2017年 07月 05日 ( 1 )

 

県立美術館

 秋田市の中心市街地ににぎわいを創出しようとして建設された県立美術館について、建築から5年しか経っていないのに、大規模な改修工事が行われることになりました。

 世界的な建築家・安藤忠雄氏の設計による美術館は、藤田嗣治の大作「秋田の行事」を展示するとともに、建物そのものが文化的存在。その建物を改修するというのですから、相当な理由があるはずです。

 特に1階にある県民ギャラリーはガラス面が多いだけに、各種の展示会には仮設設備の準備が大変。当初見込んだ利用者数が大幅に低下していることから、可動式の展示壁を設置するとともに、2階のサロンにある書架を移動式にして、展示にも使えるようにしたいとのこと。

 同美術館は旧美術館の三角形をモチーフにしたデザイン、同規模の展示スペースを確保していますが、中途半端な建物になった感じは否めません。県議会では改修工事の内容を今一度精査し、利用しやすい施設にしてほしいと述べて予算案に賛成しましたが、「秋田の行事を旧美術館に戻したほうがいい」などと言われないようにしてほしいと、皮肉ってしまいました。

by shouichiro_sato | 2017-07-05 22:24 | 秋田県議会 | Comments(0)