羽後麦酒

 羽後町にビール工房(代表・鈴木隆弘さん)が発足しました。今月下旬には3種類のビールが発売されるということで、楽しみです。

 鈴木さんは「大好きな羽後町を元気にするきっかけを作りたい!」として、町に「お酒文化を復活させたい」思いがつのり、原材料が豊富な羽後町でのビール醸造に着目。10年程前から独学でビール造りを勉強。日本地ビール協会の講習を受けたり、島根県にある醸造所でも実地の研修。いよいよ、故郷での醸造が始まりました。

 工房は昨年夏に西馬音内本町にある古民家をリノベーションしてオープンした、ワインバー「蔵しこ」の裏にある古い味噌蔵を借用。ビールの種類は羽後町産あきたこまちを使用した優しい飲み口の「ゴールデンエール」。初めての人でも飲みやすい「テールエール」。甘味酸味のきいた白濁の「ベルジャンホワイト」です。

 株式会社羽後麦酒は昨年10月に設立。12月には醸造免許を申請し、6月30日には取得しており、初ビールが楽しみです。この夏も、羽後町では嬉しい出会いが始まります。是非とも皆さん、ご来遊ください。

by shouichiro_sato | 2017-07-04 22:45 | 羽後町 | Comments(0)  

<< 県立美術館 自民が惨敗 >>