2月議会総括審査

 県議会2月議会は予算特別委員会の総括審査が始まりました。4月に知事選挙があることから、平成29年度予算案は骨格予算となっており、一般会計の総額は5636億円で前年度当初比370億円の減、-6.2%となっています。これは4年前の骨格予算に比べても200億円下回っており、新規事業も少なく、議論の集中する内容が乏しい状況です。

 そんな中で取り上げられているテーマは、4月に新しく設けられる「あきた未来創造部」の目的や事業内容。人口減少対策、イオングループの進出構想と秋田市のまちづくり、インバウンド対策、県・市連携文化施設・・・・など。

 私も明日、「県・市連携文化施設」の課題について質疑を行います

by shouichiro_sato | 2017-03-06 23:50 | 秋田県議会 | Comments(0)  

<< ミサイル4発 啓蟄 >>