カテゴリ:スポーツ( 224 )

 

クライマックスステージ(CS)

 プロ野球のクライマックスステージ(CS)はセ・パ両リーグとも第2戦が行われ、セリーグはレギュラーシーズン第3位のDeNEが2位阪神に13-6で勝利。パリーグは第3位の楽天が2位の西武に4-1で快勝し、共に対戦成績を1勝1敗のタイとしました。阪神や西武にこのまま押し切られるのではないかと思っていましたので、ホッとしました。と同時に、あすが大一番。その試合展開が楽しみです。

 一方、プロバスケットボール男子Bリーグ(B2)。東地区首位の秋田ノーザンハピネッツ(秋田NH)は秋田市のCNAアリーナで中地区首位の「信州」と対戦。昨日からの2連戦に連勝し、開幕から6連勝で東地区の首位に立っています

by shouichiro_sato | 2017-10-15 20:47 | スポーツ | Comments(0)  

体育の日

 体育の日のきょう、羽後町では「第34回歩こう会、第41回マラソン大会」が開催されました。歩こう会は4km、マラソンは2km、3km、5km、ペアマラソン(2km)の4種目で、こども園児や小学生、中・高生、一般の老若男女など、総勢約280名が参加。秋空の下で心地よい汗を流しています。

f0081443_13321954.jpg

f0081443_13261760.jpg
  (写真・開会式では参加者を代表して上郡の佐藤さん親子が4人で選手宣誓。歩こう会に続いて、元気にスタートするマラソンの選手たち。羽後町多目的広場人工芝コート)

by shouichiro_sato | 2017-10-09 13:36 | スポーツ | Comments(0)  

パークゴルフ

 「秋田からつながれ!つらなれ!長寿の輪」をスローガンに開催中の第30回全国健康福祉祭あきた大会(ねんりんピック秋田2017)。東成瀬村ではジュネス栗駒カントリーパークにあるパークゴルフ場で交流大会が行われ、全国から参加した34チーム134人が、大自然の中にある雄大なコースで心地よい汗を流しました。
 
f0081443_23541090.jpg
   (写真・公認コースの栗駒、焼石、林間、仙人の4コース36ホールで熱戦を展開中)

f0081443_11091501.jpg
 
 開始式(写真)では東成瀬村実行委員会会長・佐々木哲男村長が、来村を歓迎して選手のご健闘を祈念するとともに、「村の人口は2600人余りだが、村外からの応援団の登録者は2000人を突破している。様々な特典もあるので、今回の交流を機会に皆さんも是非登録してください」と挨拶。北海道から参加した大会役員は「大変なおもてなしを受け、感動しています。来てよかった」と喜んでいました。

by shouichiro_sato | 2017-09-11 23:16 | スポーツ | Comments(0)  

「9秒98」

 ついに、日本人初となる10秒の壁を突破しました。

 9日に行われた日本学生対校選手権100m決勝で、桐生祥秀選手(東洋大学・21歳)が9秒98の日本新記録で優勝。桐生選手は京都・洛南高校3年だった2013年に10秒01を記録しており、「いつかは必ず9秒台が」と期待されていた逸材です。

 ただ、昨年のリオデジャネイロ五輪には日本代表で出場したものの、予選落ち。今年の日本選手権は4位となり、世界選手権の100mには出場できませんでした。尚、同400mリレーにはメンバーとなり、銅メダルを獲得しています。

f0081443_16470939.jpg
  (写真・桐生選手の日本新記録「9秒98」を伝える、10日の秋田魁新報)

by shouichiro_sato | 2017-09-10 23:16 | スポーツ | Comments(0)  

健康管理日

 第99回全国高校野球選手権秋田大会は昨日までに4強が揃い、今日は健康管理日。あす22日は明桜ー大曲工業、金足農業ー秋田の準決勝2試合が行われます。

 今年の大会は47チームが参加して11日に開幕し、連日、熱戦が続いてきました。2回戦まではこまち、八橋、能代、横手の4球場で行われ、15日までにベスト16が決定。翌16日は健康管理日で試合がなく、17、18日は秋田市のこまち、八橋の両球場で3回戦。19日と20日はこまち球場で準々決勝、各2試合を行うという、ゆとりのある日程になっています。

 猛暑の中での大会だけに選手の健康管理に配慮しながら、1球場でのゲームは2試合まで。8強が戦う準々決勝からは、こまち球場を会場にして試合環境を整えるなど、工夫された日程になっています。

 甲子園までは、あと2勝。主戦藤井が好調で打線も爆発している大曲工業の連覇がなるのか、それとも甲子園の経験豊富な秋田市勢が奪還するのか。選手の疲労も回復して健康管理もばっちりでしょうから、好ゲームに期待したいと思います。

by shouichiro_sato | 2017-07-21 23:50 | スポーツ | Comments(0)  

