2018年 02月 10日 ( 1 )

 

雪に埋もれ死亡

 福井県の国道364号線で今月7日、雪で埋もれた車の中で一酸化炭素中毒になり死亡した19歳の男性が、発見される9時間前に「身動きが取れない」と警察に通報していましたが、道路を管理する福井県には伝えられていなかったことが明らかになりました。

 県によると本来、大雪などによる立ち往生の情報は警察などから道路管理者に連絡される運用になっているとか。現場ではこのほかにも立ち往生している車があり、県からの委託を受けた業者が除雪作業中、通報から4時間後に偶然にこの車を発見したとのことですが、外からは車の中に人の姿が見えず、別の車の除雪作業のためにその場を離れた模様です。何とも残念な出来事です。

 同県内では記録的な豪雪となり、6日から国道8号線で1500台もの車が立ち往生。9日未明にようやく解消されましたが、何と60時間以上も要する事態になりました。この大雪による新潟県と富山、石川、福井の北陸3県での死者は9人、除雪中に転倒するなどして約150人が重軽傷を負っています。

 9、10日は南からの暖かい空気が入って気温も緩みましたが、明日以降は再び冬型が強まり、日本海側は大雪になる予報です。まだまだ油断できません。

by shouichiro_sato | 2018-02-10 21:17 | 事件・事故 | Comments(0)