身体障害者福祉大会

 県と社会福祉法人秋田県身体障害者福祉協会(会長・伊藤英紀さん)が主催する「第33回秋田県身体障害者福祉大会」が県民会館で開かれ、出席しました。

 国では今年1月、障害のある方々の権利と尊厳を保障するための「障害者権利条約」を批准。障害者基本法の改正や障害者差別解消法の制定、障害者自立支援法から障害者総合支援法への改正など、障害福祉に関する各種の国内法の整備がされてきました。

 県でも今年度は、施策全般に関する基本計画である「秋田県障害者計画」の見直しを行い、家庭や地域で生きがいを持ち、自立した生活ができる共生社会の実現に向けて、支援体制を充実することにしています。

 大会では、次の決議が満場一致で採択されました。

 ▽ 障害者差別解消法により社会的障壁をなくし、障害者の権利の実現と尊厳の推進を求めよう

 ▽ 障害者雇用の場の確保と就労支援施策の充実を求めよう

 ▽ 地域活動への積極的な参画で自立促進と組織強化を図ろう

by shouichiro_sato | 2014-07-24 23:06 | 秋田県 | Comments(0)  

<< 故・後藤孝一さん 角館が優勝 >>