カテゴリ:17・総選挙( 9 )

 

期日前投票

 衆議院議員選挙の投票日まで、あと5日。明日から自宅を離れる用務があり、一昨日に期日前投票を行いました。

 県選挙管理委員会が16日に発表した県内の期日前投票の状況は、11日から15日までの合計で6万人以上。投票率では過去4回の衆議院議員選挙と比べて、最高となる6.85%になっています。この推移からすると21日までに投票する人は有権者の15%を超えることでしょう。

 最近の選挙は投票率が60%前後ですから、その4分の1が期日前に投票に行くことになります。政党の公約や公示後の様々な訴えも重要ですが、人物本位で主義主張に共鳴する候補者には、早めに投票することができて良かったですネ。

 期日前投票は手続きも簡単ですから、是非とも投票所にお出かけください。

by shouichiro_sato | 2017-10-17 22:14 | 17・総選挙 | Comments(0)  

世論に変化?

 きょう報道されたNHKの世論調査によると、政党の支持率では自民党が32.8%なのに対し、次に来たのが立憲民主党の6.6%。希望の党は5.4%にとどまり、公明党と共産党がそれに続いています。「特に支持政党がない」と答えた人は前回調査より5.1%減り、34.0%でした。結果、立憲民主党と自民党の支持率が伸びています。

f0081443_23315122.jpg
  (写真・インターネット画面で確認した各党の支持率。「NHK世論調査」より)

by shouichiro_sato | 2017-10-16 23:35 | 17・総選挙 | Comments(0)  

序盤の情勢

 22日に投開票が行われる衆議院議員選挙について、報道各社が公示日から12日まで調査した序盤の情勢によると、自民・公明の与党が過半数を大きく上回る300議席をうかがう勢いです。希望の党と日本維新の会は、それぞれが公示前の議席を下回る可能性があり、立憲民主党が議席を2~3倍に増やす模様。政権批判の受け皿が分散しています。

f0081443_15183267.jpg
  (写真・独自の調査をもとに序盤の情勢を伝える、12日の新聞各紙の第一面)

 台風の目として注目されていた希望の党や日本維新の会は、地盤である首都圏や大阪でも苦戦しているとか。保守二大政党時代をめざすという訴えも、今一つ政策に力強さや安定感がなく、「安倍一強を打倒する」というだけでは、ベテランの前職などが立候補している立憲民主党や無所属との争いに後れを取っている模様です。

 残された一週間で状況はどう変化するのか、しないのか・・・・。

by shouichiro_sato | 2017-10-13 23:24 | 17・総選挙 | Comments(0)  

衆院選公示

 第48回衆議院議員選挙が公示され、全国の小選挙区(定数289)と比例選挙(定数176)に1180人が立候補しました。選挙戦は「自民・公明」の与党と「希望・維新」、それに「立憲民主・共産・社民」の3勢力で争う構図ですが、根本は安倍晋三内閣の5年を総括し、このまま続けることを認めるのか、それともリセットするのかを問う選挙です。

 ただ、政権選択の選挙にするとして立ち上がった希望の党は、定数465議席の過半数をわずかに超える候補者数に止まり、小池百合子代表も立候補しないことから、急速に熱が冷めてきた感じがします。22日の投票日に向けて舌戦が始まったものの、選挙戦では各党にどんな風が吹いてくるのか、こないのか・・・・・、注目です。

by shouichiro_sato | 2017-10-10 21:44 | 17・総選挙 | Comments(0)  

公約と政策

 衆院選の公示まで、あと4日。自民、公明、共産、社民の各党に続いて、希望の党が公約と政策を発表しました。立憲民主党は民進党の綱領をすべて踏襲し、公約でも主要政策を引き継ぐ方針です。

