カテゴリ:14・総選挙( 7 )

 

自公が大勝

 第47回衆議院議員選挙は、自民291議席(追加公認含む)、公明35議席となり両党で公示前勢力を上回る326議席を獲得。民主党は11議席伸ばして73議席としたものの、海江田万里代表が落選。維新の党は41議席(1減)で横ばい。共産党は21議席(13増)を獲得して、躍進。次世代の党は2議席(17減)、生活の党は2議席(3減)、社民党は2議席(増減なし)、無所属は7議席でした。

 ただし、改選前と比較すると定数が5議席削減されている中で、自民は2減、公明が4増で、公明の躍進が目立ちます。野党は、離散集合を繰り返していた(第3極の)政党が議席を失い、解散をチャンスと捉えて明確な対立軸となった共産が大きく伸ばしています。

 尚、選挙後に行なわれた読売新聞社の全国世論調査によると、自民が大勝した理由について65%が「他の政党よりまし」。民主が伸び悩んだ理由は61%が「信頼が回復していない」でした。また、82%が「自民に対抗できる野党が必要」と答えていました。

by shouichiro_sato | 2014-12-15 23:27 | 14・総選挙 | Comments(0)  

前議員が当選

 衆院選・秋田県の3小選挙区は自民の富樫博之氏(1区)、金田勝年氏(2区)、御法川信英氏(3区)の前職が全員当選。3区に立候補した村岡敏英氏(維新の党)は比例東北で復活当選し、前職4人の当選となりました。(午後12時59分現在)

 テレビの開票速報では、「自・公で3分の2以上の議席確実」と伝えています。


 《 追 記 》

 秋田1区で富樫氏に敗れた民主党の元議員・寺田学氏は15日午前1時過ぎ、比例東北で復活当選が決まりました。

by shouichiro_sato | 2014-12-14 23:59 | 14・総選挙 | Comments(0)  

自民優勢

 14日に投票が行われる衆院選。マスコミ各社が終盤に行なった世論調査によると、自民党が300議席を超える勢いで、他党を圧倒しています。

 県内3小選挙区でも、自民と民主の候補が争う1、2区は自民が優勢。3区は自民候補を維新候補が追い上げる展開ながら、ここにきて一部のマスコミには「横一線」との見出しも。

 3区での前回(平成24年)の得票は、自民候補が97164票、維新候補が74422票。ほかに未来の候補が25185票、民主の候補が23665票、共産の候補が7211票。今回は出馬しなかった未来と民主が獲得した4万8千票がどこにいくのか・・・、注目です。

by shouichiro_sato | 2014-12-12 22:53 | 14・総選挙 | Comments(0)  

折り返し

 2日に公示された衆議院選挙はきょうで運動6日目、前半戦が終了しました。

 マスコミ各社が伝える序盤の情勢は自民党の圧勝ムードで、テレビCMやインターネットの広告でも、「景気回復、この道しかない。」という安倍首相の露出が目立っています。

 自民は選挙への準備態勢がすばやく、「アベノミクス」への審判を求めるとし、民主党から政権奪還した後の実績を強調。政権の継続を訴えています。

 一方、野党は「解散・総選挙に大義がない」と批判したものの、選挙戦では政策の違いがはっきりせず、選挙の争点が定まっていません。民主と維新などは小選挙区での共倒れを防ぐため、候補者調整をして臨んでいますが、双方の代表らの主張は様々であり、地域での選挙態勢はバラバラ。野党が連携する運動にはなっていない感じです。

 ただし、望ましい選挙結果について「与野党の勢力が伯仲する形」と答える人も多く、「自民300議席超え」の報道で、有権者の投票行動に変化が出てくるのか。優勢な陣営も追い上げる陣営も、後半戦の戦略を再点検しなければなりません。

by shouichiro_sato | 2014-12-07 23:12 | 14・総選挙 | Comments(0)  

300議席も?

