県内調査

 県議会福祉環境委員会(渡部英治委員長)の県内調査がきょうから始まり、大仙市にある「県環境保全センター」「大仙市子ども・若者総合相談センター」「仙北組合総合病院」等を訪問しました。

f0081443_23214535.jpg
  (写真・産業廃棄物を積んだトラックが見える県環境保全センターのD処理区)

f0081443_23221597.jpg
  (写真・地上8階、地下1階で屋上にはヘリポートも設置される仙北組合総合病院) 

 県環境保全センターは県内の事業所から排出される産業廃棄物を適正・安全に処理する施設で、現在は岩手県野田村の震災ガレキも受け入れています。平成18年から利用されている現在の処理区の面積と機能は、リサイクルが進んで産業廃棄物そのものが減少していることから、数十年以上の需要に対応できる見通しです。

 仙北組合総合病院は来年5月の新病院開業へ向けて建築工事の真最中。JR大曲駅の前に立地し、バスターミナルと立体駐車場も併設。JAが設置するショートステー施設とも渡り廊下で直結するなど、利便性の高い病院で、医療機能もさらに充実します。

by shouichiro_sato | 2013-07-24 23:24 | 秋田県議会 | Comments(0)  

<< 玉川温泉 デトロイト市 >>