2017年 03月 28日 ( 1 )

 

雪崩で8人死亡

 27日午前8時半ごろ、栃木県那須町のスキー場付近で雪崩が発生。栃木県高等学校体育連盟が主催する「春山安全講習会」に参加していた生徒40人と教員8人が巻き込まれ、8人が死亡、7人が重傷、33人が負傷する大惨事となりました。

 講習会に参加していたのは栃木県内7高校の山岳部員51人と引率教員11人で、25日から2泊3日の日程で開かれていました。27日は登山の予定でしたが前夜から朝にかけて雪が多く降ったことから中止し、代わりに積雪をかき分けながら歩く「ラッセル」の訓練を実施中。雪崩は100~200mの範囲で崩れ落ちたとみられ、5班に分かれていた生徒らを襲撃。先頭にいた県立大田原高校山岳部の生徒7人と顧問の男性教員1人が死亡しています。

 現地では前日から「大雪・雪崩注意報」が出ていたとのことですが、現場は危険な状況ではなかったのか。どんな判断で講習内容を変更し、訓練を実施していたのか・・・・。インターハイに8年連続出場している登山の強豪校のメンバーらが巻き込まれた事故だけに、悔やまれます。

by shouichiro_sato | 2017-03-28 23:05 | 事件・事故 | Comments(0)