カテゴリ:国政・時事( 423 )

 

都議選告示

 任期満了に伴う東京都議会議員選挙が告示され、定数の127議席を巡る攻防が始まりました。小池百合子知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」と自民党が対決する政治決戦で、結果は今後の国政にも影響を与えそうです。

 (執筆中)

by shouichiro_sato | 2017-06-23 23:08 | 国政・時事 | Comments(0)  

内閣支持率

 共同通信社など主要メデアが17日から数日にわたって実施した世論調査によると、安倍内閣の支持率は、前回の5月に比べて大幅に下落しています。

f0081443_23685.jpg
 (写真・19日の新聞各紙と20日の朝日新聞1面には、内閣支持率急落の記事が・・・)

f0081443_23151342.jpg そんな状況をまとめて、今日の産経新聞には報道各社の安倍内閣支持率が掲載されていました。 (写真左)

 国会の焦点だった「共謀罪」を巡る質疑、「森友・加計問題」で疑問視される安倍首相の関わりなど、ここにきて「しっかりした説明責任を果たしていない」と思う人が多くなってきたからでしょう。最初は小さな穴でも、一旦水が漏れだすとだんだんと大きくなる可能性がありますヨ。

by shouichiro_sato | 2017-06-20 23:18 | 国政・時事 | Comments(0)  

「共謀罪」法

 犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法が、昨日の朝の参議院本会議で自民、公明、日本維新の会などの賛成多数で可決され、成立しました。

 今国会の会期末は18日で、同法案の成立のためには会期の延長があるのではないかと思われました。しかしながらここにきて、参議院法務委員会での採決を巡り、野党が提出した法務大臣などへの問責決議案や安倍内閣への不信任決議案提出を受けて、委員会の採決を省略する「中間報告」と呼ばれる奇策?の手続きを経て、本会議の採決が行われています。

 改正法は適用犯罪を277とし、処罰対象をテロ組織や暴力団などの「組織的犯罪集団」としているものの、法案審議ではその定義が曖昧だとの指摘が相次ぎました。警察の恣意的な捜査により「一般人も処罰対象になり、内心の自由やプライバシーが侵害されかねない」恐れもあります。

 そうした問題に十分な理解が進まないまま与党が採決を急いだ背景には、獣医学部新設計画を巡って様々な問題が浮上し、「会期延長は避けたい」という思惑があるものと推察されます。

by shouichiro_sato | 2017-06-16 22:51 | 国政・時事 | Comments(0)  

小池新党

 東京都の小池百合子知事はきょう、地域政党「都民ファーストの会」の代表に就任する考えを明らかにしました。「改革のスピードを上げていくため自らが代表を務める」として、7月に行われる都議会議員選挙で(小池知事を支持するグループが)過半数の議席を獲得するために、先頭に立つ模様です。

 最近の都議選に関するマスコミの世論調査によると、都民ファーストの会(野田数代表)への支持率は自民党に比べて伸び悩んでおり、小池知事への支持率とは大きな乖離が生じています。小池氏の人気はあっても、それが都民ファーストの会には結びつかない状況であり、小池氏も政策立案のアドバイスをする特別顧問のままでは「選挙に勝てない」と判断したのでしょう。

 ただ、小池氏は自民党籍を持ったままで、昨年の都知事選挙前に自民党には「進退伺を出している」とか。こちらは「党が判断すること」(小池氏)としていますが、チョッと可笑しな状況ですネ。

by shouichiro_sato | 2017-05-30 23:11 | 国政・時事 | Comments(0)  

「総理の意向」

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」が、愛媛県今治市に設置する計画の獣医学部をめぐり、文部科学省の前事務次官(今年1月、同省の天下り問題の責任を取り辞任)が記者会見を開き、「総理の意向だ」などと書かれた一連の文書が「確実に存在していた」。「極めて薄弱な根拠で規制緩和が行われた。公平、公正であるべき行政の在り方が歪められた」と述べました。

 政府は「そうした文書は存在しない」(菅義偉官房長官)、「調査したがそうしたものは無かった」(松野博一文部科学大臣)として、門前払い?しています。

 獣医学部の新設には日本獣医師会や文科省が抵抗してきたこともあり、規制緩和による設立の経緯について、今一度検証することが必要でしょう。もっとも「行政の在り方が歪められた」と言うのであれば、事務方のトップである前事務次官が、何故にその時点で正しいと思う方向へ行動しなかったのか。このまま「言った」「言わない」、「文書はある」「文書は無い」の水掛け論が続くようでは、これ以上の進展は望めませんネ。

by shouichiro_sato | 2017-05-25 22:56 | 国政・時事 | Comments(0)  

