2017年 06月 27日 ( 1 )

 

29連勝

 将棋の最年少棋士・藤井聡太四段(14歳)が昨日、竜王戦の本戦で増田康弘四段(19歳)に勝利し、連勝記録を歴代最多の「29」に伸ばしました。

f0081443_2313126.jpg
 (写真・今日の新聞各紙は、藤井聡太四段の連勝新記録達成の記事が一面トップです)

 昨夜から、テレビのニュースは藤井四段が勝利した話題一色。すっかり魅せられてしまいました。竜王戦はこれから大ベテランの棋士と対戦していくだけに、どこまで連勝を伸ばせるか。素人の私でも興味津々です。

 ところで、最年少棋士・藤井聡太四段の棋士番号は「307」。その第1号は秋田県羽後町西馬音内出身の金易二郎名誉九段(1890年10月10日生まれー1980年6月23日没)です。藤井四段の新記録達成を受けて、今日のNHK「ニュースこまち」では金氏の生家である「弥助そば屋」から、将棋の話題を提供していました。

by shouichiro_sato | 2017-06-27 23:21 | 社会・話題 | Comments(0)