カテゴリ:今日の出来事( 676 )

 

首都圏羽後町会

 首都圏羽後町会(会長・三浦芳博さん)の第32回総会・ふる里まつりがきょう、東京都千代田区のアルカディア市ヶ谷で開かれ、参加された210名ほどの皆さんと交流を深めました。

 総会では第2代会長の千葉修二さんをはじめ、武田七郎さん、中川一昭さん、小西慎司さん、大野新二さん、石山健次郎さん、大野良三さんの歴代会長に感謝状を贈呈。代表して第3代会長の武田さんが「首都圏在住の出身者を町で調査し、8千人ほどに羽後町会の設立案内を送付した記憶がある。初代会長は田代出身の故・菅原甫さん(衆議院議員・菅原一秀さんの父)で、3月15日に初会合を持ったが、当日は東京が大雪となり交通機関が止まり、150人程しか集まることができなかった。そんな訳で秋にもう一度、総会を開いた。故郷の言葉で語り合える機会であり、本当にうれしかった」と、会発足当時のエピソードを語っています。

 ふる里まつりでは参加された皆さんのチャリテーにより、今年も車椅子2台が町社会福祉協議会に贈呈されました。会員有志による民謡などに続いて、田代出身の歌手・岩本公水さんもサプライズで歌を披露し、大いに盛り上がりました。。

f0081443_10441581.jpg
  (写真・ふる里まつりでは首都圏在住の皆さんが「西馬音内盆踊り」を披露)

by shouichiro_sato | 2017-11-26 22:37 | 今日の出来事 | Comments(0)  

大雪だ・・・

 まだ11月だというのに、きょうは朝方から雪が降りだし、今夜も降り続いています。これなば「大雪だ・・・・」。

f0081443_22174881.jpg
 (写真・自宅に帰る途中の北沢道路は積雪が30cmを超えていました。午後9時過ぎ)

by shouichiro_sato | 2017-11-24 22:21 | 今日の出来事 | Comments(0)  

郷土芸能部

 県内の高校にある郷土芸能部などの合同発表会が秋田ふるさと村ドーム劇場(横手市)で開かれ、日頃の成果が披露されました。参加したのは出演順に秋田北高箏部、大曲農業高太田分校郷土芸能部、十和田高毛馬内盆踊同好会、大曲農業高郷土芸能部、男鹿海洋高郷土芸能部、羽後高郷土芸能部、由利高民謡部、角館高飾山囃子部、秋田和洋女子高郷土芸能部の9団体。主催は秋田県高等学校文化連盟。

 この「郷土芸能・日本音楽合同発表会」は今回が50回目。各校が不断の努力を積み重ねてきた演技と演奏は誠に素晴らしく、高校生のエネルギーと伝統文化を伝承していこうという心意気に、感動しました。

f0081443_07544985.jpg
f0081443_07554461.jpg
f0081443_07562402.jpg
f0081443_07565721.jpg

(写真上から・十和田高の「毛馬内盆踊り」、大曲農高の「田沢湖生保内祭典梵天祭」、男鹿海洋高の「男鹿の伝説 なまはげ太鼓」、由利高の「民謡 鳥海山の麓より」)

by shouichiro_sato | 2017-11-19 21:39 | 今日の出来事 | Comments(0)  

帰秋しました

 ベトナムとタイ王国の訪問から今夜、帰ってきました。
 
 親日で、笑顔の国・タイ王国は活気に満ちていました。日本からの旅行者は、昨年144万人で過去最高だった2013年の153万人に回復しつつある一方、タイからの日本への旅行者は同90万人になり、2013年の2倍に達しています。

 日系企業も多くあり、東南アジア諸国と日本を結ぶ拠点として、さらに発展を続けることでしょうし、高速交通体系やエネルギー、環境などの分野で日本が協力できることは多々あります。秋田県とタイ王国との一層の交流促進に、努めていきたいと思います。

f0081443_00002240.jpg
 (写真・タイの国際空港には国の文化を紹介する数々のモニュメントがありました)

by shouichiro_sato | 2017-11-11 23:54 | 今日の出来事 | Comments(0)  

バンコク・Ⅱ

 バンコクから80km程離れたアユタヤ県にある「TDKタイランド」と「ニプロタイランドコーポレーション」を視察しました。

 TDKタイランド(田中光利社長)があるロジャナ・アユタヤ工業団地は6年前、大規模な洪水に遭遇して同工場も7ヵ月間、操業停止になる被害を受けました。それを機会に工場敷地には防水提を築き、製造品目も各種のマグネットやセンサーなどにシフトチェンジ。タイ国内の自動車会社はもちろんのこと、特に欧州向けに生産している大型洋上風力発電用のマグネットなど、最先端の技術が活かされた工場です。

 ニプロタイランドコーポレーション(米森吉春社長)は世界にあるニプログループ(総社員数1万6千人余)の中でも最大の従業員6700人(1日2交代制)をかかえる医療用器具の拠点工場。米森社長は八峰町出身で、在タイ歴18年。同社では注射針、血液回路、輸液セット、カテーテルなどを毎日、大型コンテナで20本余を出荷しています。

 両社とも日本から派遣されている社員は、数人の幹部だけ。社員の皆さんの勤勉な姿勢に、感動してきました。

by shouichiro_sato | 2017-11-10 23:23 | 今日の出来事 | Comments(0)  