 衆院選が公示された直後、2、3日の両日に共同通信や大手新聞各社が行なった序盤情勢によると、「自民党が公示前の293議席を超え、単独で300議席をうかがう勢い」のようです。公示前の31議席を確保しているみられる公明と合わせると、定数の3分の2(317議席)を超える可能性があると、報じています。

 民主党は公示前の62議席から伸ばすものの、100議席台には届かない模様。維新の党は公示前の42議席から後退、次世代の党も公示前の19議席から大きく減らすとか。共産党は公示前の8議席から倍増しそうな見通しです。

 小選挙区のほとんどに候補者が決まっており、前職議員が多い自民に対して、普段の政治活動が見えていない民主や、前回は(日本維新の会へ)橋下旋風が吹いた維新は、ともに準備不足。「解散の大義がない」と主張しても、争点となる政策が浸透していません。

 ただし、この調査はあくまでも公示直後のこと。民主や維新がどこまで挽回できるか。候補者を調整した野党の選挙協力の効果がでてくるのか。・・・・まだまだこれからです。

by shouichiro_sato | 2014-12-04 22:12 | 14・総選挙 | Comments(0)  

衆院選あす公示

 衆議院議員選挙はあす2日に公示され、14日に投開票が行われます。選挙の争点は財政・経済政策や安全保障、農政改革、原発再稼動、社会保障などの「安倍政治」への審判ですが、県内では3小選挙区の議席を自民党が引き続き独占できるかが焦点でしょう。

 1区は自民前職に民主元職、共産、社民が挑む構図。知名度のある共産の新人と、土壇場になって社民新人が出馬表明したことで、反自民票が分散する可能性が大きくなりました。過去3回当選し、前回選挙で落選後に秋田市長選挙にも立候補した民主元職が、どこまで票を伸ばせるか・・・。

 2区は自民前職に民主と共産の新人が参戦します。磐石な体制の自民に選挙初挑戦となる若手の民主、2回目の挑戦となる共産がどこまで追い上げることができるか。

 3区は自民前職に選挙区では敗れたものの比例東北で当選した維新前職、それに前回に続いて挑戦する共産新人の三つ巴。自民前職と維新前職は過去に3回同じ選挙区で戦っており、それに民主や生活の党、共産も参戦していました。今までの4回の選挙の結果は、無所属(後に自民に入党)、自民、民主、自民が勝利するなど、波乱続きです。今回は反自民候補は維新と共産だけとなり、維新に集まれば大逆転の可能性も・・・・。県内で最も注目される選挙区です。

 ところで、あすからの天気は大荒れの予報。雪マークも続いており、候補者や選挙運動スタッフ、街頭で応援する皆さんにとっても大変なことになりそうです。各陣営では室内の演説会を増やしたり、可能になったインターネット等を利用した選挙運動に力を入れるなど、運動方法に知恵を絞っているとか。特にこの季節は家で見れるテレビの政見放送も、候補者の人柄と意見を確認できる重要な要素になることでしょう。ただし、収録は既に終わっており、撮り直しはできません。

by shouichiro_sato | 2014-12-01 22:22 | 14・総選挙 | Comments(0)  

衆院解散

 衆議院が解散され、来月2日公示、14日投票の日程で総選挙が行われることになりました。安倍首相は「アベノミクス解散」だとして、消費増税の延期と経済政策の是非を問う選挙と位置付けています。

 一部のマスコミは「解散の大義がない」と、この時期に解散・総選挙を行なうことを批判していますが、政策へ不満をもつ国民や政権奪還を目指す野党にとっては、選挙は千載一遇のチャンス。任期4年の半分で早くも解散されたことを、前向きに捉えましょう。

 もっとも、民主・自民・公明の3党が2年前に、消費税を今年4月に8%、来年10月に10%に増税することで合意したのは、社会保障費の伸びに対応しながら財政再建を果たすには、増税は避けて通れず、その後の選挙等での争点にしないという、政権担当力のある政党同士の知恵でした。

 その意味で、今回の選挙は消費増税の延期や軽減税率の導入などを話題にするよりも、中央集権、地方衰退、TPP、原発再稼動、安全保障などの課題について、候補者はしっかりとした政策を打ち出すことが重要です。

 解散から選挙の公示までは、たったの10日余。普段からどんな姿勢で政治に臨んでいるのか。準備期間が短いほど、政党や政治家の真価が問われる選挙でもあります。

by shouichiro_sato | 2014-11-21 23:14 | 14・総選挙 | Comments(0)