サッカー場

 秋田県ではJ2ライセンス取得に必要な機能を持つサッカー場の整備が課題になっており、検討委員会の設置予算が6月議会で可決されています。そんなことから、(スポーツ不得手の私でも)Jリーグのチームがある東北各地の施設はどのようになっているのかを確かめたいと思い、山形、仙台、福島などの現地を訪問中です。

f0081443_15114385.jpg
 (写真・山形県では陸上競技場にバックスタンドや大型ビジョンを整え、Jリーグに対応)

f0081443_1518443.jpg
  (写真・サッカーやラグビーの専用となっている、宮城県のユアテックスタジアム仙台)

by shouichiro_sato | 2017-07-18 22:38 | スポーツ | Comments(0)  

関取・宇良

 大相撲名古屋場所は9日目。期待の日本人横綱・稀勢の里や横綱・鶴竜、人気力士の遠藤が場所の途中で休場する中、前頭4枚目の宇良(木瀬部屋・25歳)が土俵を盛り上げています。

 横綱・白鵬は今日も勝って9連勝。通算勝ち星を歴代2位の横綱・千代の富士に並ぶ1045勝とし、歴代1位の大関・魁皇の1047勝まであと2勝としていますが、土俵の盛り上がりは何といっても小兵で業師の宇良。番付からすると横綱との取り組みは無い地位ですが、今場所は上位陣の休場が相次いでいるため、きのうから横綱戦が組まれました。

 きのう8日目は白鵬にすくい投げで敗れたものの、白鵬が立ち合いを嫌うなど警戒した中で、諦めない相撲で善戦。しかし今日の横綱・日馬富士戦は、低い姿勢からうまく腕を探って、とったりで勝利。初めての金星に「嬉しいです。信じられないです」とうれし涙を流しています。

 明日は新大関・高安との一番。これからも宇良の相撲から目を離せませんネ。

f0081443_21362264.jpg
  (写真・腕を探って回り込み、日馬富士をとったりを仕掛ける宇良。NHKテレビより)

by shouichiro_sato | 2017-07-17 21:40 | スポーツ | Comments(0)  

県体育協会

 秋田県体育協会(小笠原直樹会長)の定時評議委員会が28日に開かれ、昨年度の事業報告や決算を承認し、任期満了に伴う役員改選を行いました。

 評議委員会には評議員、理事ら50人ほどが出席。2016年度の事業報告と決算報告を承認し、理事(25人)・監事(3人)を選任しました。その後に行われた理事会で、会長には小笠原氏を再任。副会長には鶴田有司、辻良之の両氏を再任、新たに茂木優氏を選任しました。

 茂木氏は1976年・モントリオール五輪に出場したレスリングの選手で、元西仙北高校長。平成19年の「秋田わか杉国体」では、国体準備の部署において競技力向上に尽力しています。スポーツの第一線で活躍してきた茂木氏の副会長就任で、県スポーツ界のさらなる飛躍を期待しています。

by shouichiro_sato | 2017-06-29 23:51 | スポーツ | Comments(0)  

100m決勝

 陸上の日本選手権2日目は、男子100m決勝。決勝に進出した8人のうち、サニブラウン(東京陸橋)、ケンブリッチ飛鳥(ナイキ)、桐生祥秀(東洋大学)、多田修平(関学大)、山縣亮太(セイコーホールデングス)の5人は、世界選手権参加標準記録を突破している、持ちタイムが10秒台という、注目のレースでした。

f0081443_21381932.jpg
 (写真・男子100mは右からサニブラウン、多田、ケンブリッチ飛鳥。NHK総合TVより)

 結果は、18歳のサニブラウンが10秒05で初優勝。雨の中のレースながら中盤からグングン加速して、自己ベストを更新してゴール。大会前の自己記録は10秒18でしたが、予選と準決勝を全体のトップである10秒06で走り、実力がついてきたことを証明していました。若手の選手が活躍することで、短距離界の今後が楽しみです。

by shouichiro_sato | 2017-06-24 21:49 | スポーツ | Comments(0)  

連敗と連覇

 プロ野球セリーグの巨人は、きょうのセパ交流戦で西武に5-8で敗れ、11連敗。5位に転落しました。11連敗はリーグ最下位に終わった昭和50年以来という、42年ぶりの球団ワースト。交流戦が始まってからは楽天、オリックスにそれぞれ3連敗し、通算成績は7連敗。一体どうしたことでしょう。

 一方、秋田県高校総合体育大会バスケットボール男子では、能代工業が秋田西高に81-50で勝ち、2年ぶり53度目の優勝。47連覇中の昨年は決勝で平成高に敗れてインターハイ出場を逃していただけに、王座奪還。バスケの名門が再び連覇のスタートにつきました。

by shouichiro_sato | 2017-06-06 22:12 | スポーツ | Comments(0)