カテゴリ:未分類( 8 )

 

高瀬中が勝利

 湯沢市雄勝郡中学校総合体育大会ホッケー大会が開かれ、高瀬中が羽後中を5-0で破り、優勝しました。

 秋田県内でホッケー部があるのは、羽後町の2つの中学校だけ。それも部員不足で単独チームでの試合を行なうことができませんでしたが、今年は昨年までスポ少で活躍していた1年生の部員が多く加入し、メンバーを調整して5年ぶりの大会が実現しました。

 前日までの練習試合では高瀬中を圧倒していた羽後中でしたが、きょうは高瀬中の2年生が活躍し、雪辱を果たしています。

 8月1日から羽後町を会場に開かれる東北中学校ホッケー大会では、羽後・高瀬の統合チームが出場しますので、楽しみです。

f0081443_20154296.jpg
 (写真・開会式で選手宣誓をする羽後中の高山憲吾主将。羽後町多目的運動広場)

by shouichiro_sato | 2014-06-15 20:18 | Comments(1)  

「満席」

 東京から帰る夕方の飛行機は満席でした。使用する機材の到着が遅れ、定刻より20分も遅い出発でしたが、キャンセル待ちの人も搭乗できない状況です。

 そんな中で聞こえてきたフロアのアナウンス。「関西空港行きの搭乗券をお持ちのお客様で、その後の伊丹空港便に変更いただけるお客様はおられませんか。ご協力いただければ1万円をお支払いしますとともに、市内までの交通費として3千円を負担いたします。お急ぎでないお客様には、何とぞご協力下さいますようお願いいたします」

 日曜日とあって、家族連れのお客さんが目立ちます。旅行が増えるということは、景気も少しは上向いてきたのでしょうか。

 一方、秋田空港発着の韓国便は、最近の搭乗率が30%台に低迷しており、このままでは運休となる可能性も出てきました。韓国国内での船舶や地下鉄の事故、政府の反日感情の高まりなど、不安な要素が多いようでは、旅行先には選ばれませんネ。

by shouichiro_sato | 2014-06-08 22:11 | Comments(0)  

TPP即時撤退

 「TPP即時撤退!羽後町の農業を守る町民集会」がきょう午後、西馬音内盆踊り会館で開かれ参加してきました。

 町内の農協や土地改良区などの農業団体、町農業委員会、町議会TPP反対議員連盟、町米価対策協議会などで構成する実行委員会(会長・藤原要司町米対協会長)が主催したもので、町民70人ほどが参加。秋田県立大学教授・長濱健一郎氏が「食の安全と農業が危ない! くらしと地域をこわすTPP」のテーマで基調講演を行っています。

 集会では「TPPに参加すれば、厳しい現実に直面している町の農業と地域社会が崩壊の一途をたどることは明らか」とする決議を採択し、今後も政府や国会に対して、即時撤退を強く求めるために行動することを確認しました。

by shouichiro_sato | 2014-04-13 22:46 | Comments(0)  

JR北海道

 2011年5月に起きた特急列車の脱線火災事故、その後も続いた貨物列車の脱線事故など、JR北海道では事故とトラブルが多発しています。

 同社が公表した内部調査によると、現場の保線部署44の内7割を超える33部署で、レール検査数値の改ざんが確認されとか。20年前から改ざんがあったと話した人もおり、安全軽視の根深い体質が浮き彫りになりました。

 国土交通省はJR会社法に基づく監督命令と、「安全統括管理者」の解任命令を通知。「JR北海道では、輸送の安全と事業の適切かつ健全な運営が阻害されており、自助努力による改善は難しい」。太田昭宏国土交通大臣は怒気を含む声で行政処分の理由を説明したとのこと。

 ただし、経営陣の刷新については、「JR北海道の経営状況を考えれば、なり手はいない」とのことで、太田国交相は(現経営陣が続投して)改善命令や監督命令を全力で推進するのが望ましいと発言しています。即急に、会社の総力を挙げて施設や車輌の点検整備を実施し、万全の対策を講じてください。

 北海道に行くたびに利用していたJR北海道。なくてならない公共交通機関ですので、安全最優先でお願いいたします。

by shouichiro_sato | 2014-01-22 21:15 | Comments(0)  

都知事候補

 猪瀬前知事の辞職に伴なう「東京都知事選挙(23日告示、2月9日投開票)」。候補者の顔ぶれと選挙の構図が見えてきました。

 すでに立候補を表明している宇都宮健児氏(67歳)らに加えて、舛添要一・元厚生労働大臣(65歳)がきょう立候補を正式に表明。さらに、細川護煕・元総理(76歳)が小泉純一郎・元総理の支援を得て立候補する意思を示しています。

f0081443_2335153.jpg
(写真・元総理同士が会談し、細川氏が立候補へ。秋田放送「ニュースZERO」より)

by shouichiro_sato | 2014-01-14 23:43 | Comments(0)  

