カテゴリ:今日の出来事( 645 )

 

五月晴れ

 それにしても、日差しがまぶしい暑い日が続いています。ここ三日ほどは「五月晴れ」という以上の好天で、当地では田植え作業が真っ盛りです。

 特に今日は全国的に高気圧に覆われ、群馬県館林市では最高気温が35.3℃に達し、全国で今年初の猛暑日となりました。30℃を超える「真夏日」も全国の187地点で記録しています。

 当地ではこの好天がもう2~3日続きそうで、山々の緑も一層深くなりそうです。

f0081443_22313245.jpg
  (写真・四季折々に美しい国指定名勝の旧池田氏庭園は、新緑に輝いていました)

by shouichiro_sato | 2017-05-21 21:59 | 今日の出来事 | Comments(0)  

みはらし荘

 《 カメラスケッチ・横手盆地 》

f0081443_14344019.jpg
 羽後町にある標高474mの大平山。その中腹にある「みはらし荘」からは眼下に横手盆地を眺めることができます(写真は午後5時頃。中央に横手市、左は大仙市、右は湯沢市。遠くの山並みは奥羽山脈)。水田に水が張られた今は、一面が鏡のよう。これから夏が来れば緑一色、秋には黄金色の絶景が楽しめます。もちろん夜景も素晴らしいです。

 《 仲間が集う 》

f0081443_14521111.jpg

f0081443_14513856.jpg
  今日は西馬音内盆踊り会館で、阿部養助さんの音楽活動50年のコンサートが開かれ、駆け付けた音楽仲間と町内外からのお客さんで超満員。夜には「みはらし荘」に仲間たちが集い、祝う会を開きました。

by shouichiro_sato | 2017-05-14 23:41 | 今日の出来事 | Comments(0)  

「百鹿大群舞」

 岩手県江刺市に伝わる鹿踊(ししおどり)が100体も揃う大群舞が見れるというので、午後から出かけてきました。同市で3、4日に開かれている「江刺甚句まつり」の主要行事の一つです。

 出演したのは奥山行上流餅田鹿踊、金津流伊手獅子躍、行山流久田鹿踊など、奥山行上流が4団体、金津流が7団体、行山流が2団体の合わせて13団体。市内の通りを太鼓を打ち鳴らしながら移動し、4か所で「百鹿大群舞」を披露。最後は各団体がそれぞれの鹿踊の特徴を盛り込んだ「礼庭」一斉披露。街中にダイナミックな締め太鼓の音が響き、ササラ(長い腰指し)を背負って勇壮に踊る鹿達に感動しました。

f0081443_23454271.jpg
 (写真・街中で行われた江刺鹿踊「百鹿大群舞」。六日町の岩手銀行江刺支店付近)

by shouichiro_sato | 2017-05-04 23:26 | 今日の出来事 | Comments(0)  

鳥海山

 きょうは朝から快晴に恵まれ、鳥海山の雄姿を一日中見ることができました。

 冬季閉鎖されていた鳥海ブルーラインも大型連休前に開通しており、たぶん多くの人でにぎわったことでしょう。鳥海山を囲む自治体では連携して環境整備を進めており、大きな観光資源です。観光客の減少はあるにしても、山の魅力は今までと変わりなく、そこに存在しています。

 鳥海山は標高が2,236mで東北最高峰。我が家から見える姿は見事な金字形ですが、にかほ市や酒田市などから見るとそれぞれの形をしているところも面白いですネ。

f0081443_21454830.jpg
   (写真・標高400mの南由利原にある大谷地沼と鳥海山。第一展望台から)

by shouichiro_sato | 2017-05-03 22:21 | 今日の出来事 | Comments(0)  

俵屋火事

 今から130年以上前のきょう、明治19年4月30日には秋田市川反4丁目から出火し、強風にあおられた火は秋田市中心部を燃えつくし、約3500棟余りの家屋を焼失。犠牲者17人、186人が負傷、2000人を超える人が避難生活をしています。

 昨年観たわらび座の舞台「ハルらんらんー和崎ハルでございます」のクライマックスでも、女性を守る運動のきっかけとして紹介されていましたが、大惨事でした。秋田市では久保田の町の時代から、幾度も大きな火災を経験しています。こうした悲しい歴史を二度と繰り返さないよう、火の取扱いには十分に気を付けたいものです。

 というのは、当地でも10年以上前のこの時期に5棟が焼ける火災があり、我家も大正時代に麹室から出火して家屋を全焼した出来事があるからです。

 この時期は空気も乾燥しておりますから、火のもとには、十分に気をつけてください。

by shouichiro_sato | 2017-04-30 22:37 | 今日の出来事 | Comments(0)  

昭和の日

 きょうは「昭和の日」。激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす日です。昭和の時代には「天皇誕生日」の祝日であり、大型連休の初日に当たることから、嬉しく思う日でもありました。

 しかしながら今朝は、北朝鮮がミサイルを発射したとのニュースで一日が始まりました。最近の北朝鮮では度々ミサイルが発射されており(今月はこれで3回目)、緊張が高まっています。

 午前9時30分からは湯沢市中央公園野外音楽堂において、連合秋田横手湯沢協議会(議長・齊藤斎さん)が主催する「第88回メーデー」。湯沢雄勝地区内の各労働組合から200人余りが参加し、雇用の確保と賃金などの労働条件の改善を要求。私も参加し、連帯の挨拶をしています。

