カテゴリ:今日の出来事( 639 )

 

通行止め解除

 宮城県と秋田県を結ぶ国道398号で、冬季の通行止めとなっていた「栗原市温湯~湯沢市奥小安」間がきょう正午、開通しました。

 同路線は両地域の観光、経済、暮らしにかかわる重要路線ですから、一日も早い開通が望まれていました。今年もゴールデンウィーク前に通行が可能となって、安心しました。

f0081443_23132297.jpg
  (写真・398号の湯浜峠で再会の握手をする鈴木俊夫湯沢市長と佐藤勇栗原市長)

 ところで、栗原市では23日の投票日に向けて、市長選挙と市議会議員選挙の真っ最中。今期限りで勇退する佐藤市長(3期目・74歳)は、8年ぶりに湯沢市長に返り咲いた鈴木氏(66歳)と旧知の仲。「任期が終わったらこの道路を通って小安に行き、美味しいうどんでも食べて温泉につかり、ゆっくりしたい」と話していました。

by shouichiro_sato | 2017-04-21 23:18 | 今日の出来事 | Comments(0)  

ジパング青春記

 あきた芸術村・わらび劇場(仙北市)の公演「ジパング青春記ー慶長遣欧使節団出帆」は、きょうが初日。今から400年以上も前、慶長の大震災で大きな被害を受けた仙台藩で、サン・ファン・バウティスタ号を出帆させた伊達政宗と支倉常長。その船に乗りたい夢を持つ若者を描いたミュージカルで、作・作詞・演出は横内謙介さん(東京・劇団扇座主宰)、作曲・深沢桂子さん(東京)です。

 今回はわらび座のベテランと若手俳優陣に、主演のリウタ役・松本旭平さん(エルピス・エンタテインメント)とフリーの俳優3人が加わり、新鮮かつ重厚、楽しい舞台になっています。登場人物にも感動しますが、各場面に出てくる「猫」たちには、参りました・・・・。

 11月26日までの公演ですから、是非ともお出かけください。

f0081443_825742.jpg
  (写真・「ジパング青春記」に出演している皆さん。初日の記念レセプションから)

by shouichiro_sato | 2017-04-15 23:46 | 今日の出来事 | Comments(0)  

熊本地震

 最大震度7を2回も観測した熊本地震。その最初の地震が発生したのは1年前のきょう、午後9時半頃のことでした。そして28時間後の16日の未明には、再び同規模の地震が・・・・。家屋の倒壊や土砂崩れなどで亡くなった人は熊本県で50人、その後の避難生活中に地震に関連して亡くなった方は170名ほど。隣県の大分県と合わせると被害を受けた住宅は約19万棟以上。いまだに5万人近い人が避難生活を強いられています。

 1年が経過しても、石垣が崩れて屋根瓦が落ちたままの熊本城や崩落した阿蘇大橋、崩壊した家屋などの映像を見ると、地震による被害の大きさに、驚愕です。一日も早く復旧・復興が進むよう、祈念しています。

by shouichiro_sato | 2017-04-14 22:55 | 今日の出来事 | Comments(0)  

新入生

 きょうの午前は、秋田市河辺で「秋田県林業トップランナー養成研修開講式」。午後は羽後町立羽後中学校の入学式でした。

 同養成研修(通称・秋田林業大学校)は県林業研究研修センターを拠点に、造林や伐採、測量など林業の現場に必要な技術や資格、経営感覚を学ぶ2年間のプログラムで、今年で開設3年目。先月には1期生18名が研修を終了し、全員が県内の林業関係の企業等へ就職しています。
 
 3期生となる今回は18~28歳の17名(男性15名、女性2名)が受講。研修生の和田光樹さん(秋田市・18歳)は「知識や技術の習得だけではなく、社会人としての人間性も磨き、将来の秋田のために尽くしたい」と力強く述べています。

f0081443_2331766.jpg
  (写真・研修生を代表して宣誓する和田さん。県森林学習交流館「プラザクリプトン」)

 統合2年目となる羽後中学校には、103名が入学しました。見事な吹奏楽の演奏に合わせて新入生が入場し、ピーンと張りつめた空気の中で式は進行。真新しい制服で緊張している新入生を見て、清々しい気持ちになりました。中学時代は心身ともに大きく成長する時期ですので、これからが楽しみです。

by shouichiro_sato | 2017-04-07 23:24 | 今日の出来事 | Comments(0)  

エイプリルフール

 4月1日はエイプリルフールで「噓をついても良い日」とされていますが、最近は「微笑ましい話題」も少なく感じます。ましてや、噓のニュースが社会問題化することもあり、冗談とはっきり分かることしか口に出せませんネ。

 一方、きょうは年度初めの節目の日ながら、土曜日だったこともあり、官公庁などは休日。

 夕方からは知人宅に有志が集い、嘘のない?世間話に花を咲かせてきました。

by shouichiro_sato | 2017-04-01 21:13 | 今日の出来事 | Comments(0)  

梅原教授

 国際教養大学の梅原克彦教授(63歳)が3月31日で退任され、故郷の仙台に帰られます。きょうは在任中に出会った有志が集い、「お送りする会」を開きました。

f0081443_9473629.jpg
 (写真・「これからも東北のために努力したい」と語る梅原氏。秋田キャッスルホテル)

