2017年 04月 07日 ( 1 )

 

新入生

 きょうの午前は、秋田市河辺で「秋田県林業トップランナー養成研修開講式」。午後は羽後町立羽後中学校の入学式でした。

 同養成研修(通称・秋田林業大学校)は県林業研究研修センターを拠点に、造林や伐採、測量など林業の現場に必要な技術や資格、経営感覚を学ぶ2年間のプログラムで、今年で開設3年目。先月には1期生18名が研修を終了し、全員が県内の林業関係の企業等へ就職しています。
 
 3期生となる今回は18~28歳の17名(男性15名、女性2名)が受講。研修生の和田光樹さん(秋田市・18歳)は「知識や技術の習得だけではなく、社会人としての人間性も磨き、将来の秋田のために尽くしたい」と力強く述べています。

f0081443_2331766.jpg
  (写真・研修生を代表して宣誓する和田さん。県森林学習交流館「プラザクリプトン」)

 統合2年目となる羽後中学校には、103名が入学しました。見事な吹奏楽の演奏に合わせて新入生が入場し、ピーンと張りつめた空気の中で式は進行。真新しい制服で緊張している新入生を見て、清々しい気持ちになりました。中学時代は心身ともに大きく成長する時期ですので、これからが楽しみです。

by shouichiro_sato | 2017-04-07 23:24 | 今日の出来事 | Comments(0)