バンコクにて

 きょうは「JETROバンコク」で最近のタイ王国の経済状況と日系企業の動向を聞いた後、日本からの企業進出などをサポートしている「アジア・アライランス・パートナー」のバンコク事務所と、「盤谷(バンコク)日本商工会議所」を訪問。

 午後7時からは、きょうタイ王国に到着した秋田県訪問団の団長・佐竹敬久知事とタイ国政府観光庁総裁との「秋田県とタイ国政府観光庁との交流趣意書」締結式が、佐渡島志郎・駐タイ日本特命全権大使をはじめとする多くのご来賓の前で、行われています。

f0081443_10300504.jpg
 (写真・締結式の後に記念写真を撮る、県代表団とタイ国観光庁、県人会などの関係者)

by shouichiro_sato | 2017-11-09 23:02 | 今日の出来事 | Comments(0)  

タイに移動

 ベトナム・ハノイからタイ王国・バンコクへ移動してきました。


f0081443_13453508.jpg
  (写真・まもなくバンコクのスワンナプーム国際空港に着陸します)

 北都銀行(秋田市)は2014年8月からバンコクに駐在員事務所(所長・田中健史さん)を設けており、取引先企業に向けた各種情報発信やタイ進出支援、ファイナンスの提案、現地企業とのビジネスマッチングなどを行っています。秋田県では同所に東南アジア経済・観光交流連絡デスクを、秋田大学でも同所にバンコクデスクをそれぞれ委託しています。

 バンコク到着後に田中所長から、昨今の秋田県とタイ王国との経済や教育、スポーツ・文化・観光交流事業などについて説明していただきました。

by shouichiro_sato | 2017-11-08 19:32 | 今日の出来事 | Comments(0)  

ハノイ・Ⅱ

 ハノイの2日目は、タンロンの工業団地内にある「セイコー・インダストリー・ベトナム」を訪問しました。

 同社は秋田精工株式会社(本社・由利本荘市)が100%出資している子会社で、2013年11月に操業開始。日本からの駐在は熊谷茂社長とゼネラルマネージャーの2人で、従業員は約160名。半導体製造付帯装置の部品加工が主で、日本の親会社にも納入しています。

 ベトナムでの賃金動向をみると、最低賃金が昨年に比較して7.1%引き上げられており、過去4年間では40%も上昇しています。それでも、東南アジアの各国と比べると基本給は低い水準です。例えば基本給(月給)製造業・作業員で、中国を100とするとタイ82、インドネシア59、ベトナムは44。同・エンジニアでは中国100に対してタイ89、インドネシア57、ベトナムは49。同・マネージャーは中国100に対してタイ111、インドネシア69、ベトナムは62。近隣諸国ではカンボジアやラオスも同水準です。


  《 カメラスケッチ・市場にて 》

f0081443_10390348.jpg
f0081443_17261997.jpg
  (写真・豊富な果物や豚肉、衣類などが売られているハノイの日本人街に近い市場)

by shouichiro_sato | 2017-11-07 22:20 | 今日の出来事 | Comments(0)  

ベトナム訪問

 ベトナム及びタイ王国と秋田県との交流拡大・促進を目的に、けさ秋田空港をを出発して、今夜はベトナム・ハノイに到着しました。

 秋田県では2015年にベトナムヴィンフック省と交流拡大の覚書を交わし、首都ハノイに近い同省の周辺工業団地には、秋田県の企業も進出しています。発展するするベトナムと県内企業の展開支援を調査します。

 また、タイ王国では日本が正式な国交を交わして130年の節目の年であることから、修好130年を祝う行事が多く行われており、観光や企業の海外展開、農産品の輸出、スポーツ、教育など、秋田県との多岐にわたる交流が進められており、これらの交流拡大について調査し、今後の進め方を検討してきます。

by shouichiro_sato | 2017-11-05 23:47 | 今日の出来事 | Comments(0)  

文化の日

 きょうは「文化の日」。町内では様々な行事が行われ、にぎやかでした。

 羽後町文化交流施設「美里音」では、第46回羽後町社会福祉大会・ふれ愛ふくしまつり(主催・羽後町社会福祉協議会)が開かれ、町内の福祉関係者が集合。「誰もが住み慣れたまちで、住民一人ひとりが安心して、安全に暮らせるような地域社会の実現をめざす」など、4項目の大会宣言を採択。

 羽後町総合体育館では、第25回羽後町芸能祭(主催・羽後町文化協会演示部門)。出演したのは町内のカラオケやなつめろの同好会、湯沢雄勝竹友会、舞踊グループ、各地域の民謡同好会、昔語りの会など町文化協会に加盟している団体の皆さん。さらに民謡歌手の佐藤麻衣さんと藤谷優美さん、元城獅子舞保存会、羽後高校郷土芸能部、仙道子ども番楽会、サウンドリンク響などがゲスト出演し、5時間以上にわたって熱演しています。(写真)
f0081443_20542691.jpg
 
 一方、隣接する羽後町活性化センターでは「西馬音内そばまつり」。老舗の弥助そばなど町内の蕎麦屋とそば愛好者10人程が朝から手打ちし、名物の「冷がけ」を提供。道の駅うご端縫いの郷では羽後高校生と道の駅うごのコラボ商品お披露目会があり、こちらも多くのお客さんで終日にぎわっていました。


 《 カメラスケッチ・紅葉 》

f0081443_20544265.jpg
 好天に恵まれたきょう、里山が見事な紅葉になっています。横手市大森町で。

by shouichiro_sato | 2017-11-03 21:55 | 今日の出来事 | Comments(0)