館までお問い合わせください。

by shouichiro_sato | 2017-05-11 22:37 | 家族・仲間 | Comments(0)  

山菜

 雪消えは遅かったものの、山の恵みである「山菜」が楽しめるようになりました。当地でもホンナ、コゴミ、サシ、アイコ、ウドなどから始まって、タケノコ、ゼンマイ、ワラビが食卓にてんこ盛りです。

 山菜はまさに自然界の野菜で、有機・無農薬の環境下で育ちますから、健康食品そのもの。朝、昼、晩にそれぞれの持つ独特の風味と食感を味わっています。

 ところで、当地の山菜採りの名人は一昨日、隣接する由利本荘市東由利町の山でクマを見かけたとか。すでに冬眠から覚めて動き回っているようですから、身近な里山といえども、山に入るには十分な注意が必要です。

by shouichiro_sato | 2017-05-08 23:24 | 家族・仲間 | Comments(0)  

携帯電話

 今では生活の必需品となっている携帯電話。愛用のスマホは2年前に機種変更していたものですが、このところバッテリーの消耗が早くなり、時々は操作に反応しなくなり固まって?しまうことも・・・。精密な電子機器だけにオンチの自分にはなんとかすることもできず、湯沢市の販売店に行ってきました。

 3~4月にかけては店舗が大混雑していると聞いていましたので、ゴールデンウィーク中の平日を狙い、午前10時の開店と同時に入店。修理するよりは機種変更したほうが良いと勧められ、手続等を経て約1時間後には新しいスマホをゲット。ところが、手持ちのスマホから登録している電話番号や写真データを新しいスマホに移すのに多大な時間がかかってしまい、店を出たのは午後2時前。

 その間、店には多くのお客さんが来場しているものの、受付では午前中から「3時間ぐらい待ってもらっています」とのこと。カウンターは多くあるのに対応する社員が少ないためか、終日混雑しているとのことでした。

 便利なスマートフォンですが、また最初から、操作の仕方を学ばなければなりません。

by shouichiro_sato | 2017-05-02 22:58 | 家族・仲間 | Comments(0)  

春が来た

 桜前線が北海道に上陸したニュースがありましたが、我家の周りにも春の萌しが感じられます。

 きょうまでに庭木の雪囲いを外し、家族の車のタイヤ交換も完了。ただし、家の雪囲いは北東部分の日陰に積雪が残っているため、大型連休まで先送りです。

f0081443_20204484.jpg
  (写真・庭のスイセンがようやく咲きました。当地の桜は大型連休の頃でしょうか)

by shouichiro_sato | 2017-04-23 20:04 | 家族・仲間 | Comments(0)  

結婚式と披露宴

f0081443_1511690.jpg 大手新聞社勤務の新郎と小児科医の新婦。秋田市と名古屋市出身のお二人は東京で出会い、これから新しい生活を始めていくことから、結婚式の会場に選んだのは日本橋のホテルでした。日本橋は江戸時代に、全国へ繋がる道の起点となったところで、由緒ある場所。

 (写真・マンダリンオリエンタル東京)

 人前結婚式に続いて、ご披露宴。ご両家の親戚や親しい友人などが出席して、和やかで微笑ましい、至福のひと時でした。本格的なフランス料理の食材には秋田のものも利用され、お酒も秋田から贈られた大吟醸。引き出物には特注した川連漆器の菓子皿と、名古屋の豪華なお菓子の詰め合わせ。新郎新婦お二人の気持ちが込められたおもてなしに、目頭が熱くなりました。


 《 カメラスケッチ・東京マラソン 》

f0081443_1574992.jpg
  きょうは「東京マラソン2017」が開催されており、快晴の空のもと、3万6千人のランナーが東京都心を駆け抜けています。日本橋三越前の交差点付近で、午前10時30分過ぎ。

by shouichiro_sato | 2017-02-26 20:54 | 家族・仲間 | Comments(0)  

