2017年 11月 14日 ( 1 )

 

横綱が暴行

 大相撲の横綱・日馬富士(33歳・伊勢ケ浜部屋)が10月下旬の秋巡業中、モンゴル出身力士らが参加した酒席で平幕の貴ノ岩(27歳・貴乃花部屋)をビール瓶で殴るなどの暴行を加え、頭部にケガを負わせていたことが明らかになりました。12日から始まった大相撲九州場所では貴ノ岩が初日から休場しており、日馬富士も3日目のきょうから休場しました。

 貴乃花親方は10月下旬、事件が起きた鳥取県で警察に被害届を提出。事件が報道されたきょうは、日本相撲協会も危機管理委員会が調査を始めると発表。日馬富士は今日の朝稽古の後「貴乃花親方、貴乃花部屋、相撲協会、(伊勢ケ浜)部屋の親方に大変迷惑をかけたことを、深くお詫び申し上げます」と述べていますが、暴行の内容については説明しませんでした。

 近年、八百長や賭博、暴行死亡事故など、数々の不祥事が相次いだ大相撲。相撲人気は大きく冷え込んだものの、ようやく回復傾向が見えてきた昨今でした。事実関係の内容によっては、横綱の進退問題にも発展することでしょう。

by shouichiro_sato | 2017-11-14 22:36 | 事件・事故 | Comments(0)