「大どんでん返し」

 きのう投開票が行われた横手市長選挙は、新人で元横手市議の高橋大氏(37歳・十文字)が現職で3期目をめざした五十嵐忠悦氏(66歳・横手)を485票差で破り、初当選を果たしました。

 開票結果  当選  高 橋 大 (無所属新)  2万8036票
          次  五十嵐 忠悦(無所属現)  2万7578票

           投票率 68.72%

 高橋氏は「大どんでん返し」を合言葉に世代交代をアッピールし、市町村合併の恩恵が市内全域に及んでいないと主張。若さを前面に出して、出身地の旧十文字町から徐々に支持を広げ、現職を逆転しました。

 五十嵐氏は農業や商工業など約280の団体・企業から推薦を得て、市内全域に後援会組織を結成したものの、現職優勢の前評判から「上滑り」。新人との一騎打ちとなった前回の市長選挙(平成21年・投票率75.99%)の得票より、約7000票減らしています。

 一方、定数26に29人が立候補した横手市議選挙は大接戦。選挙管理委員会の集計ミスも重なり、最終決定はきょうの午前2時過ぎ。候補者が多く出た旧雄物川町が激戦場となり、(ともに旧雄物川町在住の)当選者と次点との差は、わずか5票でした。

 ヤッパリ選挙は、やってみなければ(開けてみなければ)わかりません。


 《 海外調査 》

 県議会の海外調査で、きょう午後からシンガポール共和国とタイ王国に行ってきます。都市計画や景観政策、日本からの進出企業の訪問、経済ミッション活動等について視察・調査をしてきます。帰秋は27日の予定です。

by shouichiro_sato | 2013-10-21 08:51 | Comments(0)  

新しい試み

f0081443_2041144.jpg 湯沢市で5~6日に開かれた「全国まるごとうどんEXPO」では、ご当地の稲庭うどんを素材にしたスイーツと創作料理のアイデアコンテストが先月に行われ、入賞した作品が紹介されました。

 スイーツ部門は湯沢市で人気上昇中の食事処・養心館の料理人が創作した「稲庭ベイクドチーズケーキ」。創作料理では横手市の宮田優子さんの「うどんde寿司」が最優秀賞を獲得し、市内の店舗で実際に製造・販売され、完売の人気でした。 

 (写真・案内所に掲示されていたポスター)

 一方、羽後町で昨日行なわれた「踊り夜会」では、町内のお菓子屋さん5店舗が自慢のお菓子を詰め合わせた「すいーつオールスター」が販売されました。西馬音内盆踊りの里のスイーツを味わって欲しいと、初めて企画されたお菓子のコラボレーション。菓詩工房さとうの「焼きドーナツ」、木村屋の「願化」、矢野商店の「みそまんじゅう」、みなとやの「そばまんじゅう」、万寿堂の「西馬音内まんじゅう」の5品です。私もお土産に買ってきましたが、大満足。今までになかったお菓子屋さんの試みですネ。(写真)

f0081443_20412554.jpg

by shouichiro_sato | 2013-10-06 20:57 | Comments(0)  

クールビズ

 国内にある全ての原子力発電所の運転停止が決定的になったこの夏は、電力不足が懸念されることから昨年より半月早く、軽装で働く「クールビズ」が県庁や秋田市役所で始まりました。県内は先月末から気温も7月中旬並みで、きょうの最高気温は大館市で27度を超えるなど、各地で夏日を記録。クールビズにふさわしい、暑い一日でした。

 スッカリ定着してきた感じのするクールビズですが、上着とネクタイの着用を判断するTPOは、なかなか困難なこと。県庁内でも温暖化対策課では県主催の行事や会議の参加者に軽装を呼びかけているものの、きょう行われた「春の叙勲伝達式」は全員が黒服にネクタイの正装でした。

 ニュースで見る沖縄県の仲井真知事は、ほとんどの場面が「かりゆし」。沖縄県ではワイシャツとネクタイに代わるホワイトカラーとして、かりゆしが定着しているそうですから、秋田でも軽装の文化をもっともっと普及していきたいものですネ。

 とはいうものの、この5日には先輩のご子息の結婚式があります。披露宴に出席するとなれば、私にはいつもの礼服しか着るものがありません。冠婚葬祭は全て礼服で参加してきたものとしては、これを変えることはできません。せめて例年より1ヶ月早く、夏物に「衣替え」したいと思っています。

by shouichiro_sato | 2012-05-01 21:30 | Comments(0)