2017年 09月 15日 ( 1 )

 

「羽後町留学」

 外国人が町内にホームスティして地域の人と触れ合いながら、日本語を勉強したり、そば打ち体験や雪遊びをして異文化を体験する、「羽後町留学」の案内が台湾で始まりました。トラベルデザイン(秋田市・須崎裕社長)が町とともに立ち上げた「羽後町DMO(観光地域づくり推進法人)」が企画した、地域の観光開発と外国人の受け入れ事業です。

 台湾の高校や大学は夏休みが2ヵ月、冬休みが1ヵ月。長期間の休みのために、海外に短期留学する学生も多いとか。

 DMOではモニターツアーを実施しており、先月25~28日には台北市で開催された台湾最大の日本観光展「TOUCH THE JAPAN」に秋田県のブースも設けられ、「羽後町留学」を紹介しています。

by shouichiro_sato | 2017-09-15 23:06 | 羽後町 | Comments(0)