切り取り被害

 全国各地の図書館で、学校史や記念誌の一部が切り取られる出来事が頻発しています。秋田県立図書館でも羽後町立明治小学校の閉校記念誌から、卒業写真の掲載されたページが19年間分、鋭利な刃物でそっくり切り取られていたことが分かりました。

 各自治体の調査によると、学校の記念誌などで写真などが手で破られていたり、刃物で数ページずつ切り取られていたほか、福井県の5つの図書館では学校史16冊で計409ページが切り取られてました。依頼すれば必要な個所をコピーしたり写真に撮ることも可能な時代に、どうしてこんな身勝手なことが続いているのでしょうか。

 秋田県立図書館の場合は、膨大な蔵書の中から明治小学校の閉校記念誌の卒業写真だけを切り取っていることが、犯人?の手掛かりに結びつきそうです。何故なら、同校に関わりのない人の仕業とは思われませんからネ。それとも、全国各地の被害とつながっているのか・・・、不思議です。

by shouichiro_sato | 2017-05-13 22:45 | 事件・事故 | Comments(0)  

<< みはらし荘 一極集中を是正 >>