2017年 09月 17日 ( 1 )

 

学童相撲大会

 第36回「全町学童相撲大会兼御嶽神社祭典学童奉納相撲大会」が西馬音内の御嶽神社境内にある相撲場で開かれ、小学生力士の熱戦で大いに盛り上がりました。

f0081443_21190358.jpg
    (写真・開会式で選手を代表して宣誓する、三輪小学校主将の佐々木樹久君)

 大会には町内4小学校から、団体戦(5人)に8チームが出場。女子選手も多くいて、学年や体格差を超えて多彩な取り組みが行われています。優勝は男子3人(3年生1人、6年生2人)と女子2人(6年生)で出場した三輪小学校Aチーム。決勝戦では高瀬小学校(4年生1人、6年生4人)を3-2で破り、女子や3年生の活躍に大歓声でした。

 ところで三輪小は7月に行われた「豪風杯 第44回全県学童相撲大会」で初の団体優勝。きょうの大会は優勝メンバーの2人が風邪などで欠場する布陣でしたが、見事なチームワークで勝利しています。「礼」に始まり「礼」に終わる相撲で、相手を思いやる気持ちがあってマナーも良く、嬉しくなりました。

by shouichiro_sato | 2017-09-17 21:25 | 羽後町 | Comments(0)