花嫁道中

 《 カメラスケッチ 武田拓真さん、若奈さん 》

f0081443_8501162.jpg

f0081443_8504230.jpg

f0081443_852391.jpg

f0081443_852368.jpg

 「ゆきとぴあ七曲」のメイン行事である花嫁道中。今回の新郎新婦はホッケー競技を通じて知り合った武田拓真さん(23歳・羽後町飯沢出身)と若奈さん(22歳・佐賀県伊万里市出身)です。現在は岐阜県で暮らしているお二人ですが、羽後中学校の後輩やホッケー仲間が応援に駆け付け、沿道に詰めかけた多くの皆さんから祝福を受けています。

 (写真・西馬音内にある「道の駅うご」を出発して、難所である七曲峠越える12kmの花嫁道中。終着地である田代の旧長谷山邸では、良縁祈願祭が行われました)

by shouichiro_sato | 2017-01-28 22:42 | 家族・仲間 | Comments(0)  

親指を打撲?

 3日前に夜の会合を終えて帰宅した時、迎えに来てくれた妻の車から車庫前で降り、玄関まで歩いていた瞬間に「スッテン、コロリン」。除雪車が通った後に新雪が積もっており、見事に転んでしまいました。

 お酒も飲んでいたので、その夜は(問題もなく?)就寝したのですが、翌日の昼から「チョッと手首がおかしい」感じ。昨日も秋田市に行く所用があり、とりあえずは手持ちの湿布をして手袋をつけて過ごしましたが・・・・・・。

 安静にしている分には痛みもないのですが、(どうも)左手の親指が使えません。きょう明日は土・日で町立病院も休み。昨年にヘルニアの症状で同病院から処方された痛め止めの残りを飲み、残っていた湿布をする素人療法で、様子を見るつもりです。

 それにしても、雪が降り続いています。早朝に除雪作業をし、午後にも再び除雪機で雪飛ばし。当地では昨日からの24時間降雪量は60cmもあったように思いますが、除雪作業に集中しているときは痛みを感じませんでしたから、たぶん大丈夫でしょう。

 大雪はまだまだ続く気象予報が出ています。くれぐれもご注意ください。

by shouichiro_sato | 2017-01-14 23:45 | 家族・仲間 | Comments(0)  

謹賀新年

 新年あけまして おめでとうございます

 当地は素晴らしい「初日の出」が輝く元旦となりました。

 新しい年が、皆様にとって良い年になりますよう、祈念申し上げます。

by shouichiro_sato | 2017-01-01 23:17 | 家族・仲間 | Comments(0)  

2016 ありがとうございました

 大晦日は「第67回NHK紅白歌合戦」を見ながら、ことし一年を振り返っています。多くの皆さんとの出会いがあり、多くの皆さんのお世話になりました。衷心より感謝申し上げます。

f0081443_213723.jpg
 (写真・「夢を歌おう」をテーマに46組の出場歌手が熱唱しています。NHK総合テレビ)

 1月 佐竹敬久知事を特別ゲストに迎えて県議会報告会を開催
 2月 元大曲農業高校弁論部の盟友・鈴木利良さんの「ふるさと秋田文芸大賞」を祝う 
 3月 羽後町議会議員選挙で推薦していた30~40代の仲間たちが初当選
 4月 農畜産物の輸出国・オーストラリアの農業生産現場を視察

 5月 岩手県雫石町にある専門店で美味しいジェラートを体験
 6月 羽後町総合交流拠点施設「端縫いの郷」の竣工式
 7月 「訪ロ青年ビジネスチャレンジ事業」でロシア極東地方を訪問
 8月 義父・会田元吉さんが逝去

 9月 鎌鼬美術館の開館プレイベント「鎌鼬芸術祭」が開かれる 
10月 ブラジルとアルゼンチンから来県している研修生を囲んで、懇談会を開催   
11月 風邪が悪化してお酒も飲みたくなくなり、安静の日々を過ごす 
12月 県・市連携文化施設について議論伯仲、計画の再検討を求める

 締めくくりに、NHK「ゆく年くる年」で羽後町中山道にある地蔵院(住職・村上恵喜さん)の除夜の鐘を聞いています。 (写真・NHK総合テレビより)

f0081443_032416.jpg

by shouichiro_sato | 2016-12-31 23:52 | 家族・仲間 | Comments(0)