カテゴリ:13・参院選( 4 )

 

自民が圧勝

 21日に投開票が行われた第23回参議院議員選挙は、自民党が現行制度になってから最大となる65議席を獲得して圧勝。非改選議席と合わせて参院第1党へ復帰しました。結果、公明党と合わせた参院の議席数は過半数(122)を超える135議席となり、衆参両院の「ねじれ」は解消されることなります。

 自民党が圧勝した要因を、「アベノミクスへの評価と経済成長への期待感」と分析するマスコミは多いものの、説得力のある対案を提示できない野党、とりわけ民主党への失望感と、バラバラな野党の候補者乱立で、明確な争点が見えなかった選挙でした。投票率は全国平均で52.61%(秋田県は56.19%)、前回2010年の参院選より5.31ポイント低下し、第1回以降で3番目の低さ。それだけ関心が高まらなかったということでしょう。

 「ねじれ」が解消されたことにより、政策決定が速やかに行われるという期待はあるものの、「景気回復を地方に波及できるか」「TPP(環太平洋経済連携協定)参加で日本農業を守れるか」「消費税増税を予定通り実施するのか」「原発再稼動」「中国や韓国との外交」「憲法改正」等々、衆参両院で与党が過半数を占めたとはいえ、国論を二分する課題が山積しています。

 自民党には結党以来の長期に及んだ政権を、民主党に奪われた過去の歴史を反省し、慎重な政権運営をしてもらいたいものです。でなければ、3年後には「振り子が大きく戻ってしまう」ことになりかねません。

by shouichiro_sato | 2013-07-22 21:28 | 13・参院選 | Comments(0)  

期日前投票

 21日の投票日には所用があるため、きょうの午前中に「期日前投票」を行いました。

 報道各社の世論調査では与党の優勢が伝えられる参院選ですが、残された運動期間は1週間。「アベノミクス」を批判し、生活者重視を訴える野党には起死回生となる「切り札」もなく、情勢の変化は期待できそうにありません。

 ネットでの選挙運動が解禁されたとはいえ、候補者の一日の動きやツブヤキが掲載されているものの、今ひとつ有権者の関心は高まっていません。・・・投票率はどうなるのでしょう?。

 ・・・・比例代表の投票では、(記載所に張られてある)多くの名前が掲示されている候補者名簿から、(間違わないように?)名前を確認するのが大変でした。

by shouichiro_sato | 2013-07-14 23:34 | 13・参院選 | Comments(0)  

参院選公示

 第23回参議院議員選挙がきょう公示され、秋田県選挙区(改選数1)には民主党の現職と、自民党、共産党、幸福実現党からそれぞれ新人が立候補しました。投開票日は21日です。

f0081443_2016487.jpg
 (写真・秋田県選挙区に立候補した4人のポスターです。羽後町上到米の自宅付近)  

 ところで、今回の選挙からインターネットによる選挙運動が解禁されました。候補者と政党の公約や主張、動きがリアルタイムで紹介されることになり、有権者の関心が高まることを期待しています。ただ、私たちはどこまでインターネットを利用した選挙運動に参加できるのでしょうか?。各種の選挙に立候補してきた者として、注目しています。

by shouichiro_sato | 2013-07-04 20:37 | 13・参院選 | Comments(0)  

参院選前日

f0081443_2129642.jpg 4日に公示される参議院議員選挙をまえに、きょうは日本記者クラブが主催する9党の党首討論会が行われました。

 (写真・「NHKニュース7」より) 

 自民党の安倍総裁が経済再生へ向けた実績を強調して「参院選で勝ってネジレを解消し、政治の安定をはかりたい」と述べたのに対して、民主党の海江田代表は「アベノミクスの副作用として物価が上がっている。国民の暮らしと生活を守ることをテーマに掲げていく」。日本維新の会の橋下共同代表は「既得権に左右される政党では必要な改革はできない。農協改革や道州制の導入などをしっかりと実行する」。

 公明党の山口代表は「国会の決定力が充分でなく、与党で過半数を取ってネジレを解消する」。みんなの党の渡辺代表は「公務員制度改革をやらないと国家経営の刷新はできない。闘う改革をすすめていく」。生活の党の小沢代表は「国民の生活を守るための政治を実現するために頑張っていく」。

 共産党の志位委員長は「消費増税には断固反対する。憲法を守り、生かす政治に転換する」。社民党の福島党首は「雇用と暮らしの立て直しで景気を回復させる」。みどりの風の谷岡代表は「若者と女性のために闘っていく」・・・・と主張しています。

 マスメディアが行った直前の世論調査では、自民・公明両党の支持率が高水準を維持し、その他の政党は押しなべて低調な様子。民主党が大きく後退するのは間違いなく、昨年の総選挙で躍進した日本維新の会も橋下共同代表の「慰安婦発言」で急落。野党の選挙協力も中途半端であり、経済政策や憲法改正の是非、原発問題、TPPなどの争点がありながら、今ひとつ関心が高まらない参院選です。

 ただし、自民党青年局長・小泉進次郎衆院議員が公示後の第一声をあげる場所とした4日朝の東成瀬村の役場前は、村始まって以来の大混雑となることでしょうネ。

by shouichiro_sato | 2013-07-03 22:29 | 13・参院選 | Comments(0)