 梅原氏は仙台市出身で、東京大学法学部卒業後に通商産業省(現・経済産業省)へ。2005年(平成17年)に仙台市長選挙に出馬し当選、1期4年間務めています。英語はもとより中国語などの語学も堪能で、東南アジアなどの情勢にも詳しく、私もタイ国訪問でお世話になりました。

 2012年からは国際教養大学に設置された「東アジア調査研究センター」の教授に就任。アジア諸国の情報分析をしながら、北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向けた取組を続けています。

 仙台市では昨年から国際問題に関する勉強会(梅原塾)を開催するなど、政治活動を再開。今年7月に行われる市長選挙への出馬も、検討されている模様です。

by shouichiro_sato | 2017-03-31 23:35 | 今日の出来事 | Comments(0)  

セブンコール

 2001年に、羽後町の小中学生の人数が2001人だったという偶然もあり、記念事業として行われた合唱と舞踊の祭典「シアターピース・2001羽後町讃歌」。それから16年、きょうは合唱の中核だった町民合唱団「セブンコール」の皆さんのコンサートがあり、見事なハーモニーに感動しました。

f0081443_2230455.jpg
   (写真・セブンコールの18人のメンバーが16曲を熱唱。西馬音内盆踊り会館で)

 シアターピースの開催に合わせて、町内の歌を愛する男女合わせて50人程で、初めての合唱団を結成。音楽教師の本格的な指導を得て、小中学生とともに舞台を盛り上げました。それからというもの、毎週定期的に練習を続けており、福祉施設での発表会や各地のコンサートに出演。日本海中部地震から30年となった2013年には、男鹿市の加茂青砂海岸で津波犠牲者への鎮魂コーラスにも参加しています。

 会場の西馬音内盆踊り会館には、ご家族や仲間の皆さんなど多数の方が駆け付け、ホールは立ち見が出るほどの超満席。手話なども取り入れたプログラムは、2部構成で1時間半。大盛況でした。

by shouichiro_sato | 2017-03-25 23:59 | 今日の出来事 | Comments(0)  

なごり雪?

 東京では「桜開花」のニュースが報じられているなかで、今朝の当地は15cm以上の降雪。町の観測によると午前9時の積雪は、西馬音内で46cm。田代で142cm、仙道で164cmもありました。昨年の3月24日は西馬音内2cm、田代81cm、仙道112cmでしたから、40~50cm以上も多い状況です。

f0081443_2227344.jpg
   (写真・春分の日も過ぎたのに、今朝は自宅前の自家用車も雪に覆われていす)

 春が感じられるこの時期に降る雪は「なごり雪」だと思っていましたが、歌の詩とは程遠い、本格的な雪となり、冬に逆戻りした感じです。これでは雪が消えるのも、当分先のことになりそうですネ。

by shouichiro_sato | 2017-03-24 22:33 | 今日の出来事 | Comments(0)  

こまち20周年

 秋田新幹線「こまち」はきょう、1997年3月の開業から20周年を迎えました。

 92年に開業した山形新幹線と同様に、在来線を利用して新幹線が直接乗り入れる方式の「こまち」ですが、首都圏と秋田を結ぶ大動脈として、これまでに延べ4400万人もの乗客を運んできました。

 開業当初の秋田ー東京間の所要時間は3時間49分。その後は新型車両の導入で東北新幹線区間のスピードアップが図られ、10分程度を短縮。ただし、田沢湖線と奥羽本線を利用する区間は従来のままで、大曲駅での進行方向変換という全国でも稀な運行となっています。

 ところで、私は昨日から県選出国会議員への要望活動で上京し、今夜帰宅。往復の交通機関には山形新幹線を利用しました。理由は自宅からの(自家用車利用も含めて)所要時間は大曲駅を利用するのと大きな違いはありませんが、盛岡経由からすると新庄駅から乗車するほうが料金は安価。

 こまち20周年を機会に、福島―秋田間の「奥羽新幹線早期実現」を目指す決意を新たにしました。

by shouichiro_sato | 2017-03-22 22:50 | 今日の出来事 | Comments(0)  

啓蟄

 きょうは二十四節気の「啓蟄」。冬ごもりしていた虫たちがあたたかさを感じて出てくるという日に相応しく、陽光につつまれた一日でした。

 午前中には横手市のかまくら館で、「いしゃ先生」を鑑賞。辺境の地である山形県大井澤村(現西川町)で、昭和初期から戦後にかけて、地域医療に生涯を捧げ女性医師・志田周子さん(51歳で逝去)を描いた映画です。

 帰路には秋田ふるさと村に寄って、ドーム劇場で開催中の第7回「クリスマスローズと魅惑の洋ラン展」。約1000株の洋ランを使った巨大なオブジェや、世界の様々な品種のラン。クリスマスローズの希少品種「ヨシノ」などを鑑賞。ふるさと村には大勢の客さんが訪れており、駐車場は満杯でした。同展は7日まで。

f0081443_21441547.jpg
  (写真・洋ランの直売コーナーには横手市「斎藤洋ラン園」の見事な花がありました)

by shouichiro_sato | 2017-03-05 21:50 | 今日の出来事 | Comments(0)