2017年 10月 30日 ( 1 )

 

秋田工ラッシュ

 昨日行われた高校スポーツの全国大会県予選では、秋田工業高校の活躍が目立ちました。

 全国高校駅伝(12月24日・京都市)出場をかけた県予選大会は、男子の部で秋田工業が圧巻の5連覇を達成。出場した7人全員が区間1位の力走をしています。全国高校ラグビー大会(12月27日から・東大阪市)の県予選では、秋田工業が36-0で秋田中央を破り2年連続58度目の優勝、67度目の全国大会出場を決めています。

 さらに、バスケットボール。ウインターカップ2017全国高校選手権大会(12月23日から・東京)県予選。常勝軍団の能代工業が一昨日、準々決勝で昨年の覇者・平成高校に80-81で惜敗。その平成高校との準決勝を79-77で勝った秋田工業が、決勝では秋田南高校に72-58で勝って初優勝。31年ぶりとなる全国大会出場権を獲得しました。

 一方、バレーボール男子は雄物川高校が23連覇を達成したものの、決勝の相手は秋田工業でした。3-0で敗れたものの見事な準優勝で、第3セットでは一進一退の攻防を展開する熱戦でした。

 今朝の秋田魁新報スポーツ面には、「秋田工」の見出しが躍っています。・・・体育専門高校のような大活躍ですネ。

by shouichiro_sato | 2017-10-30 23:24 | スポーツ | Comments(0)