 違いが明らかな点は、2019年10月から「消費税」を10%に引き上げることについて、予定通り実施。あるいは凍結か中止か。自衛隊の存在等について「憲法」を改正するのか。「原発」は再稼働を進めるのか、あるいはゼロにするのか・・・・など、与野党とも公約と政策が複雑に重なり合っており、政策は様々です。

 ただ、小選挙区においては「自民・公明」と「希望・維新」、「協賛・立憲・社民」の3グループからそれぞれ候補者が立候補する状況となっており、有権者にとっては選択しやすい構図になってきた感じがします。

by shouichiro_sato | 2017-10-06 23:19 | 17・総選挙 | Comments(0)  

構図固まる

 衆議院議員選挙の公示まで1週間。希望の党の設立と民進党の合流で混乱していた野党の体制が、ようやくまとまってきました。「自民党・公明党」の与党に対して、「希望の党・日本維新の会」と「立憲民主党・共産党・社民党」の3極の構図です。

 希望の党は安全保障法制や憲法改正についての「協定書」へ同意した民進党からの移籍組などで、192人の第1次公認候補者を発表。維新の候補とは大阪や東京で選挙協力を行うことになりました。一方、希望の党から排除?されたリベラル系の前民進党議員は、新党「立憲民主党」(代表・枝野幸男元官房長官)を結成し、50人程の擁立を目指しています。

 秋田県の3選挙区では、それぞれ自民と希望、共産の各党が前職や新人の候補者を擁立し、1区の民進党前職は希望の公認で比例東北ブロックに出馬することに決まりました。

by shouichiro_sato | 2017-10-04 21:30 | 17・総選挙 | Comments(0)  

「排除の論理」

 「希望の党」への合流で起死回生をはかろうという民進党。所属する前議員の立候補予定者を「全員希望の党から出馬させる」(前原誠司代表)ことについて、難しい状況になってきました。希望の党の代表である小池百合子東京都知事が「全員を出馬させることはさらさらない」と発言し、憲法改正や安保関連法制を踏み絵?にする「排除の論理」が明らかになり、民進党に所属していた前議員に混乱が広まっています。

 このまま収まるのか、それとも分裂?か。衆議院議員選挙の公示まで10日しかないのに、野党陣営にはまだまだ紆余曲折がありそうです。

by shouichiro_sato | 2017-09-30 20:53 | 17・総選挙 | Comments(0)  

衆議院解散

 きょう召集された臨時国会の冒頭、衆議院が解散されました。野党の準備不足やゴタゴタの中で、突然の解散に打って出た安倍首相。一方、「解散の大義がない」「森友・加計隠しだ」と批判していた野党も、存亡をかける捨て身の行動に出て、事実上の選挙戦に突入しました。

 特に野党第1党の民進党は、公認候補者の全員を白紙に戻し、小池百合子東京都知事が代表となる希望の党に公認申請することを決定。「名を捨てて実を取る」(前原誠司民進党代表)大胆かつサプライズの決断で、自民党に対抗できる選択肢になって安倍政権を終わらせる戦略に踏み出しました。

f0081443_17071755.jpg
 (写真・民進党などの野党が欠席する中で、衆議院が解散されました。NHKより)

by shouichiro_sato | 2017-09-28 22:32 | 17・総選挙 | Comments(0)  

小池新党

 東京都の小池百合子知事は今日の午後に記者会見し、「希望の党」の設立と自身が代表に就任することを発表しました。

 一方、安倍晋三首相は予定通り午後6時から記者会見を行い、28日に召集する臨時国会の冒頭で、衆議院を解散することを明言。「解散の大義がない」などと批判している野党の民進党や社民党が伸び悩む中、都知事選挙や都議会議員選挙で躍進した小池知事のもとへ集まった新党が、新たな台風の目となる模様です。

 秋田県においても、小池知事が講師の政治塾に参加していた元参議院議員が秋田1区に出馬の意思を固めたようで、今後の動きが注目されています。

by shouichiro_sato | 2017-09-25 23:19 | 17・総選挙 | Comments(0)