 夕方には、27日に続いて再び大仙市大曲へ。「大曲の花火~春の章~」は、国際花火シンポジュームの関連イベントで今夜が最終日。前日までの3回より、打ち上げ玉数も多く、プログラムも豪華版とあって、指定のイス席は完売。花火ファンの仲間と自由スペースでゆっくり観覧してきました。

 海外からは中国、イギリス、メキシコの3業者が、リズミカルに大量の花火を打ち上げて、パワーで会場を沸かせます。一方、日本の花火は美しく繊細な尺玉や伝統的な技法の花火を中心に、夜空のキャンパスを余すところなく使って一段と鮮やか・・・・、見事でした。

by shouichiro_sato | 2017-04-29 23:46 | 今日の出来事 | Comments(0)  

通行止め解除

 宮城県と秋田県を結ぶ国道398号で、冬季の通行止めとなっていた「栗原市温湯~湯沢市奥小安」間がきょう正午、開通しました。

 同路線は両地域の観光、経済、暮らしにかかわる重要路線ですから、一日も早い開通が望まれていました。今年もゴールデンウィーク前に通行が可能となって、安心しました。

f0081443_23132297.jpg
  (写真・398号の湯浜峠で再会の握手をする鈴木俊夫湯沢市長と佐藤勇栗原市長)

 ところで、栗原市では23日の投票日に向けて、市長選挙と市議会議員選挙の真っ最中。今期限りで勇退する佐藤市長(3期目・74歳)は、8年ぶりに湯沢市長に返り咲いた鈴木氏(66歳)と旧知の仲。「任期が終わったらこの道路を通って小安に行き、美味しいうどんでも食べて温泉につかり、ゆっくりしたい」と話していました。

by shouichiro_sato | 2017-04-21 23:18 | 今日の出来事 | Comments(0)  

ジパング青春記

 あきた芸術村・わらび劇場(仙北市)の公演「ジパング青春記ー慶長遣欧使節団出帆」は、きょうが初日。今から400年以上も前、慶長の大震災で大きな被害を受けた仙台藩で、サン・ファン・バウティスタ号を出帆させた伊達政宗と支倉常長。その船に乗りたい夢を持つ若者を描いたミュージカルで、作・作詞・演出は横内謙介さん(東京・劇団扇座主宰)、作曲・深沢桂子さん(東京)です。

 今回はわらび座のベテランと若手俳優陣に、主演のリウタ役・松本旭平さん(エルピス・エンタテインメント)とフリーの俳優3人が加わり、新鮮かつ重厚、楽しい舞台になっています。登場人物にも感動しますが、各場面に出てくる「猫」たちには、参りました・・・・。

 11月26日までの公演ですから、是非ともお出かけください。

f0081443_825742.jpg
  (写真・「ジパング青春記」に出演している皆さん。初日の記念レセプションから)

by shouichiro_sato | 2017-04-15 23:46 | 今日の出来事 | Comments(0)  

熊本地震

 最大震度7を2回も観測した熊本地震。その最初の地震が発生したのは1年前のきょう、午後9時半頃のことでした。そして28時間後の16日の未明には、再び同規模の地震が・・・・。家屋の倒壊や土砂崩れなどで亡くなった人は熊本県で50人、その後の避難生活中に地震に関連して亡くなった方は170名ほど。隣県の大分県と合わせると被害を受けた住宅は約19万棟以上。いまだに5万人近い人が避難生活を強いられています。

 1年が経過しても、石垣が崩れて屋根瓦が落ちたままの熊本城や崩落した阿蘇大橋、崩壊した家屋などの映像を見ると、地震による被害の大きさに、驚愕です。一日も早く復旧・復興が進むよう、祈念しています。

by shouichiro_sato | 2017-04-14 22:55 | 今日の出来事 | Comments(0)  

新入生

 きょうの午前は、秋田市河辺で「秋田県林業トップランナー養成研修開講式」。午後は羽後町立羽後中学校の入学式でした。

 同養成研修(通称・秋田林業大学校)は県林業研究研修センターを拠点に、造林や伐採、測量など林業の現場に必要な技術や資格、経営感覚を学ぶ2年間のプログラムで、今年で開設3年目。先月には1期生18名が研修を終了し、全員が県内の林業関係の企業等へ就職しています。
 
 3期生となる今回は18~28歳の17名(男性15名、女性2名)が受講。研修生の和田光樹さん(秋田市・18歳)は「知識や技術の習得だけではなく、社会人としての人間性も磨き、将来の秋田のために尽くしたい」と力強く述べています。

f0081443_2331766.jpg
  (写真・研修生を代表して宣誓する和田さん。県森林学習交流館「プラザクリプトン」)

 統合2年目となる羽後中学校には、103名が入学しました。見事な吹奏楽の演奏に合わせて新入生が入場し、ピーンと張りつめた空気の中で式は進行。真新しい制服で緊張している新入生を見て、清々しい気持ちになりました。中学時代は心身ともに大きく成長する時期ですので、これからが楽しみです。

by shouichiro_sato | 2017-04-07 23:24 | 今日の出来事 | Comments(0)