岩手・山形が優勝

 「第12回AABカップ羽後町スポーツ少年団ホッケー交流大会」は決勝トーナメントを行い、男子は水堀・沼宮内スポ少A(岩手県)が3年ぶり3回目の優勝。女子は川西スポ少(山形県)が初優勝しました。

 岩手県勢同士の決勝となった男子は、川口が先制するものの、水堀・沼宮内Aが終了間際で追いつき、1-1の同点。シュートアウト戦(SO戦)になり、2-1で水堀・沼宮内Aが勝利。女子は準決勝で羽後に3-2で逆転勝利した川西が、決勝では築館・一迫(宮城県)に5-2で快勝。岩手県勢以外では大会史上初の優勝です。

f0081443_17493410.jpg
 (写真・男子優勝の水堀・沼宮内スポ少A。右から3人目はMVPを獲得した岩舘主将)
f0081443_17495522.jpg
  (写真・女子で初優勝の川西スポ少年。右から5人目がMVPを獲得したの齋藤主将)

f0081443_17501023.jpg
  (写真・男女ともに善戦しながら、決勝戦には進めなかった羽後スポーツ少年団)

by shouichiro_sato | 2016-07-17 17:58 | ホッケー | Comments(0)  

<< ソバが満開 スポ少交流大会 >>