ジパング青春記

 あきた芸術村・わらび劇場(仙北市)の公演「ジパング青春記ー慶長遣欧使節団出帆」は、きょうが初日。今から400年以上も前、慶長の大震災で大きな被害を受けた仙台藩で、サン・ファン・バウティスタ号を出帆させた伊達政宗と支倉常長。その船に乗りたい夢を持つ若者を描いたミュージカルで、作・作詞・演出は横内謙介さん(東京・劇団扇座主宰)、作曲・深沢桂子さん(東京)です。

 今回はわらび座のベテランと若手俳優陣に、主演のリウタ役・松本旭平さん(エルピス・エンタテインメント)とフリーの俳優3人が加わり、新鮮かつ重厚、楽しい舞台になっています。登場人物にも感動しますが、各場面に出てくる「猫」たちには、参りました・・・・。

 11月26日までの公演ですから、是非ともお出かけください。

f0081443_825742.jpg
  (写真・「ジパング青春記」に出演している皆さん。初日の記念レセプションから)

by shouichiro_sato | 2017-04-15 23:46 | 今日の出来事 | Comments(0)  

<< 快進撃 熊本地震 >>