「共謀罪」

 犯罪を計画段階で処罰することができる「共謀罪」の趣旨が盛り込まれた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が19日、衆議院法務委員会で自民、公明、日本維新の会が採決を強行し、賛成多数で可決しました。23日に衆議院本会議で採決される見込みです。

 今国会での最大の焦点だった同改正案について、法務委員会での審議は通算30時間に及んだというものの、適用対象や準備行為の定義があいまいなことなど、担当する法務大臣の答弁もスッキリせず、野党4党から不信任決議案が提出された(衆院本会議は反対多数で否決)ほど。

 法案が成立すれば277に及ぶ犯罪について、計画した疑いがあると警察が判断すれば捜査することが可能になります。捜査機関の恣意的な運用によっては一般人が対象になる恐れもあり、懸念を払拭するためにも、更なる議論が必要です。国民の権利と自由が侵害されることがないよう、参議院での審議に注目したいと思います。
  

by shouichiro_sato | 2017-05-20 22:28 | 国政・時事 | Comments(0)  

一極集中を是正

 一極集中是正に関する政府の有識者会議は11日、東京都内の23区で大学の定員増を認めないとする中間報告案を了承しました。東京では若い世代の転入者が転出者を上回る「転入超過」が続いており、大学進学もその要因となっていることから、政府も踏み込んだ対策を実施する方針です。

 同案では「地方大学の振興と東京の大学の新増設抑制をセットで、抜本的な対策を講じるべきだ」と強調しているとか。さらに、学生の少ない県に優先的に首都圏の大学のサテライトキャンパスの設置を促すように要請しています。

 秋田県は大学の少ない県であり、3月には多くの若者たちが県外に転出しているだけに、関心のある報告です。秋田県内へのサテライトキャンパスの設置、是非とも働き掛けていきたいと思います。

by shouichiro_sato | 2017-05-12 21:14 | 国政・時事 | Comments(0)  

今村大臣

 今村雅弘復興大臣(衆院九州比例・当選7回、70歳)がきょう行われた派閥の講演で、「(震災が)これがまだ東北で、あっちの方だったからよかった。首都圏に近かったら甚大な被害があった」と発言。その後に挨拶した安倍晋三首相は「東北の方々を傷つける極めて不適切な発言だ。お詫びさせていただきたい」と謝罪。結局、辞任することになりました。

 今村氏は今月4日の記者会見で、東京電力福島第一原発の事故に伴う自主避難者の帰還について、「自己責任」との認識を示し、質問した記者に対して「出ていきなさい」と恫喝するなど、これまでも問題ある言動を繰り返していました。

 大臣にはなったものの、被災地の復興については心が寄り添っていませんでしたね。

by shouichiro_sato | 2017-04-25 22:17 | 国政・時事 | Comments(0)  

一強の緩み?

 自民党の衆議院議員が18日、女性問題で経済産業大臣政務官を辞任しました。安倍内閣では今年の2月以降、内閣府政務官が自らの発言で引責辞任したほか、法務大臣や防衛大臣、さらには復興担当大臣や地方創生担当大臣が、その言動で謝罪と撤回を繰り返しています。

 与党の一強状況が続く中、緊張感がなく緩みが出てきているようで、心配です。

 特に自民党では、当選1~2回生の若手議員に関わる不祥事?が多いとか。2012、2014年の過去2回の衆議院選挙で圧勝した同党は、1、2回の当選組が実に4割を超えています。今後も安定多数の議席を維持して自民党政権を続けるには、1~2回生がどれだけ再選を果たせるかがポイントですから、くれぐれも謙虚に、慎重に、襟を正して活動してください。

by shouichiro_sato | 2017-04-20 23:37 | 国政・時事 | Comments(0)  

支持率低下

 産経新聞社とフジニュースネットワーク(FNN)が15、16日に行った合同調査によると、民進党の支持率は6.6%(前回比1.8ポイント減)で、昨年3月の結党以来、最低を更新しています。国会では学校法人「森友学園」(本部・大阪市)問題などを追及していますが、支持の回復には至っていません。低迷の理由は、旧民主党政権を支えた無党派層の支持が戻らず、一部は共産党に流れていると分析しています。

 自民党は42.5%で、3月に実施した前回と比べて、4.5ポイント増。他には共産党4.9%、公明党3.4%、日本維新の会3.1%、社民党1.3%などとなっています。「支持政党なし」は35.0%でした。

 尚、安倍内閣の支持率は59.3%で、前回比1.9ポイント増えていました。

by shouichiro_sato | 2017-04-17 23:36 | 国政・時事 | Comments(0)